キミ・ライコネン レッドブル
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、キミ・ライコネンはレッドブルの選択肢ではないと主張している。

フェラーリは、2011年も現状のドライバーラインアップを継続することを示唆しており、レッドブルもマーク・ウェバー残留に向けて準備を進めているとされている。

ウェバーの残留は、レッドブルからF1復帰するというキミ・ライコネンのチャンスが絶たれたことを意味する。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルがキミ・ライコネンを検討してはないと語る。

「キミはラリーに打ち込んでいるし、彼はその環境を楽しんでいるようだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「我々はマークの仕事に満足している。変える理由はあるかい?」

「今それについて話し合っているが、非常に単純明快だ。マークはチームにとって重要なメンバーであり、彼はチームのためにドライブすることを楽しんでいる。2人のドライバーのバランスを素晴らしい。それはいつものことだ。それが壊れなければ、変更することはない」