Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round2 マレーシアGP 木曜記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 09.2011 F1 GP 2011   0 comments   0 trackback
Tag :Photo Nico-Rosberg イベント 2011F1GP ESPN-F1 Jarno-Trulli Jenson-Button PressConference Sebastien-Buemi Felope-Massa
セパン・インターナショナル・サーキット
マレーシア・クアラルンプール

  • 回路のタイプ Raceセパン・インターナショナル・サーキット
  • コース全長 5.543kms
  • コーナー数 15
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 133,000
  • 設立年 1999
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
  • Lap Record:1:34.223 - JP Montoya (2004)Williams

タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目10:00 - 11:30 (11:00 - 12:30 / 日本時間)
2回目14:00 - 15:30 (15:00 - 16:30/ 日本時間)

土曜フリー走行
13:00 - 14:00 (14:00 - 15:00 / 日本時間) 
予選
16:00 - 17:00 (17:00 - 18:00 / 日本時間) 

日曜決勝 
 16:00 - 18:00 (17:00 - 19:00 / 日本時間)  


116.jpg 

Q: まずはジェンソン(バトン)とフェリペ(マッサ)への簡単な質問から始めましょう。オーストラリアGPで私たちを楽しませてくれた2人のバトルについてです。ジェンソン、まずはあなたの意見を聞かせてください。180_medium.jpg

ジェンソン・バトン: 今振り返ってみると、かなり楽しく関わることができたバトルだったよ。僕としては抜く方法を見つけられなかったから不満だけどね。フェリペはすごくいいブロックをしたから、僕は抜けなかったんだ。だから不満だったけど、今考えてみるといいレースだったね。DRS(ドラッグ減少システム/可変リアウイング)があったとしても、短いストレートしかないメルボルンではオーバーテイクするのがすごく難しいんだ。イン側のラインを抑えられてしまうと、オーバーテイクは非常に困難だよ。

Q: フェリペ、あなたの考えは?112_medium.jpg

フェリペ・マッサ: ジェンソンが言ったことには同感だ。僕はすごく一生懸命に戦って彼を後ろに抑えておこうとしたけど、決して簡単ではなかった。いくつかのストレートで彼はすごく速かったんだけど僕はKERS(運動エネルギー回生システム)をうまく使ってストレートで完全に彼に前に出られないようにして、イン側のラインを守ったんだ。メインストレートだけじゃなくて、他のコーナーでもだよ。彼は間違ったかたちで僕をパスしたから、ペナルティを受けたんだ。正直なところ、彼がポジションを戻してくれるって思っていたんだ。その後、コーナーを2つ過ぎたところでフェルナンド(アロンソ/フェラーリ)が僕を抜いたことで、彼にとってはポジションを戻すのがさらに難しくなってしまった。いいファイトだったと思うよ。

Q: ジェンソン、あなたはここでポールシッターにも勝者にもなっています。このサーキットについては、年齢を重ねるごとに改善できるということをおっしゃっていますね?181_medium.jpg

バトン: ここに来るのはいつだって楽しいよ。すごく流れるようなサーキットで、マレーシアに来ると本当に笑顔になれる、そういうサーキットなんだ。過去には勝ったこともあるけど、表彰台に上れなくても観客たちと共に素晴らしいレースを経験したことは何度もあるよ。コーナーごとにいい戦いができるサーキットの1つさ。DRSがあることで、メルボルンよりもオーバーテイクはかなり簡単になるだろうね。わからないけど、様子を見てみよう。でも、レースをするのに楽しい場所だし、午後4時からのスタートなら特に天候が大きな影響を与えそうだ。ちょうど雨が降り始める時間帯のスタートだから、ピットレーンではどのチームにとっても難しいだろう。ドライバーも状況を本当に理解して正しいピットインの判断をしないとね。

Q: 体力的に最もキツいレースになると言っていましたね。どのような準備をしたのですか?

バトン: ここはすごく暑いからね。たくさんトレーニングしたとしても、湿気を排除することはできないからタフなんだ。午前中に数人のジャーナリストたちを見たけど、彼らも同じことを感じていたみたいだね。先週末にいくらかトレーニングをしたよ。ハワイに1週間ほど行ったんだけど、湿度と暑いコンディションに慣れることができたのはよかった。 131_medium.jpg

Q: ニコ(ロズベルグ)、あなたにとってもお気に入りのサーキットですよね? その理由は何でしょうか?

ニコ・ロズベルグ: 間違いなく、本当に楽しめるサーキットだよ。コース特性が好きなんだ。すべての要素がそろっているし、いい思い出もいくつかある。ここで初めてラップリーダーを経験したし、昨年はメルセデスGP初の3位入賞も達成できた。だから、ここに戻ってくるのはいつでもすてきなことなんだ。 157_medium.jpg

Q: メルセデスGPは残念なオーストラリアGPを過ごしましたから、本当の意味でのシーズン開始はここからですね?

ロズベルグ: そうだね、オーストラリアGPは僕らにとっていいスタートではなかった。でもオーストラリアではいくつかの問題、特に信頼性の問題を抱えていたから、それが影響してしまったんだ。メカニカル、空力、すべてのセットアップの面でも適切なやり方を見いだせなかった。たくさんの努力が実らなかったんだ。僕らは本当に力強いチームだから、うまくいくよ。 197_medium_20110409033310.jpg

Q: ペトロナス(メルセデスGPのタイトルスポンサー)にとっても高い興味があるでしょうし、1つ2つは地元のイベントがあるますよね。あなたも参加しましたね?

ロズベルグ: ああ、今週はペトロナスのイベントに2日間参加した。1つは製油所の見学だったんだけど、本当に異なった世界だったなあ。子供たちと時間を共有できたこともすごく興味深かったし、いくつかゲームもできたのが楽しかったよ。昨日はクアラルンプールでイベントをやったんだ。ペトロナスのためもあってこのレースはチームにとってすごく重要だし、最高の仕事をしたいね。 110_medium.jpg

Q: セバスチャン(ブエミ)、あなたもかなりおもしろいことをやったみたいですね。昨日スーパーマーケットに行った時のことを教えてください。

セバスチャン・ブエミ: 児童養護施設のチャリティーとレッドブルのイベントだったんだけど、すごくおもしろかったよ。レースをしたんだ。数人の子供たちと一緒になって、ショッピングカートに商品を詰め込むっていうレースなんだけど、すごくおもしろかったし楽しめた。 138_medium.jpg

Q: すみません、子供たちと一緒にショッピングカートを詰めたんですか?

ブエミ: いや、子供たちと共にショッピングカートに欲しいものを全部詰め込んだんだ。特に子供たちが欲しがったものをね。

Q: 結果はあなたの勝ちで、チームメイトを負かしたんですよね?

ブエミ: 僕は最初に子供たちが大好きなものがあるコーナーに向かったのさ。できるだけたくさん商品をカートに積みこんだから、本当に満載になっちゃった。 123_medium.jpg

Q: オーストラリアGPの話に戻りましょう。2009年以来となる予選Q3進出とポイント獲得を開幕戦で達成しましたね。どんな気分ですか?

ブエミ: 本当にハッピーさ。予選はできる限りの結果だったと思う。あれ以上優れた結果は無理だっただろうね。レースではザウバー勢の失格もあって余計に3ポイントを稼げた。この3ポイントはいつだって歓迎さ。僕らにとって完ぺきなスタートになったと思う。これからの僕たちにはプッシュし続けることが必要だ。見て分かるように中団グループの争いはすごくタイトだから、ここで僕たちが何を達成できるか見てみようじゃないか。でも、目標はポイントを手にして帰ってくることだよ。 160_medium.jpg

Q: 金曜午前のフリー走行では、ダニエル・リチャード(リザーブドライバー)にマシンを譲ることになりますね。そのことについてはどう感じていますか? セッションに参加できないのは大きなロスになりますか?

ブエミ: 正直なところ、大きなロスとは思っていないんだ。どのサーキットだってフリー走行1回目の路面はすごくグリーンだから、スピードが乗るのには時間がかかる。10周から12周ぐらいは無駄にしちゃうものだから、ロスは大きいとは考えていない。フリー走行2回目のセッションからでもスピードに乗れると思っているよ。 

Q: ヤルノ(トゥルーリ)、チームに対しては地元からの興味が素晴らしいですね。あなたはどこかの丘でサイクリングをしてトレーニングに励んだようですが、教えてくれますか?122_medium.jpg

ヤルノ・トゥルーリ: ああ、マレーシアの田舎の方で少し楽しんだんだけど、おもしろかったよ。地元のサイクリングチームと一緒にマレーシアを探検したのは初めてのことだった。最高だったんだ。まずフレーザーズヒルに行ってから、どこだったか覚えていないけど標高1,600mのところまで行けたのは本当にすてきだった。ゴム工場があるところだったからいい景色だったし、チームの母国グランプリということで僕らにとって大切なレースの週末に対する準備としていいトレーニングができたのはすごく重要だ。

Q: 道は舗装されていましたか? オフロードだったのですか?128_medium.jpg

トゥルーリ: 普通の道路さ。田舎だったけど、すごくよかった。本当に素晴らしかったんだ。サイクリングを楽しんだけど、周囲の環境もよかったね。

Q: 今週末、チーム・ロータスとして掲げる現実的な目標は何ですか?

トゥルーリ: オーストラリアGPではできなかったことだけど、僕らにはマシンの能力を最大限に引き出す必要があると思っている。冬季テストではいいペースを見せていたけど、オーストラリアではかなり苦しんでしまったから、中団争いをしたいね。僕らにはラジエーターとパワーステアリングの問題が何度も起きていてまだマシンの実力を証明できていないから、今週末はそこを改善したい。マシンにはいくらかアップデートを加えて修正しているから、タイトな中団争いに加わることを期待している。まずは問題をすべて直すということがすごい重要だし、ライバルにしっかり近づきたいよね。 140_medium.jpg

Q: あなたが『La Repubblica(ラ・レプッブリカ)』紙にお持ちの"コックピット"というコラムの中で、ピレリタイヤに対する落胆を強調されていましたね。そのことについて具体的に説明していただけますか?

トゥルーリ: それは完全に間違った翻訳だと思うよ。僕が実際に言ったのは、ピレリはオーストラリアGPで本当にいい仕事をしたってことなんだ。タイヤの温まりに関してはまったく問題を予想していなかったけど、実際にはデグラデーションを抱えた。ドライバーの1人(セルジオ・ペレス/ザウバー)は1ストップ作戦だったけど、冬季テストではそんなことは絶対に無理だったからね。オーストラリアGPではタイヤが完全に異なった特性を見せて、冬季に経験したよりもすごくよくなっていたんだ。僕らが指摘した唯一のことは、数人のドライバーが悩んでいたタイヤのウオームアップは、複数のドライバーも経験したってことさ。つまり、僕らドライバーにとってもチームにとっても、ピレリタイヤについて学べることがまだたくさんあるって言うことだろう。ピレリも彼ら自身で調整しているし、僕らに対してコンディションやサーキットに最適なものを与えようとしてくれている。 132_medium_20110409033803.jpg

Q: フェリペ、ここでは2回のポールポジションを経験していますが、レースで最高成績を記録したのはグリッド後方からのスタートでしたね。

マッサ: そうだね。楽しいサーキットだから2回のポールポジションを経験したけど、レースの結果は予選ほどには素晴らしいものじゃなかったというのは正しいね。去年は正反対だったよ。予選で雨が降ったために、グリッドのほぼ最後方からスタートしたんだ。予選では間違ったタイミングでコースに出てしまったことでQ1敗退を喫したけど、レースでは7位入賞を果たした。今回は予選も決勝も少し改善することを期待している。いい仕事ができるように集中したい。 134_medium.jpg

Q: ここでのDRSの効果について心配していましたね。ここではDRSとKERSがレースにどのような影響を与えると思いますか?

マッサ: いや、幾人かの人たちも言っていたけど、FIAはレースでDRSを使用できる箇所を2本のストレートに増やすことを考えていたみたいだ。僕の意見は、その2つのストレートは連続しているわけだから、これはあまりフェアじゃないってことさ。かなりオーバーテイクがしやすくなりそうだし、オーストラリアGPでのいい戦いを見ればわかるだろう。それに、僕らはKERSをいろいろな場所で使える。2本のストレートで使えるようになるかはわからなかったから、これは僕の意見にすぎない。おそらくメインストレートでの使用になる。人々の意見は違うものってことさ。 135_medium.jpg

Q: その決定が下されたということですか?

マッサ: そうさ。


Q: フェリペ、オーストラリアでの主な問題点について、あなたとあなたのチーム、エンジニアは原因を突き止めたのですか?139_medium_20110409033803.jpg

フェリペ・マッサ: 多くのことを理解はしたよ。確かにオーストラリアでは期待したようなペースじゃなかったし、先週と今週はどこから始めるべきか方向性を決めるための分析を重ねた。僕としては全く違うクルマになってくれればと願っているんだ。レッドブルとの差が大きかった予選、そしてレースでも、もっとコンペティティブなクルマになればとね。セットアップがちょっとアグレッシブすぎたのも事実で、思ったよりもデグラデーションが高かった。気温も高いし、その点もここでは考えなければいけない。だからセットアップの方向性を少し変えなければいけない。タイヤについても同様だ。 

Q: フェリペ、あなたのDRS(ドラッグ・リダクション・システム)とKERS(運動エネルギー回生システム)に対する見解に話を戻しますが、ここではDRSがなかった時と比べて、KERSの使い方を変えるおつもりですか?153_medium.jpg

マッサ: もちろん予選では一番時間を稼げる個所でKERSを使おうとする。でもレースではちょっと違うんだ。だれかと争っていれば、順位が変わりやすい場所でKERSを使おうとする。だから常にKERSを使用する場所は変わるよ。ほかのクルマとの差にもよるし、自分が後ろだったらオーバーテイクのチャンスが高い場所でKERSを使おうとする。つまりレースで中に何度も変わることになる。

Q: こんにちは。ジェンソン、今週末のマクラーレンのポジションについてどのように予想していますか? オーストラリアとはやや異なる展開になりそうでしょうか? どうお考えですか?284_medium_20110409032808.jpg

ジェンソン・バトン: 何とも言いにくいな。この2週間、ほかの人たちが何をしていたか分からないし、彼らがこのレースにどんなものを持ち込んできているのかも分からないからね。でもオーストラリアでの自分たちのパフォーマンスには満足しているよ。何度も言うけど――テストの時と比べたらね! 僕らのパッケージの最初のステップでもあったんだ。ここではそのパッケージを微調整するためのアップグレードがあるから、ラップタイムや一貫性が改善すると期待している――でも、それでレッドブルに対抗できるかどうかは分からないよ。ここではタイヤに関してもっといろんな要素が絡んでくると思うんだ。メルボルンとは全く違うレースになると思う。

Q: 皆さんにお聞きします。レッドブルのフロントウイングについて意見をお願いします。皆さんもFIAの規制に対応する形で、高速時に地面に近づくようなシステムを開発中ですか?

 バトン: おっと。その問題についてあまり詳しいことは知らないけど、確かに彼らのが予想以上にしなるとは何人かの人から聞いているよ。でもそんなにじっくりは見ていないから、分からない。283_medium_20110409033310.jpg

ニコ・ロズベルグ: 残念ながら興味深い返事はできないな。

208_medium.jpgセバスチャン・ブエミ: あまり言うことはない。それは技術畑の人たちに任せるべきだね。もちろんそれで速くなるなら、みんな再現しようとするだろうね。

ヤルノ・トゥルーリ: 僕も言うことはない。 143_medium_20110409034548.jpg

マッサ: 同じく。

Q: フェリペ、あなたは冬の間ピレリタイヤに自信を示していましたね。開幕戦を終えた今でも同じレベルの自信を持っていますか?

109_medium.jpgマッサ: ああもちろんさ。もっといい週末になる確信がある。最初のレースは僕らにとってあまり良くなかった。思うような結果が出せなかったけど、それはタイヤのせいだけじゃない。スピードももっとあるはずだったんだ。とにかくここではすべてがうまくいくと確信しているよ。

Q: まずはフェリペに、次にジェンソンとニコ、お答えください。レッドブルはここで初めて本格的にKERSを使うことになっています。恐れを感じますか? 彼らがチャンピオンシップを台無しにするという不安は?154_medium.jpg

マッサ: チャンピオンシップが台無しと考えるにはさすがに早すぎじゃない? どちらにしても違うクルマについて答えるのは難しいよ。僕らのクルマについて言えば、KERSを使わなければラップタイムは多少落ちる。だからレッドブルもそうかもね。彼らがさらに速くなる可能性はあるけど、彼らがどのくらい良くなるか、それともならないかは調べようがない。レッドブルのマシンの全容を知っているわけじゃないから。でもとにかく僕の意見としてはKERSを使えば良くなるはずだ。9411.jpg

バトン: 僕たちの場合はKERSを使わなかったらほんの少しのタイムロスどころじゃないな。うちのシステムはすごく優秀なんだ――(ロズベルグを見ながら)2人ともすごくいいシステムだよね? でもレッドブルのシステムのことは知らない。みんなF1では違うシステムを持っていて、KERSのハイブリッドシステムもそれぞれ違うから、彼らは速くなるかもしれないし、ならないかもしれない。僕には彼らにどのくらいの利益があるかは分からない。それに新しいシステムには信頼性の問題がつきものでしょう? 彼らがメルボルンで使わなかったのはそれが理由の1つだと思うから、ここで真新しいシステムを使うということは、信頼性の不安がつきまとう。きっと彼らはその価値があるかどうかを計算しているはずだ。219_medium_20110409033310.jpg

ロズベルグ: 僕らの場合は、現時点でほかのチームとの位置関係も正確には分からないから、自分たちが今持っているものでベストを出すことに集中するよ。ほかのチームの位置や彼らのしていることを気にするのはその後だ。

Q: フェリペ、暑さと湿度の高いコンディションが常に話題になります。ジェンソンとニコがトレーニングでよくトライアスロンをされているのは知っています。一方あなたはパウリスタ、いえ、サンパウロご出身ですね? それは役に立つのですか?Felipe Massa, Ferrari, Preview, Malaysian GP, Sepang International Circuit, Sepang. Thursday 7 April 2011.

マッサ: うん。まあサンパウロはブラジルのほかの場所と比べてとんでもなく暑いというわけじゃないんだけどね。ブラジルの北部はもっと湿度が高いよ、マナウスとかね。そこならここみたいだけど、サンパウロはレースウイーク中でも時々寒いこともあるくらいだ。でも一応暑い国だし、僕は寒いより暑い場所が好き。だけどトレーニングは欠かせないよ。このレースのためにはハードなトレーニングが必要だ。湿気が多くてレース中にたくさん汗をかくから、そのためのトレーニングがね。

Q: ジェンソン、再確認させていただきたいのですが、なぜあなたはメルボルンとは違うレースになると考えているのですか? それはここが正当なレースコースだからですか? タイヤとも関係して"既知数"が増えるからですか?9398.jpg

バトン: メルボルンになんてこと言うの!? ここは気温が全然違う。クルマにとってもタフだし、ドライバーにとってもそうだ。でも特に厳しいのは路面に触れる4つの物体、タイヤだよ。全く違うレースになると思うのは、高温の中でのタイヤを使うからというのが主な理由だ。デグラデーションが激しくなる可能性がある。初戦でのタイヤの一貫性についてはみんな驚いたと思う。ピレリのタイヤがあんなに持つなんて当初は思っていなかったはずだ。多くの人にとって、前のレースのハイライトは1ストップをやって見せた(セルジオ)ペレスと、彼の一貫性だった。だけど、ここでも同じ展開になるとは思えない。要求も多いし、タイヤにとってもっとタフになるから変わると思う。また違う要素が加わるのはいいことだと思うよ。

137_medium_20110409035320.jpg9413.jpg 




皆さんが行っていたイベント模様
9371.jpg
032_medium_20110409040104.jpg
012_medium_20110409040104.jpg  
037_medium_20110409040104.jpg 041_medium_20110409040104.jpg  
(子供の欲しがるものを~と言ってたよね?)
おぢさんもお勤め人だからRedBullは買わせてね、とか言い聞かせてたり(笑)

ロータス
 9372.jpg
024_medium.jpg 026_medium.jpg
これはイベントとは別だと思うけどヤルノのお店の宣伝だ(笑)なんか渋いなぁ 
245_medium.jpg 

 136_medium.jpg 
        メルセデス(ペトロナス)GP



119_medium.jpg




167_medium_20110409041304.jpg 168_medium_20110409041303.jpg 9395.jpg
おっちゃん熱い。タトゥーにしちゃうなんて熱すぎるシューファンだなぁ。。。

256_medium.jpg 可夢偉に習え?左近まで料理を。。。
でもちょっと悲しい結果になってませんかぁ~?三角オムスビが。。。チューブわさびがなぜか新鮮(笑)
スポンサーサイト

Round8 カナダGP 木曜記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 11.2010 F1 GP 2010   0 comments   1 trackback
Tag :Nico-Rosberg Robert-Kubica Lewis-Hamilton Lucas-di-Grassi Felope-Massa PressConference Photo Sebstian-Vettel
何故かESPN F1さん、今回の記者会見の記事を全部掲載してくれてるじゃないですか!!そのまま引用させてもらおっ★

今回、Nicoが出席してるから~だけじゃなく、トルコのRBの出来事や、クビちゃん、マッサ君の事故の話、鈴鹿の話・・・etc興味深い話がたくさんされていました!

途中で、おやぢのコメントも入れさせて頂きます(笑)

昨年は開催されなかったカナダGPが、2年ぶりにF1カレンダーに戻ってきた。グランプリの開幕を控え、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ロバート・クビサ(ルノー)、ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)の5名が木曜記者会見に臨んでいる。

Q: このサーキットで戦ったことがある皆さんには、再びこのサーキットに戻ってきたことについてお聞きしたいと思います。ルーカス(ディ・グラッシ)はここで戦ったことがないかと思いますが、印象を教えていただけますか?

ルーカス・ディ・グラッシ: ああ、カナダで走るのは初めてのことさ。2008年にはルノーのリザーブドライバーとしてここを訪れたんだけどね。このサーキットについては、これまで戦ってきた他のコースとは大きく異なっているってことかな。かなり市街地サーキットっぽいけど、低ダウンフォースで高速サーキットだから。マシンがここでどんな感じなのか楽しみだし、週末が進んでいくにつれて重要になると思われる天候も気になるね。

ニコ・ロズベルグ: モントリオールは、僕にとって今年最高のレースの1つさ。ファンタスティックだし、サーキットは本当に楽しめるからね。素晴らしいコースで、すごく楽しいんだ。街も観客も素晴らしくてとても熱狂的だ。間違いなくハイライトさ。

フェリペ・マッサ: ニコ(ロズベルグ)とルーカスが言ったように、ここは素晴らしい場所だよ。ここに来られてうれしいな。人々はF1を愛していてすごく楽しんでくれるし、ビルヌーブ家のいい思い出もあるから素敵だね。コースは(通常とは)少し異なっていて、オーストラリアがミックスされているような感じ。すごく長い直線があるから、ここでドライブするのは素晴らしいよ。ここでは勝てていないし優れた結果も手にできていないけど、楽しめるサーキットなんだ。週末を通じていい仕事ができればいいね。

そのビルヌーブ家ですが・・・
ジャックは来年をタイムリミットとし引退を考えているようです。。。
ヴィルヌーヴ 「シートがないのならF1から引退する」たらればになるけど、ジャックもステファンに翻弄された一人。
今やステファンなんて、なんてチームだ!と、思うけど、一貴しかり・・・
ジャック&一貴で走って欲しかったおやぢです。。。

ロバート・クビサ: みんなが言っているように、いいサーキットだよ。チャレンジングで、ドライブをすごく楽しめる。今年これまでに戦ってきたサーキットとは特性が少し異なっているから、僕らのマシンがコースに合っているかどうか見てみるよ。直線が長いから、ダウンフォースレベルが下げられることになるだろう。激しいブレーキングと低速コーナーがあるから、トラクションとブレーキング時の安定性、それからトップスピードがカギになりそうだ。

Click to display the full-size image

ルイス・ハミルトン: 戻って来られてうれしいよ。大好きなんだ。シーズンの中でも大好きなサーキットの1つだよ。ここ数年、ここで戦えなかったことが少し残念だ(編集部注:実際には2年ぶりの開催)。だけど、ここに来られて本当に、本当にうれしい。天候が改善されることを願っているよ。ここに来た時はいつだって初優勝を果たしたことを思い出すから、素晴らしい思い出だね。2008年もいい思い出だったし、今週末も生産的な週末にしてこの流れを維持していきたい。街にいるのも最高だね。ファンタスティックな都市なんだ。グランプリカレンダーの中でも最高で新しく楽しめる都市の1つだから、ここにいることが本当にうれしいよ。いい週末になることを楽しみにしている。

Q: ルーカス、チームが残している成果についてお話しいただけますか。どんな具合でしょう?Click to display the full-size image

ディ・グラッシ: チームは難しい形でシーズンをスタートした。マシン開発やクルー育成のための時間がすごく少なかったけど、マシンだけでなくチーム全体としてかなりの改善を目にしてきたよ。メカニックたちもエンジニアリングの作業を一緒に行ったんだ。F1経験がなかったけど、今はかなりF1に慣れた。時間の過ごし方を始めとしたすべてについてね。マシン自体は序盤に信頼性の問題を抱えていたこともあって、望んでいたほどに速くすることができていない。集中しているのは問題を解決することで、今でも改善する必要はあるものの、最近はかなり進歩したよ。これからは信頼性からパフォーマンス改善にシフトしていくべきじゃないかと思う。僕らが新チームの中で一番になれるって自信があるよ。それが僕らの狙いであり目標で、そのために作業しているんだ。

Q: 十分なダウンフォースを持っていなかったチームが、あまり多くのダウンフォースを必要としないサーキットでパフォーマンスを改善する場面が昨年ありました。あなたたちも同じような状況になると思っていますか?

ディ・グラッシ: みんながダウンフォースを削ってくるから接近はできるだろうけど、僕らが中団争いをできるほどギャップは縮まらないだろうね。ここではセーフティカー導入や戦略上のギャンブルに関してチャンスがあるし、これによって中団グリッドを狙えればいいと思う。力強い結果を残すいいチャンスがあるよ。

Q: ニコ、最近の数レースではパフォーマンスの波がかなりありますね。トルコではよりよい結果を期待していたでしょうが、ここではどうですか?

ロズベルグ:
最近は予定どおりにうまくいっていないんだ。望んでいたほどにギャップを縮められていないけど、いい成果を残しているし、トルコで投入したFダクトはいい前進になった。ここはかなり異なっているサーキットだ。ここでは少しうまくやれる自信があるし、うまくポイントを手にできるチャンスがある。運があって天候なんかによっては表彰台も得られるかも。興味深い週末になりそうだ。

Q: ここに投入するチームの開発は小さなものですか? それとも大きなもの?

ロズベルグ: 僕たちは1年を通じた開発プログラムを実行している。いつも小さなものから大きなものまで持ち込んでいるよ。

Q: ここでの激しいブレーキングについてはどうでしょう。あなたのマシンに何か影響はありますか? 自信があるでしょうか?

ロズベルグ: 全体的に僕らのブレーキング性能はかなりいいから、今週末における利点のひとつだろう。僕としてもこのサーキットは本当に楽しめるから、いいと思うよ。

Q: フェリペ(マッサ)、2012年までフェラーリとの契約を更新しましたね。あと2年半はドライバーとして安定することが分かりましたが、そのことの影響はありますか?

マッサ: それはいい点だと思う。ドライバーとしては、フェラーリと再び契約できるってのはとにかく最高なことさ。チーム全員が僕を信頼してくれているってことだからね。一生懸命プッシュを続けてチームとともに最高の結果を達成しようとする上で、いい点だと思うよ。それこそ僕とチームが望むすべてだから、常にレースしたいチームと夢見ていたフェラーリにもう少しとどまれるのはすごくうれしい。今年はフェラーリで戦う5回目のチャンピオンシップで、さらに2年戦えるのは素晴らしい気分さ。

Q: 前戦のレースではレッドブルとマクラーレンが対抗していたように見えました。今回のレースでフェラーリが追いつくことは可能でしょうか?

マッサ: うーん、そう願うよ。最高のチームになることが、常に僕らの目標なんだ。前戦はレッドブルとマクラーレンがすごく速かったのを見たし、ここでも彼らは強いはずだ。前戦での僕らはメルセデスGPやルノーの後方だったから、ベストを尽くして前に出られるように頑張りたい。簡単なことじゃないけど、そのために僕らは働いているんだから。

Q: ロバート(クビサ)、2年前にここで優勝しましたし、このサーキットが大好きだとおっしゃっていますね。このサーキットで特に好まれているのはどの部分でしょうか?

クビサ: 他の多くのサーキットと比べ、特性が少し違っているんだ。モナコとモンツァを組み合わせた感じで、低速コーナーがかなり多いけど長い直線もある。だからダウンフォースレベルを下げなければならないけど、一方ではいいメカニカルグリップが必要だ。ハードブレーキングがたくさんあることが好きだし、僕はいいパフォーマンスを発揮できる。僕のマシンとコース特性は、僕のドライビングスタイルにとってもいいはずさ。低ダウンフォースレベルのウイングで走行するのは今年初めてだから、ライバルと比べて僕らのマシンがどうなのか見てみる必要があるね。

Q: 私が間違っていなければ、あなたはランオフエリアが少ないサーキットが好きだったと思うのですが、なぜでしょう?

クビサ: 分からないな。ウオールが近いのは好きだし、ミスをする余地が少ないことはかなりチャレンジングで、それが僕にとってはかなりドライブを楽しめる要素なんだ。F3でマカオやほかの市街地サーキットで走った時もそうだった。モナコでF1マシンを駆る感じだからね。僕があまり楽しめない唯一の市街地サーキットはシンガポールさ。その理由は分からないけど。でも、市街地サーキットや低グリップのサーキットでは、僕はいいパフォーマンスを発揮できるみたいだね。

Q: ルイス(ハミルトン)、過去にここを制していますし2回もポールポジションを手にしていますね。あなたもこのサーキットを楽しんでいますよね?

ハミルトン: ああ、そのとおりさ。過去数年のレースでは基本的にかなりいいんだ。なぜかは分からないけどね。再び市街地サーキットだし、かなりうまくやれるだろう。僕のドライビングスタイルに合っているみたいだから、今週末も同じようになればいいな。マシンがかなり競争力を発揮してくれればいいし、先頭争いをしたい。ここでレースをしてから少し時間がたっているから、戻ってきたことに興奮しているよ。

Q: 前戦はマクラーレンがレッドブルに対抗しましたが、どちらも細かい部分でともに優れているとあなたは指摘していましたね。ここでも同じようになりそうですか?

ハミルトン: そうなることを願っているけど、もしかしたら、このサーキットはレッドブルのアドバンテージが少なくなる可能性があるサーキットだろう。ターン4、7、10、それからターン9もそうかもしれないけど、こういうコーナーではレッドブルが出口で優れている。でも、それ以外の直線では僕らがいいだろう。でも、どうなるかは分からない。ライバルたちもマシンを改善しているし、ニコも言ったように、僕たちも同じことをしてマシンを開発しているから、どのサーキットにも小さなアップデートを持ち込んでいるんだ。モナコよりもこのサーキットに僕らのマシンがあっていることを願うし、いい週末を過ごしたいね。

Click to display the full-size image

 Q: 皆さんに2つ質問があります。ひとつはチームメイトとの対決において、それぞれのチームからどのようなガイドラインを与えられているのでしょうか? 次に、チームメイトと争っているとして、あなたが後方にいて直線ではチームメイトよりもいい走りができているとします。それほど大きくはないにせよ、チームメイトが十分なスペースを内側に作ってくれたとしたら、皆さんはどうされますか?

ルーカス・ディ・グラッシ: そうだね、相手がチームメイトだろうと誰だろうと、チームオーダーは一切ない。僕にとってもチームにとってもコース上で大事なことはできる限り一生懸命競うことで、オーバーテイクを仕掛ける時にはリスクがあることを考えなきゃいけない。これが両方の質問の答えになると思うけど。

Q: もし(トルコGPでの)セバスチャン(ベッテル)の立場だったなら、あのギャップで行きますか?

ディ・グラッシ: 繰り返しになるけど、オーバーテイクをしようと思うときは必ずどれだけのリスクを冒すことになるのか、状況を判断していかなきゃいけない。それが僕のアプローチの仕方だ。

ニコ・ロズベルグ: 僕も同じ。例えばイスタンブールの場合、それが可能ならオーバーテイクにトライしたと思うけど、要領よくやらなきゃ。それがメッセージさ。

Click to display the full-size image

フェリペ・マッサ: うん、同じ。僕たちは常に自分以外のドライバーと競っている。コース上にいるときに、自分のチームメイトが前にいて自分の方が良いマシンだというのなら、確実にオーバーテイクに挑戦する。だけど、一番大切なのはチームを尊重するということ。(ドライバーは)どちらもチームのために戦っているんだ。前回のレースで起きたことはチームにとって良くなかったと思うから、2人とも同じチームのために戦っているんだということを知るのが重要だ。自分のチームメイトをオーバーテイクする時にリスクを冒しすぎるのはよくない。

ロバート・クビサ: 僕たちには何のルールもないわけだから、皆が言うように当然、相手がチームメイトだろうと誰だろうとオーバーテイクを仕掛ける時はリスクバランスを考えないといけない。特に、すでにサイド・バイ・サイドだったり、前にいる状態だったりすれば相手にぶつからないようにしないと成功しない。すでに前に出ていたとしても、どっちにしたって半メートルはワイドになるか狭くなるんだ。状況次第だよ。どういう状況であれ、オーバーテイクしようとしている相手が誰であれ、オーバーテイクするにはリスクバランスを考える必要がある。

ルイス・ハミルトン: チームオーダーはないけど、もちろん、僕たちは常にチームが最大にポイントを獲得できるようにサポートしたい。でも、どちらのドライバーも自分が勝ちたいのは間違いないから、もしチャンスがあるのならやるべきだ。だけど、ルーカス(ディ・グラッシ)が言ったように、リスクを考えないといけないし、できる限り分別ある動きをしようとしなければいけない。

あぁ・・・何故か心が痛むっ!Nicoの『要領よくやらな・・・』おっしゃる通りだわ。。。
要領良いNicoならではのコメントやわ(苦笑)

Q: ルイス(ハミルトン)、トルコでの勝利は少し棚ぼた的だったと思うとおっしゃっていましたが、このサーキットにはあなたとチームがレッドブル勢を倒すのに必要となるすべてがそろっていると思われますか?

ハミルトン: 難しいけれど、単純なことだよ。僕たちは常に改善しているけど、土曜日までは自分たちの本当のペースは分からないし、僕たちとレッドブルとのギャップについて言えば、あの差を縮めるだけの大きな前進はしていないと思う。僕の予想では彼らが今回もかなり強いと思うよ。だけど、ここには僕たちのマシンに合う超ロングストレートがある。彼らがFダクトを持ってきているかどうかは知らないけど、今週末はもっと肩を並べられるといいな。だから、前回の週末のようになるかもしれないし、僕たちがもう少し近づけるかもしれない。できればもう少し近づけることを願うよ。

Q: フェリペ(マッサ)、ドライバーの皆さんが過去の事故について話したがらないことは存じていますが、あなたは昨年事故に遭われました。キャリアを再開すると決めるのは難しい決断だったのでしょうか?

マッサ: それはないよ。事故のすぐあとには、もうすっかり普通だったし。頭のケガはひどかったけど、それまでと変わらないことを考えていた。1カ月後にはカートをドライブしたけど、難しいことなんて何もなかったよ。だから、僕の生活は以前と何の変わりもない。くだらないところまで同じさ。プレイステーションで遊んでいる時に前と同じラップタイムを刻むとかね。何も変わっちゃいないよ。そのことを考えないことだって簡単だしね。

Q: 今週末はル・マン24時間レースもありますが、皆さんにとってル・マンはどういうものですか? いつか挑戦してみたいと思われますか?

ディ・グラッシ: かなり忙しい週末になりそうだよね。F1もあってル・マンもあって、それから(サッカーの)ワールドカップも始まる。ル・マンについて言えば、僕はものすごいレースだと思っている。どのドライバーもとても見ごたえあるレースだと思っているんじゃないかな。戦略面やマシン、レース全体、コースなど、すべての面で僕たちがやっていることとはまったく別物だ。個人的にはいつかル・マンで走ってみたいし、自分のキャリアでああいうタイプのレースに挑戦してみたいと思う。

 

ロズベルグ: いつも(ル・マンは)ファンタスティックな週末だと聞いているから、いつか友達と一緒に観客として行ってみたい。経験としてね。だけど、ドライビングか。ないな、それはないと思う。

マッサ: 僕が楽しみにしているレースのひとつだし、尊敬もしている。とても重要なレースだけど、ここで僕たちがやっているのとはまったく別物だ。走り方だって全然違うし、スタイルも違う。スプリントレースじゃないから、24時間レースすることを考えないといけない。まあ、いつかやれるかもしれないけど。

Click to display the full-size image

クビサ: ル・マンはモータースポーツの歴史の一部であり、未来でもあると思うけど、今僕たちが取り組んでいることとはまったく別のアプローチだ。F1はまったくの別物。レースという意味では同じだけど、ドライバーやチームのアプローチが全然違う。もしかしたら、僕はいつか挑戦できるかもしれないから、イエスともノーとも言えるね。まあ、そのうち分かるさ。

ハミルトン: 皆が言ったように、本当に名門のレースだと思うし、僕も見るのは楽しみにしているけど、そこで戦う予定はないよ。もしかしたら将来的にはあるかもね。可能性は何だってあるからさ。だけど、今の予定では僕は自分の仕事に集中するだけだ。今はこれをやるのが一番だからね。

おやぢ的にはクビちゃんはKIMI兄貴と同じように、ラリーにうつる日が来るんじゃないかって思っていたが、このクビちゃんのコメントは気になるねぇ・・・

Q: ニコ(ロズベルグ)に質問です。ミハエル・シューマッハが初めて世界選手権で優勝したのは1994年のこと。当時、あなたはまだ幼かったわけですが、現在のグリッドにはあなたと同世代のドイツ人ドライバーが5人います。マイケル(シューマッハ)が大スターだった頃、若い芽が育つ上でドイツのモータースポーツ界にどれだけの影響を与えたのか、母国ドイツに何か変化があったのか、教えていただけますか?

ロズベルグ: そうだね、マイケルの大成功があったから、今、これだけのドイツ人ドライバーがここにいると言ってもいいと思うし、彼の成功があったからこのスポーツがドイツで大人気になったんだと思う。他にもいろいろあるけど、彼のおかげで前以上に関心が高まったのは確かで、たくさんの子供たちがカートを始めたいと思うようになり、そういう子供たちをサポートしようという企業も増えて資金面でも充実している。今これだけのドイツ人ドライバーが存在する理由のひとつであることは間違いない。母国から多くの関心を集められているから、僕もとても感謝している。これはすごいことだよ。

今のF1界にドイツ人が多いって、さっきのThe Germanでも触れたけど、そうなのよね~環境的に恵まれてるもんね。
おやぢが常々思うことなんだなぁ。
例えばKIMIの母国フィンランドでも、公園のようにカートができる施設がある。
町内会費の様な感覚で、市民?みんながサポートしてるから、低価格で利用できる。
そのかわり、サーキットとしては路面やなんやって、そこまで管理はされていないらしいが、それもまた管理されたキレイな路面でしか慣れていないドライバーと、いろんな状況に慣れているドライバーと、どっち?と思えば、後者だと思うので、悪いことじゃないと思う。
子供たちが学校から帰って、サッカーして遊んだり野球したり~の中に、カートに乗って遊ぶなんてコトがある国じゃぁ、将来有望なドライバーも生まれるだろうよ。。。
日本のこの環境も、今回の可夢偉が変えてくれることを願いたい!!
日本じゃ利用料や、カートのメンテナンスが大変なんだおぉぉぉ~
大人でもしんどいのに、子供ちゃんがカートをし続けるなんたぁ、裕福な家庭じゃないとしんどいのさっ!

Q: ルイス、2年前のあなたのレースはピットレーンの出口で終わりました。2008年のチャンピオンシップにおいては、あのアクシデントが最低と言えるでしょうか?

ハミルトン: そうは思わないな。あの週末、僕はいいレースをしたと思っている。単なる小さなミスだったと思うし、誰だってミスは犯すものでしょ。あの時のことはそんなに覚えてもいない。だから、自分のキャリアではもっと最低の瞬間があったってことさ。そこから学んだ通過点にすぎない。僕たちはここで本当にコンペティティブだったし、少なくとも、あの週末は表彰台を狙えたはずだ。自分のレースと、それからキミ(ライコネン/当時フェラーリ)のレースを終わらせてしまったことはちょっと残念だったけど、それがモーターレーシングというものだし、ああいうことは起こるもの。僕はあれから成長した。

Q: ルイス、チームはトルコでのあなたとジェンソンの勘違いについて説明されていましたが、今後、ああいった状況はどの程度避けられるのでしょうか? また、その件について(チーフエンジニアの)フィル・プリューと何かお話されましたか? マーティン・ウィットマーシュ(マクラーレン代表)は今週初め、あれは単なる彼の意見であって、事実ではなかったとおっしゃっていました。

ハミルトン: 僕たちが成し遂げたことは、はっきりと1-2フィニッシュという素晴らしい結果に現れているでしょ。今年は2回目の1-2になるから最高だよ。しばらくなかったことだからね。僕たちが取り組まなきゃいけないことはコミュニケーション。いつも確実にコミュニケーションを取るようにして、もう片方を理解するようにするってこと。だけど、それが関係を築いていく方法だと思うし、コミュニケーションをしっかりとって、できる限り最高の形でポイントを獲得できるようにしていく。

Q: フェリペ、2008年はチャンピオンシップタイトルにかなり近いところにいました。昨年は大きな事故に遭われましたが、パパになるといういいニュースもありましたね。今年は最高のマシンというわけではありませんし、ロバート(クビサ)に関するさまざまなうわさもありました。しかし、今はフェラーリから先の2年分の信頼を得ています。この18カ月、まるでジェットコースターのような人生だったのではありませんか?

マッサ: まあね、でも、うわさのせいでも、事故のせいでもないし、父親になったからということだけじゃない。そういうすべてがあったってこと。僕がフェラーリに入ってから毎年のように、いろんなうわさはあったしね。気にしないよ。自分が望むことだけを考えている。チームにおける自分の仕事を考えているだけ。そこで僕が見たことは、皆がいかに働いているか、彼らがいかに僕を尊敬してくれているか。耳にすることよりも、そういうことが一番大事なんだ。僕は毎年、事実じゃないうわさの中でフェラーリのために戦ってきた。それだけさ。

Q: ルイスにうかがいますが、もしどなたか"右に同じ"以外のコメントがあれば聞かせてもらえるとうれしいです。過去にロバートがそうだったように、ここはアクシデントが起こる可能性が高いため、多くの人々が観戦したいと言います。正確なドライビングが求められるがゆえに、100ヤードのランオフエリアがあるような他のサーキットとは違い、多くのエンターテイメントをもたらすわけです。あなたはどちらがお好みですか? ドライバーは自分たちにとってチャレンジングなサーキットを好むのでしょうか、それとも大きなマージンがある方を好まれるのでしょうか?

ハミルトン: とどのつまり、どのサーキットもチャレンジングだとは思うけれど、もちろん、それぞれに違っているし、別の技術が試される。たぶん、ほとんどのドライバーがミスの許されないようなストリートサーキットを好むと思うよ。確かに昔は他のサーキットも外側にただ芝生があるだけだったけど、今は人工芝になったり舗装されたりしているから、かなり楽になっている。それでも、チャレンジングであることに変わりはない。ここのようなコースは真の個性を持った昔ながらのサーキットだ。ロバートが言ったように、ウオールが間近に迫り、本当に危険なところもあるから、興奮が増していると言えると思う。それに、タイヤのグレイニングがひどくなりやすいという特性もある。ラインを外れれば簡単にクラッシュしてしまうだろう。最高のレースになると思うよ。カレンダーの中にはいくつか伝統のコースがあって、ここはその中のひとつってことだ。

Q: F1は十分安全でしょうか?

ディ・グラッシ: F1は他の多くのスポーツと同じように、最近ではより安全になっている。ストリートサーキットのようなコースに行くと、ミスが許されるマージンは少ないけど、それがあるからドライバーにとってもっとエキサイティングになっているんだと思うし、レースを見るファンにとっても、さらにエキサイティングになっていると思う。でも、ここのようなサーキットだろうと、ミスをしても十分なランオフエリアがあるところだろうと、走るのが難しくなっているとは言わない。難しさのレベルは同じか、似たようなものだと思う。ロングストレートやオーバーテイクポイント、それから何カ所かはミスの許されないポイントを作るとか、F1の新しいサーキットが昔のサーキットと同じラインで作られるべきだという意見には大賛成だ。僕は特にストリートサーキットが好き。たったひとつのミスが週末全部を台無しにしてしまうところがいいのさ。僕としては、この先のサーキットが同じようになってくれることを望む。

Q: 皆さんに質問です。今朝、モントリオールのファンとお会いになったと思いますが、楽しかったですか? こういった機会が特に他のグランプリでも増えるべきだと思われますか?

ハミルトン: 何のことを言っているの? サイン会? サイン会はどのグランプリでもやっているよ。すべてのグランプリであるはずだ。昨年からすべてのグランプリでサイン会をやっている。ファンと僕たちが間近で個人的に触れ合う素晴らしい機会だと思う。ここに来るのは数年ぶりだけど、ここには応援してくれる人たちがいるから、彼らと今日会えたことは本当によかったと思っている。ちょっと元気ももらえるしね。到着してすぐに彼らの出迎えがあったから、とてもうれしかったよ。

Q: チームメイト対決の話に戻りますが、攻める側と攻撃する側、どちらの方がいいですか? 別のチームのドライバーと戦う場合と比べてみてください。

マッサ: 状況次第さ。いくつかのコース、例えばモナコでレースをしているのならポジションを守る方が簡単だから、前にいれば楽だと思う。こことか、モンツァのようなコースだと、オーバーテイクされやすいところもある。優れたトップスピードがない時なんかは特にね。前を走っている時の方が気にしなきゃいけないことが多いってだけだ。でも、もしかしたらポジションを失うかもしれないと思うより、後ろにいて誰かをオーバーテイクしようと戦う方がおもしろいとも言える。周りの状況次第だね。

Click to display the full-size image

クビサ: 最大の違いは前にいる、あるいは後ろにいるマシンがどのマシンかってこと。昨年のように、KERSを搭載したマシンが後ろにいたら、防御するのは難しかったし、オーバーテイクされやすかった。その一方で、今年はFダクトがある。いくつかのチームはストレートでかなりのアドバンテージを得ているから、当然、そういうマシンの方がオーバーテイクのチャンスは増えるし、彼らからポジションを守らなきゃいけない立場なら、かなり難しくなる。他の何よりもマシン次第だと僕は思うよ。

ロズベルグ: 前にいようと後ろにいようと同じさ。大切なのは、自分がチームメイトに対して攻撃を仕掛けるときに、そうしても安全だと思えるかどうか、大きなリスクを背負ってないかどうかが重要だ。それに関して僕は特に問題ないよ。

Q: 皆さんにうかがいます。大きなランオフエリアがあるイスタンブールのようなサーキットと、鈴鹿と同じランオフエリアを持つサーキット、どちらがいいですか? よりエキサイティングだと思われるのは。

クビサ: それほど簡単な話じゃないと思うよ。僕はストリートサーキットが大好きだけど、同じように安全性も重要視している。ここカナダでは大クラッシュを経験しているからね。だから、バランスが必要なのは分かるはずだ。FIAやチームのおかげで、F1はずっと安全になったし、そのおかげで今も僕はここにいられるんだと思っている。もし僕が10年前に3年前と同じ衝撃のクラッシュを喫していたら、僕はここにいられなかったかもしれない。だから、そう簡単なことじゃないんだ。ウオールに迫るところをドライブするのは楽しいし、きっと皆もその方がチャレンジングだと同意してくれるだろうけど、コースオフしたとしてもそこにバリアがなければリスクはないわけだから、それはそれでいいことだ。簡単に答えられる話じゃないし、簡単にバランスが取れるものでもないと思っている。サーキットの設計を考えると、FIAはそのバランスを取ろうとしていると思う。

ハミルトン: 僕たちにとってのすべては白線と白線の間の舗装だ。FIAはそういう白線の安全性に関して素晴らしい仕事をしてくれているし、それは僕たちが焦点をあてるべきものではない。僕たちにとって一番重要なのは路面がどれだけ冷えているのか、それが白線の間だ。これまでも言ってきたように、鈴鹿みたいにランオフエリアが少ないコースは好きだけど、鈴鹿はとても危険だと思うから、安全性と危険性の優れたバランスをとらなきゃいけないと思う。

ディ・グラッシ: 僕も同感。チャレンジングなサーキットを作る可能性はあると思うけど、それと同時に安全でなければいけない。どちらか片方だけじゃダメ。安全性のカギとなる大きなランオフエリアが何カ所かにあるとして、同じコースの別のポイントにはそれほど危険じゃなくチャレンジングで、さらにウオールが間近に迫るところもあってほしい。至る所に巨大なランオフエリアを作っていくよりも、その2つのバランスをとっていく可能性もあると思う。

Click to display the full-size image

ロズベルグ: 例えばトルコのターン8を考えてみると、あそこは多くの人がコースオフを喫する場所で、もしあそこが砂地ですぐにウオールがあるような場所なら、週末を通してもっとたくさんのクラッシュがあると思う。特に、間違って砂にはまってしまったら空転とかいろいろあるだろうから、かなり危険なことになると思う。だから、そういうコーナーにアスファルトのランオフエリアを設置するのはいいことだ。

マッサ: ニコと同じく、ターン8について言うと、もし(トルコの)ターン8をモナコに設置した場合、最高だなんて言えないはずだよね。僕はストリートサーキットのドライビングも楽しいし、トルコのようなサーキットをドライブするのも好きだ。別物だからね。でも、ロバートが彼の事故に触れたように、安全性が一番重要なんだ。僕のアクシデントはまったく違うものだったけど、安全なマシンと安全なヘルメットがあるから楽しめるってことが重要。安全性が一番大切なことだと思っているけど、そういう異なる種類のサーキットをドライブするのも楽しいよ。

ハミのコメント的に解釈すると鈴鹿は危険やから改善した方が・・・ってコト?
でも、トルコGPの続・・・右京さんのコメント追記で右京さんが言っている向こう側を見る強いドライバーとの『差』がでるんじゃないか?とも思う。

本当に速いドライバーはすべてを捨てて走るから記憶がない。頭の中は真っ白。普通は心にブレーキをかけているから、集中力を切らさないように走ろうとか、滑った場合の準備をしておこうとか考えているが、選ばれた人間は脳と身体が直結していて、向こう側の世界を知っている。

こういうタイプのドライバーは。。。
たぶん、ライコネン、アロンソ、セブ君、クビちゃん・・・なんじゃないかなぁ・・・
おっと、可夢偉も・・・かな?
f1-2010-can-xp-0033.jpg 
可夢偉髪型変えた?マユゲ変えた???

セブ 
なにを言われても気にしないもん・・・
ってか、なんでF1ドライバーは無精ヒゲ多いんだ?
セブ君はあんまり、容姿にはこだわらないタイプなようで、度々見られますが(笑)
去年のモナコでモデルになったときだって、髪セットされたのが余計と落ち着かなかったみたいだしね(あはは)
f1-2010-can-xp-0016.jpg  
でも、そんなセブ君がおやぢは可愛くってしょうがない(笑)
このセブ君スマイルには癒されるんです★良かった~笑顔で★

Click to display the full-size imageこの人すごい・・・ヘナとかの消えるやつやろ?と思ったが、ホンマに入れてるしビックリや・・・

Happy Birthday第6弾♪

Posted by おやぢ幸栄 on 25.2010 Driver's HappyBirthday!!   0 comments   0 trackback
Tag :Luca-Badoer Ferrari Photo イベント Felope-Massa Michael-Schumacher Kimi-Raikkonen

今日のお誕生日は・・・
フェラーリでテストドラーバーをしていたルカ・バドエルです。
みなさん御存じ、去年マッサの負傷の為シューミーが代役出走予定でしたが、バイクレース時の事故で痛めた首がメディカルチェックに引っ掛かり出走出来なくなり、ルカ・バドエル氏が出走しました。
が・・・全然ダメだったのでたった2戦の出走後はフィジコにバトンタッチとなった訳です。
ある意味、ルカ・バドエル氏とフィジコの代役出走で、ライコネンとマッサくん(特にライコネン)のドライビングを改めて証明された訳です苦笑いorz アップロードファイル

23_1.jpg 

Luca Badoer

ルカ・バドエルFlag of Italy.svg

氏名 ルカ・バドエル

生年月日 1971年1月25日

出身地 イタリア・トレヴィーゾ モンテベルーナ

年齢 39歳

身長 1.71 m

体重 60 kg

チーム Lola, フェラーリ, フォルティ, ミナルディ


レースでは散々でしたが(フリー走行の際ピットレーンでのスピード違反4回で罰金、ピットアウト時に後方車を先に行かせた、ピットレーン出口の白線を踏み、ドライブスルーペナルティ、レース終了後の車両保管所でのスーティルのマシンに追突etc.遅いだけでなく『どんくさっ!』で、良い印象全然なかったのですが・・・
フェラーリのテストドライバーになって12年間、マシン開発には大きく貢献しているとして高い評価を得ているそうです。(その間フェラーリは7回のワールドチャンピオンに輝いた)とさ・・・
 HOME 

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

Mika-Hakkinen Michael-Schumacher BBC-SPORT 鈴鹿 Q&A GPUpdate.net イベント USF1 Fairuz-Fauzy Lewis-Hamilton Ayrton-Senna Lucas-di-Grassi Vitaly-Petrov Virgin-Racing Sebastien-Buemi ESPN-F1 Nico-Hulkenberg Robert-Kubica Sebastian-Bourdais Photo superGT :F1-Gate.com Christian-Horner Sauber 日本GP PlanetF1 McLaren 片山右京 小林可夢偉 Jérôme Flavio-Briatore MERCEDES-GP ESP Kimi-Raikkonen Vitantonio-Liuzzi 佐藤琢磨 oto d'Ambrosio Bild オモシロPhoto Sebstian-Vettel AUTOSPORTweb Race-of-Champions Jaime-Alguersuari Ralf-Schumacher 動画 Felipe-Massa 2011F1GP 雑誌 Bruno-Senna Rubens-Barrichello David-Coulthard HONDA Nick-Heidfeld Giancarlo-Fisichella Sauber Ross-Brawn Luca-Badoer Sergio-Perez Adrian-Newey Romain-Grosjean F1-Gate.com Renault Paul-Di-Resta Narain-Karthikeyan BMW Lotus Motorsport.com F1通信 Vitaly-petrov Fernando-Alonso Timo-Glock Williams F1-Life ステファン PressConference セブパパ Ferrari Jenson-Button F1トップニュース Nelson-Piquet-Jr Hispania 日本GP RedBull Alain-Prost 脇坂寿一 ToroRosso :2010F1GP MercedesGP Keke-Rosberg 中島一貴 Pedro-de-la-Rosa autosport.com Nico-Rosberg Juan-Pablo-Montoya Hispania-Racing Gerhard-Berger 山本左近 Heikki-Kovalainen Adrian-Sutil TOYOTA カンポス 可夢偉Blog Mark-Webber Felope-Massa Jean-Todt Jarno-Trulli Peter-Sauber RALLY-PLUS.NET Seb'sdiary F1通信 WRC Nicole-Scherzinger Jérôme-d'Ambrosio 鈴木亜久里 Force-India 2010F1GP N-F1 OfficialFormula1 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
8位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。