Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

ひゃほい★セブ君特集

Posted by おやぢ幸栄 on 25.2010 Sebastian Vettel   2 comments   0 trackback
Tag :Sebstian-Vettel Nico-Rosberg Michael-Schumacher 雑誌 Photo
教えてもらった『グランプリトクシュウ』は素晴らしい★
セブ君満載?

choroちゃん経由で教えてもらい発売日に早速購入!と、思ったがいつもの本屋さんには置いてないので、
以前から『すごい本屋さんがある』と、元カートレーサーのお兄やんから聞いてた本屋さんへ連れて行ってもらったんだけど、ホントにここ、かなり遊べます!

F1からカートからバイクからモータースポーツ全般!レアなものまで置いてありました!
オマケにお兄やんが言ってた通り、ショップのお兄さんも素晴らしい!
こんな雑誌~とニュアンスを言っただけで「○×ですね」と、即答してくれるらしく店頭に並んでいないモノのことまで把握されていて「取り寄せましょか?」と、言ってくれるらしい。

早速おやぢもWRCplusのライコネン特集を買い漏らしていたので聞いてみたら「あぁ!」と寄りよせしてくれました。
『いつも購入されているんですか?』と聞かれたので
『歯抜けだけどライコネンがたくさん載ってる時は(笑)』と、言ったんだけど、そういうリクエストを言っておいたら、今後知らせてくれそうな感じの店員さんでした(笑)
今度言ってみよぉぉ~っと。

ところで『グランプリトクシュウ』では今後セブ君ネタが連載されるようなので、買わなきゃだけど、今回のもかなり充実してました!

おやぢ、セブ君がメンタル面がまだまだ弱いってこと、トレーナーさんの話でもあったし、セブ君顔にでるから分かりやすいし、そこんところが心配だったんだけど、読んでると大丈夫そうな気がしてきた★
でも、ついこないだまで浮かない顔を頻繁に見せてたセブ君。
そんなときにトルコでの出来事だった訳で、やっぱり心配な訳ですよ。

だけど、ヴァレンシアには元気なお顔が!!
いろいろ言われたりしたけど、もう脱出したようです★
f1-2010-eur-xp-0105.jpg 
たぶん『ふいうち』でボールを渡されたんだと思うけど、条件反射!
f1-2010-eur-xp-0110.jpg 
相変わらずポッケがパンパンです
f1-2010-eur-xp-0009.jpg 
ライコネンがいない今は、シューとの2ショットが、おやぢのお気に入り。

f1-2010-eur-xp-0082.jpg
これ、いいショット!と、思ったんだけど、めっちゃカメラ目線ぢゃん(笑)f1-2010-eur-xp-0087.jpg
メルセデスのガレージでは・・・
前もどこかのチームでコレやってた。シュー必死???
f1-2010-eur-xp-0125.jpg  
スポンサーサイト

ライコネンの残したもの・・・

Posted by おやぢ幸栄 on 30.2010 Kimi Raikkonen   0 comments   0 trackback
Tag :Kimi-Raikkonen OfficialFormula1 F1通信 オモシロPhoto 雑誌 佐藤琢磨 Michael-Schumacher Rubens-Barrichello Juan-Pablo-Montoya

昨日、やっと本屋さんへ行ける時間ができ・・・

F1雑誌とラリーの雑誌を購入。

ネットでこんだけチェックしてりゃぁ要らないかっと思いがちだけど、やっぱり見ると欲しくなる(笑)

ラリーの本は初心者用にDVDが毎回ついてくるの。ライコネンのコーナーもあり~のだから是非買い続けたい★

んで、F1速報さんのフロムザパドックのコーナーはドライバーの写真にコメント付けてあるのが面白い(笑)

マユゲも載ってるし(笑)

んで、ドライバーのフォトセッションの御様子を、お立ち台滞在時間でサービス度をだしてあったんだけど、そこに・・・

 


『FIAから“サービス徹底令”発端となったのはライコネン』と題し・・・

 

数年前、ライコネンがほんのわずかな時間で会場を立ち去ったことに、カメラマン達が大ブーイングして、数時間後にライコネンに『やり直し』のお達しが下ったそう・・・

そんなこんなで現在、フォトセッションも記者会見同様に「遺漏なきよう努めること」とFIAで義務付けているそうです。

 


ライコネンらしいと言うかなんと言うか・・・

 

 


キミ・ライコネン:栄誉の殿堂The Official Formula 1 Websiteに掲載されているものの翻訳されたもの(F1通信)
にでも、

それでも彼の私生活では、ポーカーフェイスをした謎のアイスマンが見事な溶けっぷりを見せることがあった。「酔っ払ったエース・ドライバーのキミ・ライコネン、ラップダンス・クラブで自らの変速レバーを披露」という見出しが英国のタブロイド紙を飾った。スペインのマスコミは、ウォッカ好きのフライング・フィンが空気で膨らませるイルカを抱いてバーの外で熟睡していたと嬉しそうに報じた。モナコでは、彼がヨットのアッパーデッキでふらついて、頭から下段に落ちる姿が撮影された。

自由奔放なスピード狂は「私生活で何をしようと、走りが遅くなることはない」と主張する。

なんて書かれてたりするくらいのマイペース人間だったんだけど・・・
ラリーの場ではフレンドリーだとか・・・
そうそう、雪かきシーンをココにもアップしましたが、付録のDVDにもキッチリ雪かきシーンや、観戦者に助けられる場面がありました★
久々にライコネンの珍話が出たので・・・
ライコネンとの情事をイタリア女優が告白
キミ・ライコネン、母国で酔ってカラオケを熱唱
キミ・ライコネンこんなのも撮られてます

キミはお酒が好きなのは有名な話だけど、前にYouTubeでキミの若い頃の呑んだくれ風景を見つけたことあったけど・・・

好きだけど弱いのかなぁ?

『ゲロゲロ』シーンまで載せられてたし・・・

まさに呑んだくれでした(・・;)キミ・ライコネン

コレは一見ミカ・ハッキネンに見えますが・・・

お兄ちゃんのラミさんです。

呑んだくれシーンでも、こんなご様子でした(笑)

 

 

 

 

 

F1通信さんの2007年の記事に

F1ドライバー面白写真集が掲載されてますが、おやぢが「オモロッ」と思ったのを・・・ファン・パブロ・モントーヤ

モントーヤ奥様におねだり???





ジェンソン・バトンと佐藤琢磨

琢磨の足元に注目

ルーベンス・バリチェロとミハエル・シューマッハ

こんなシューも珍しい・・・バリチェロと

早速(とは言えないか・・・)買いました♪

Posted by おやぢ幸栄 on 23.2010 Kimi Raikkonen   0 comments   0 trackback
Tag :Kimi-Raikkonen WRC 雑誌 Sebstian-Vettel RedBull Mark-Webber
先日書いた

F1界では相当嫌吉してたんやなぁ・・・と思うのと、ラリー界でだいぶんご機嫌なんやぁ~ によると ライコネン・ファンの方はこちらもヨロシク! ラリー現場でのライコネンは「アイスマン」ならぬ「ナイスマン」だそうです。 F1パドックではクールで無駄口ひとつ叩かなかった印象の彼が、 ラリー界では、おしゃべりで愛想がよく、インタビュアーに遅刻を詫びたり、 1時間も機嫌よく取材に応じたりと……信じ
続きは
アイスマンならぬナイスマン?!



ホンマにライコネンの表情から変わってる感じがした~
DVDまで付録で付いていて、コレは今後も継続して購入しなきゃイカンか?と思った★
つ~か・・・北海道いきたい~!
F1に比べ価格も安く・・・
ただ、北海道までの旅費やら休みやらが問題な訳だ

して、インタビューの中で気になった箇所・・
ラリーではみんなフレンドリーだって事は、色んなところでも語ってますが、他チームのドライバーとも仲良く喋れる。F1でそんなことしたら『大目玉』だって。

そしてまたキミ・ライコネン、マーク・ウェバー引退後にレッドブルでF1復帰
キミ・ライコネン、ウェバー引退後にレッドブルでF1復帰
筋書きとしては良いけど、インタビューを読む限りでは、本人がいつも言ってる様に、本人ですら判らないって答えがそのまんまだと思う。

他の雑誌もインタビューあったけど、両方を読んでラリーは腰かけなんかじゃなくタイトルについても現段階では難しいけど、取る事を目標にしてて、最終的にはワールドチャンピオンを目指したいと。
F1とラリー両方でチャンピオンになった例がないし、いつか取りたいように答えてる。

F1には復帰しない。と、記者さんは断言してたけど、う~ん・・・
おやぢも読んだら、そんな感じした
ラリーでのタイトルは、まだ始めたばかりで現段階では望めないけど、終盤になったら見えてくるんじゃないか?と。
F1速報さんのインタビューを抜粋しますが

Q:いつ頃になれば、ラリードライバーとしてのキミ・ライコネンの本当の速さを見られるでしょう?


ライコネン:今年、僕が一番良い状態になるのは、おそらくシーズンの終盤だろう。

その頃には、かなり面白い戦いができるようになっていると思う。
アークティック・ラリーでは僕を応援してくれるファンが大勢いて、とても勇気づけられた。
F1ファンもラリーを見に来て、以前と同じように応援してくれると嬉しいね。
僕らが今年の秋、北海道(ラリー・ジャパン)を訪れる時には、日本のファンがどれほど熱心な応援を見せてくれるのか、想像しただけで興奮してくるよ。 
F1ファンでも日本のファンはいつも素晴らしい応援をしてくれてた。 
ラリーを見に来てくれれば、今までよりもっと身近に触れ合えると思う。

 




そして最近のF1界での出来事には

シューマッハとデ・ラ・ロサのカムバックは楽しみにしている。いろんなことが起きたけど、このところ政治的な話が影を潜めているのは良い事だと思う。

と・・・

あと、シュー・バトンとベッテルの活躍については、車次第といった感じだったけど、バトンに関しては違うチームに移ったことで学ばなければいけない事も多いし、車が良ければ良かったで、ハミルトンとの勝負に勝たなければならないと。
お友達ベッテルに関しては

セブにはすごい才能があり、早くてコンペティブなドライバーだ。
チャンピオンになるために必要なものは全部持っている。
昨年のレッドブルはクルマの競争力も高かった。
速いクルマさえ与えられれば、セブは今年もタイトルを争えるよ



結局、復帰についてはレッドブルは去年速いクルマだったけど今年もそうとは限らないし、様子を見てみないと何とも言えないけど、レッドブルと限らずコンペティティブなクルマに乗れるチャンスがあれば興味ある事は間違いないと。

将来はいつかラリーに・・・と、思っていたライコネン。
今年はF1に留まろうと努力したけど、いろんな理由で本人の予定よりかは早くラリーに転向したけ訳で・・・
だけども、今はラリーの本格参戦が始まったばかりで、今はラリーで早くタイトルを取るべく努力で一杯な様子。
そう、ライコネンは今を楽しんでるし、今いるポジションにも責任を持ってる。
でも、中盤頃には今はフリーな将来の事を決断するだろう・・・と語ってます。

何事にも『まっすぐ』なだけなんだよ。ライコネンは。

アイスマンならぬナイスマン?!

Posted by おやぢ幸栄 on 20.2010 Kimi Raikkonen   0 comments   1 trackback
Tag :Kimi-Raikkonen 雑誌 WRC

F1界では相当嫌吉してたんやなぁ・・・と思うのと、ラリー界でだいぶんご機嫌なんやぁ~
によると

ライコネン・ファンの方はこちらもヨロシク!
ラリー現場でのライコネンは「アイスマン」ならぬ「ナイスマン」だそうです。
F1パドックではクールで無駄口ひとつ叩かなかった印象の彼が、
ラリー界では、おしゃべりで愛想がよく、インタビュアーに遅刻を詫びたり、
1時間も機嫌よく取材に応じたりと……信じられない姿を見せてくれているそうです。

 

だそうですので・・・

ヨロシクされます
丁度ラリーのお勉強もしなきゃと思っていたので、買いに行こう
 HOME 

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

鈴木亜久里 雑誌 イベント 脇坂寿一 Juan-Pablo-Montoya OfficialFormula1 動画 Jenson-Button Ayrton-Senna Flavio-Briatore Adrian-Sutil Hispania-Racing Luca-Badoer RALLY-PLUS.NET Jean-Todt ステファン Jérôme-d'Ambrosio Lotus WRC BMW AUTOSPORTweb Fairuz-Fauzy F1通信 Bruno-Senna Mark-Webber Adrian-Newey HONDA 可夢偉Blog Timo-Glock Sauber Vitantonio-Liuzzi Michael-Schumacher 小林可夢偉 MercedesGP Sauber Giancarlo-Fisichella Robert-Kubica Felipe-Massa Photo Jaime-Alguersuari 中島一貴 PlanetF1 Narain-Karthikeyan Nicole-Scherzinger Q&A Nico-Hulkenberg Vitaly-Petrov Williams F1-Gate.com Bild 佐藤琢磨 oto TOYOTA Mika-Hakkinen ToroRosso Kimi-Raikkonen Sergio-Perez d'Ambrosio ESP 鈴鹿 山本左近 Pedro-de-la-Rosa RedBull Nick-Heidfeld Ross-Brawn 2011F1GP 日本GP Christian-Horner Peter-Sauber GPUpdate.net David-Coulthard セブパパ Vitaly-petrov Nelson-Piquet-Jr MERCEDES-GP Force-India Ralf-Schumacher Romain-Grosjean F1トップニュース Race-of-Champions N-F1 superGT BBC-SPORT Heikki-Kovalainen Sebastien-Buemi 片山右京 McLaren Gerhard-Berger カンポス Fernando-Alonso Virgin-Racing autosport.com Hispania Felope-Massa Motorsport.com :F1-Gate.com F1-Life オモシロPhoto ESPN-F1 Nico-Rosberg Sebstian-Vettel Lewis-Hamilton F1通信 PressConference Alain-Prost 2010F1GP Rubens-Barrichello Jérôme USF1 Keke-Rosberg Lucas-di-Grassi Ferrari Seb'sdiary Sebastian-Bourdais Jarno-Trulli Renault :2010F1GP 日本GP Paul-Di-Resta 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
6位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム