Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round3 中国GP 木曜記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 16.2011 F1 GP 2011   0 comments   0 trackback
Tag :Photo イベント ESPN-F1 2011F1GP Sebstian-Vettel PressConference Michael-Schumacher Vitantonio-Liuzzi Lewis-Hamilton Rubens-Barrichello
上海インターナショナル・サーキット 
中国 上海

  • 回路のタイプ Race上海インターナショナル・サーキット
  • コース全長 5.451kms
  • コーナー数 16
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 200,000
  • 設立年 2004
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
  • Lap Record:1:32.238 - M Schumacher (2004)Ferrari

タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目10:00 - 11:30 (11:00 - 12:30 / 日本時間)
2回目14:00 - 15:30 (15:00 - 16:30/ 日本時間) 

土曜フリー走行 378_medium.jpg
11:00 - 12:00 (12:00 - 13:00 / 日本時間) 
予選
14:00 - 15:00 (15:00 - 16:00 / 日本時間) 


173726.jpg
Q: トニオ、(リウッツィ)、非常に難しいシーズンスタートとなりましたね。いかがですか?115_medium.jpg

ビタントニオ・リウッツィ: まさにその通りだよ。難しい、本当に難しかった。でもそれは最初から分かっていたことだ。すべてが始まるのがあまりにも遅かった。今、新車を作っている段階だから楽なスタートじゃないのは分かっていた。1kmも走らずにオーストラリアへ行き、初めての走行は予選だったと言っていい。そう考えれば悪くない結果だったと思う。去年より前進さ。オーストラリアでは7周走り、ほんの少しだけ理解できた。でもマレーシアはもう少し新車について理解を深めて迎えることができたんだ。そして、より強い結果を残した。もちろんまだまだハードワークが必要だし、チームは必死でプッシュしているよ。すでにここでもいくつかアップグレードが用意されている。トルコでも予定されているから、すべてがもっと良くなるはずだ。チームがもっとプロフェッショナルに仕事をすることができるようになるから、何もかも正しい方向といえるだろう。

Q: 昨年からの新興チームと対等の立場にはなれそうですか?325_medium.jpg

リウッツィ: このレースでは近づけると思う。今後数戦でもっとギャップを縮めてみせるよ。クルマとチームは成長している。すぐに開発がやってくるから、あとは他のチームが今後のレースでどう反応するかだね。最も近いのはヴァージンで、まだギャップがあるけど、努力するよ。ロータスは大きく前進したけど、僕らは今年もっともっと成長するつもりさ。そして2012年のためのいい基盤を築くんだ。

Q: 毎回107%ルールをクリアできると思いますか?382_medium.jpg

リウッツィ: もう問題になることはないはずだよ。オーストラリアでは一度も走ったことがなかったのが問題だった。何を期待すべきか分からなかったんだ。マレーシアでは楽に107%以内に入れたし、それに関してはたぶんマレーシアが一番大変なサーキットだったと思う。すぐに、そして毎レース、クルマを改善する予定だし、それにはもう悩まされたくないな。少しでも早くライバルたちに近づいて、彼らを抜きたいんだから。

Q: ルイス、チームプレビューで興味深いお話がありました――ご存じかどうかは分かりませんが――ジム・クラークを抜き、あなたがF1の歴史上、同一のチームで最も多くのレースに出走したドライバーになったというお話です。少しそれについてお話しいただけますか。036medium.jpg

ルイス・ハミルトン: 僕は今このチームで5年目だと思うけど、ジム・クラークの時代と比べてここ10年はグランプリ数が増えているから、レース数で超えたのかもね。僕の方が多いのかどうか、正確なところは知らないよ。一貫した結果を残せたことや、素晴らしいチームでいい記録を残せたこと、それがこれからも続くというのはすごくうれしいよ。

Q: あなたは忠誠心というものをとても重視されていますね?173724.jpg

ハミルトン: うん、僕の家族、特に父からそれをすごく大事にするよう育てられたんだ。幼い頃からとても大事なことだと感じていた。忠誠心は人生で人と関係する上で大事なポイントだけど、それが決め手というわけじゃない。でも周りの人たちとはできるだけ長くいい関係を保つように努力するべきだよね。

Q: 明日はマレーシアで試したアップデートをもう一度使うと聞いています。どんなことを期待していますか?s4_1CAX9WCUN.jpg

ハミルトン: 特にこれといって明日に期待してはいないよ。ここではクルマや気温がもっと合っているはずだから、先週末よりも良くなるとは思うけど。アップグレードは確かに前回のレースで届いたものだ。でもあまり効果がなかったから、ここでもう一度機能するかどうか試してみるだけさ。ポテンシャルは十分あるはずだからね。でも最後まで終わらせることができるかどうか、果たして機能するかどうかは誰にも分からないよ。もちろん努力はするけどね。

Q: あなたとジェンソン・バトンのお二人は、先週のグランプリで時にレッドブルより速いタイムを刻んでいました。今週もそれを持ち越せそうですか? 一貫して彼らより速く走れますか? もちろん、彼らがさらに改善するかどうかにもかかってきますけれども。036_medium.jpg

ハミルトン: その点は大きいと思うよ。僕の推測だけど、前のレースではクルマを冷やす必要があったから、彼らはだいぶタイムロスしていたんじゃないかな。KERS(運動エネルギー回生システム)が良かったかどうか、あるいはKERS自体持っていたのかどうかは分からないけど。いい勝負だったけど、今週末は勢いを取り戻してくるだろうし、この前のレースよりもっとペースアップするかもしれない。前回ほど僕らが彼らに迫れるかどうかは走ってみなければ分からないよ。レースペースは彼らのものと似通っていると思う。ただ予選では彼らの方にアドバンテージがある場合が多い。

Q: ルーベンス、あなたのシーズンスタートはやや期待外れでしたね。あなたほどの経験豊富なドライバーでもやはり影響を受けますか?  s4_1CATJCW0F.jpg

ルーベンス・バリチェロ: 経験にかかわらず、どんなドライバーでも影響を受けると思うよ。僕らが望んだ夢のような1年のスタートじゃなかった。それでも常に一生懸命働いているし、クルマを良くしようとしている。オーストラリアでは僕のミスによって予選の途中で脱落してしまい、レースは順調に進んでいたけど、トラブルが再発してしまった。マレーシアでは単純に力不足だった。クルマはコンペティティブじゃなく、苦しんだ。ここではもっと良くなるはずだよ。新しいパーツがあるし、新しいものもあるし、ずっとずっと明るい週末を期待している。l__q0c8383-1.jpg

Q: ご自身でチームの位置をどのあたりとお考えですか? レベル的にどうでしょう。

バリチェロ: どっちの意味で?

Q: 予選に関してでしょうか。レースはまだ完走されていませんよね? s2_8665.jpg

バリチェロ: 開幕戦は予選トップ10に入れたと思う。2戦目は15番手で、それが最善を尽くした結果だ。ここではどうだろう。クルマの様子を見るしかないね。何の変更もなければトップ12という感じかな。変更を考慮すればトップ6を望めると思う。

Q: あなたは初代中国GPのウイナーです。どんな思い出がありますか? 特に表彰台でのことは? 176_medium_20110416042612.jpg

バリチェロ: ハハッ。ミスター・(ルカ・ディ)モンテゼモーロとシャンパンファイトしたよ。楽しかったね。いいイベントだった。あの年はフロントタイヤに問題を抱えていたんだけど、いったんそのフェーズを過ぎるとすごくハードにプッシュすることができたんだ。週末ずっとそういう状態で、僕は安定した走りでレースに勝つことができた――最高だったよ。

Q: セバスチャン、ここでは過去2年ポールを取り、2009年には優勝しています。今年はここまで2連勝ですが、現時点であなたが主役になると思いますか?173725.jpg

セバスチャン・ベッテル: どうだろうね。ここまでのレースを終えた気分はいいし、特に先週はうれしかった。この感覚をできるだけ長引かせたいと思うけど、ここへ来たらもう一度集中しないとね。アプローチはほかのレースとほとんど同じさ。厳しい週末になるだろう。これまでの2回のイベントで、天気が重要な役目を果たすって分かったから、ここでも注目だよ。

Q: マレーシアでクリスチャン・ホーナーは、タイヤの問題に集中するとおっしゃっていました。それはここでも続きそうですか?172_medium.jpg

ベッテル: うん、そう思う。ここでも状況は同じ。タイヤがどんな反応を示すかは明日になれば分かる。メルボルンとマレーシアは全く違っていた。ここではマレーシアと似たような状況になる可能性もあるけど、確認してみなければ分からない。コースが違うんだからね。コースコンディションは異なる。ここはもっと涼しいし、湿度も低い。だからタイヤが一番重要になると思う。今年は常にそうだったし、新しいタイヤで日曜日にこなすピットストップの回数が重要になる。明日になればもっと多くの答えが出るはずだ。

Q: ライバルのマクラーレンとフェラーリに対する警戒度は?239_medium.jpg

ベッテル: もちろん警戒しているし、メルセデスGPに対しても同じだよ。まだ今年は2レースしかしていないけど、先頭を走れたのはすごく幸運だった。マクラーレンは激しく攻めてきている。彼らはメルボルンですごく強い印象を与えた。テストでのポジションがあったから、真のペースを読むのが難しかったんだ。フェラーリもテストではすごく速かったし、メルセデスGPも最後の方はそうだった。まだたったの2戦しか終わっていない。去年、ほんの数レースでどれだけ状況が変わるか見たよね。コースによってはクルマに合っているところもあるし、やってみないと分からない。結局のところ、他人のことはそんなに気にしないのが一番さ。自分たちのことに集中して、自分にできるベストの仕事をするだけ。それでまた先頭を走るチャンスが来ることを願うんだ。

Q: マイケル(シューマッハ)、あなたもここのウイナーですね。6番グリッドという最も低い位置からの勝者です。あなたにとって最後の表彰台でもありました。今シーズンは期待外れのスタートでしたね。マレーシアではポイントを獲得されましたが、それには同意していただけるのでは?217_medium_20110416042101.jpg

ミハエル・シューマッハ: だね、同意せざるを得ない。

Q: 落胆の度合いは?

シューマッハ: まあ、もっと別の期待をしていたのは当然だし、明らかだろう。なぜ特定のパフォーマンスを発揮できなかったのか、理由は説明済みだ。それが今現在の僕らの位置さ。でも期待通りに物事が運ばないのは僕にとってF1で初めてのことじゃない。現状を現状として受け止め、問題を振り払うには前に進むしかない。今僕らがしようとしていることさ。 220_medium_20110416042100.jpg

Q: マレーシア後、マシンの大がかりな解剖が行われるということでしたね。それは実施されたのですか? 判明したことは? ポジティブな結果は出たのでしょうか?

シューマッハ: クルマについてはより良く理解することができた。当然、マレーシアと中国の間にはごく短い時間しかないから、このイベントではメジャーアップグレードはない。でもほかのイベントでは用意する。実際のところはいかにクルマを理解し、本来の、そして完全なポテンシャルを引き出すかという問題なんだ。これまで見せたよりも本当はもっとポテンシャルがあるんだ。ただそれを利用するヒントがまだ見つかっていないだけ。 304_medium_20110416042100.jpg

Q: 特に力を入れている部分はありますか? 空力? タイヤ? やはりタイヤでしょうかね。

シューマッハ: F1というのは特定の1つのエリアじゃないんだ。ありとあらゆる詳細に常に注意を払わなければいけない。確かに多少重要性の低いエリアというのもあるけど、僕らはすべての細かい点まで気を配り、それらをかみ合わせようとする。

Q: まだ進行中ということですね?234_medium_20110416042100.jpg

シューマッハ: 残念ながらそういうことになるね。だけど、タフになるほど状況がタフに、いや、状況がタフに・・・あれ?

Q: 言いたいことは分かるような気がします。

シューマッハ: そう、そうなんだ。分かってくれるよね。

Q: もうちょっとのところでしたよ。

シューマッハ: 状況がタフになるほど、タフなものの出番だ。よし、今度は言えたぞ。


セブ君笑顔だったのに。。。
173721.jpg
 257_medium_20110416041749.jpg 339_medium.jpg 373_medium.jpg 376_medium.jpg
珍しいんですけどこういう表情するの。。。
149_medium_20110416042100.jpg
最近シューの変顔良く見かけるなぁ。。。

173711.jpg


 195_medium.jpg
二人は仲良し★

スポンサーサイト

Round13 ベルギーGP 木曜記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 27.2010 F1 GP 2010   0 comments   1 trackback
Tag :2010F1GP PressConference Sebstian-Vettel Photo ESPN-F1 Rubens-Barrichello イベント
スパ・フランコルシャン・サーキット 


ベルギー・スパ

スパ・フランコルシャン・サーキット
  • 回路のタイプ Road
  • コース全長 7.004kms
  • コーナー数 19
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 90,000
  • 設立年 1920
 タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目10:00 - 11:30 (17:00 - 18:30/ 日本時間)
2回目14:00 - 15:30 (21:00 - 22:30/ 日本時間)

土曜フリー走行
11:00 - 12:00 (18:0019:00/ 日本時間)
予選
14:00 - 15:00 (21:00- 22:00 / 日本時間) 

日曜決勝
14:00  (21:00 / 日本時間)  
 


長い夏休み明けのプレカンにセブ君が登場♪ 160732.jpg


Q: 紳士の皆さん、まずは夏休みをどのように過ごしていたのか教えていただけますか? ペドロ(デ・ラ・ロサ)、あなたはご家族と過ごされたのでしょうか? f1-2010-bel-xp-0080.jpg

ペドロ・デ・ラ・ロサ: ああ、すごくいい休みになったよ。ずっと家族と一緒だったんだ。休日には僕たちにとっては恒例となるマジョルカ島に行ったよ。最高の時間を過ごせた。サイクリングたくさんやったんだけど、自分のセンスのなさに気づいてしまったね。でも、すごくいい休みだった。

セバスチャン・ブエミ: みんな同じだと思うよ。僕はスイスで家族と数日過ごし、それからモナコに行った。あと体力テストのためにザルツブルグに1週間ほど滞在し、シーズン中盤における僕らの状態をチェックしたんだ。すごくいい休みになったし、いいリラックスができた。Lewis-Hamilton_2494725.jpg

ルイス・ハミルトン: 僕はハンガリーからアメリカに直行して友人やガールフレンドと休暇を過ごしたんだ。いいトレーニングもできたし、たくさんの太陽を浴びておいしいものも食べることができたよ。

f1-2010-bel-xp-0073.jpg ミハエル・シューマッハ: 家族と家で過ごした。ただ楽にしてたんだ。

Q: 他にはありませんか? いろいろなものに乗ったりとか?

シューマッハ: いや、ずっと家にいたよ。

Q: セバスチャン(ベッテル)はどうですか?f1-2010-bel-xp-0064.jpg 

セバスチャン・ベッテル: 多くのドライバーたちと同じように、休みの序盤に少し休暇を取ってから、できる限り早く戻ってリズムある生活をしようとしたんだ。たくさんトレーニングしたよ。中央ヨーロッパの天候は常によかったわけじゃないけど、いつもどおりさ。それから、ここでレースに戻るために準備したよ。

Q: ペドロ、ザウバーが実施した改善を維持できそうですか?f1-2010-bel-xp-0078.jpg

デ・ラ・ロサ: そう願うね。バレンシア市街地(ヨーロッパGP)と比べて、かなりたくさんの変更を実施したんだ。すでにバレンシアに持ち込んだものもあるし、それから投入したものもある。シルバーストーンのような高速サーキットだけでなく、低速コーナーがある低速サーキットでも競争力を手にできた。ハンガリーは僕らにとって最も弱点が強調されるサーキットだったんだ。すべての変更が機能していたことを知れてよかったし、適切なポジションに到達しようとしているよ。これからは、競争力を発揮できる範囲を広げることがとても重要だね。

160739.jpg Q: すでに推測されていたとはいえ、このサーキットでは直線で少し苦しみそうですね?

デ・ラ・ロサ: ああ、改善するためにやるべきことはまだあるよ。誤解しないでくれ。僕たちの競争力は改善されたけど、いくつかの部分ではまだ遅れているんだ。そのうちの1つがトップスピードってこと。このサーキットには2つ(セクター1とセクター3)のセクターがあるけど、ここではトップスピードへの依存度が高い。セクター2は僕らにとっていい場所になりそうだけどね。

Q: セバスチャン、夏休み中には自己分析を行われたのではないかと思います。シーズンここまでの活動を確認されたことでしょう。残りのシーズンに向けて何か変更するべき点はありますか?160734.jpg

ブエミ: もちろん(夏休み前は)2週連続でレースだったわけだから、何がよくて何が悪かったかと十分に分析するのは難しかった。だから僕はファエンツァで1日か2日ほど過ごし、注意深く確認したんだ。特に予選に置いてはもう少し改善する必要があると理解している。ニュータイヤを履いた時のペースが足りないようだ。金曜日と土曜日には、マシンに投入された改善を確認するよ。Q3に近づくことができれば、レースに対してもかなり役立つだろう。

Q: ファクトリーからは、今後も多くの開発が持ち込まれるのですか? 他のチームと比べると、あまり多くない印象なのですが。f1-2010-bel-xp-0082.jpg

ブエミ: ああ、昨年と今年は大きな違いがあるね。(レッドブル・テクノロジー社製のマシンを使っていた昨年とは違い)今年はすべて自分たちの手で行わなければならないから、うまく機能させるには少し時間がかかるんだ。今後はFダクトとブロウンディフューザーを持ち込む予定だけど、それがいつになるかという予定は立っていない。でも、いずれ投入されるっていうのが重要なんだ。今のマシンでベストを尽くす必要があるし、新しいパーツが投入されたらそれから最高の結果を出したい。それには時間がかかるけど、チームはすべてをうまくやれるだろうってわかっているし、それが大切なことなんだ。 160732.jpg

Q: ルイス(ハミルトン)、マーティン・ウィットマーシュ(マクラーレンのチーム代表)が興味深いコメントをしていますね。彼は、マシンにはまだ発揮できていないパフォーマンスがたくさんあると語っています。あなたも同様の考えですか?l__q0c9284-1.jpg

ハミルトン: いつも僕は、訪れるサーキットで金曜日と土曜日を過ごした後に「このマシンはこのサーキットにおいて、ここ数年で最高の感触だった。でも、ライバルと比べると十分に速くはないんだ」って言っているよね。でも、今のところ僕らが用いることができないダウンフォースがあると信じているから、これからもハードワークする必要がある。チームはいつもどおりに全力で働いてくれているんだ。僕もすべてに挑戦して、何が起きているのかすべてを近いところで見守って注意深くなければいけないね。

Q: あなたたちのマシンには十分にダウンフォースが足りないために、このサーキットにマシンが合うと感じておられるでしょうか? このサーキットではダウンフォースはそこまで重要ではないでしょうから。f1-2010-bel-xp-0076.jpg

ハミルトン: いや、このサーキットでもそれ(ダウンフォース)は必要さ。高速コーナーがたくさんあるから、直線のことも考えて効率のいいダウンフォースが必要になる。だけど、ハンガリーよりは少しいいかなって思っているよ。明日マシンに乗り込むのが楽しみだ。今はあまりいい感じじゃないけど、天候が僕らにとって適切なものになって欲しいね。

f1-2010-bel-xp-0072.jpg Q: ミハエル(シューマッハ)、今週末はペナルティを受けることになっていますが、このサーキットはミハエル・シューマッハの歴史を語る上で重要なサーキットでしょうね?

シューマッハ: ああ、そのとおりさ。このサーキットのことはよくリビングルームって呼んだものだし、過去には最高の思い出がたくさんあるから、今後もそうなることを期待している。今週末の天候は複雑なものだね。僕は10グリッド降格処分を受けるけど、それによってさらに特別でエキサイティングなものになる。複雑な天候では助けになるかもしれないんだ。ここは大好きなサーキットの1つで特別な興奮を得られるから、マシンの作業を行って可能な限りの結果を得たい。

Q: チームはすでに2011年に向けて集中し始めているとのことですが、残りのシーズンに対する期待はどうですか?f1-2010-bel-xp-0061.jpg

シューマッハ: 僕たちはマシンが持っている強みをどこで使えるのか見てみる必要があるだろうけど、それは少し難しそうだ。何かを見つけて、チャンスを拡大しなければならないからね。普通であれば可能な限りたくさんのポイントを手に仕様として、コンストラクターズ選手権の順位をできるだけ守ろうとするものさ。それこそ僕たちの目標であり、これを達成するために作業を継続するよ。だけど、集中しているのは来年のマシンさ。

f1-2010-bel-xp-0060.jpg Q:バランスの問題ということですね?

シューマッハ: ああ、そうだね。だけど、みんなにとってもそうなんだ。人によっては、この戦略をライバルよりも早めに決定しただろうから。

Q: セバスチャン、このサーキットにおけるレッドブルの技術的挑戦について教えてください。このサーキットでは24秒間もスロットルを全開にしますが、あなたのマシンにおけるエンジンの問題とセクター2にある高速コーナーはどのようにバランスを取るのでしょう? 

f1-2010-bel-xp-0063.jpgベッテル: あなたも言うように、ここにはフルスロットルで走る長い区間がある。たくさんの直線があるわけだけど、ドライバーからしてみたら、そこでできることは多くないんだ。昨年のレースを振り返ってみると、僕らはセクター2で速かった。セクター1とセクター3のすべてのコーナーでは、僕らは負けていたよ。今年はいろいろな種類のコーナーで優れたマシンになっているし、昨年は少し遅かった低速コーナーもよくなっている。確実に前進できているから、このサーキットでも力強いだろうし、直線でも同様だ。もちろん、ここはハンガリーではないんだけどね。たくさんの直線があるから、どうなるか様子見ってところ。でも、適切なバランスが得られるはずさ。どうなるかはわからないけど、僕たちはポジティブだし楽観的だよ。 f1-2010-bel-xp-0059.jpg  

Q: ミハエルによればメルセデスGPは2011年の開発に力を入れているようですが、他のライバルもいずれそうなるでしょう。チャンピオンシップ首位のチームとして、どのように考えていますか?

ベッテル: チャンピオンシップを制する位置にいるのであれば、それに集中するべきさ。だけど、僕たちも来年に向けた作業を行っているよ。来年のマシンも少し変化するから、早くから対応しなければならないし、序盤戦から十分な速さを得られるようにする必要がある。だけど、僕らの場合はライバルチームと比べて異なった状況にあるんだ。今年はすごくいい位置につけているし、目標はレースに勝つこととワールドチャンピオンシップを手にすること。すごくいいポジションにいるから、それが最も集中しているポイントだよ。


Q: 他の2、3チームがあなたたちをプッシュし続けられると思いますか?f1-2010-bel-xp-0070.jpg

  ベッテル: もちろん。おそらくヴァージンは来年に集中しているだろうけど、まだ公平なチャンスを有しているチーム、つまりフェラーリやマクラーレンは、僕らと同じように最後までプッシュするだろう。だから、僕たちはすごく似た状況にあるってことだ。僕たちはすごくタイトな位置にいるってこと。今年からポイントシステムは変わっているから、10、20、30ポイントという大きな差であっても、ないようなものなんだ。例えばフェルナンド(アロンソ/フェラーリ)については、多くの人がタイトル争いから脱落したと考えていたけど、復活してきたからね。このことは、いかに事態が速く変わっていくかを表している。最後までプッシュし続ける必要があるんだ。

f1-2010-bel-xp-0057.jpg Q: マイケル(ミハエル・シューマッハ)、先ほどルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)と話してきました。今日、ハンガリーGP中の一件を謝罪するテキストメッセージを送られたそうですね。この件について、今週末中に個人的に彼と話す予定はありますか?160740.jpg

ミハエル・シューマッハ: ルーベンス(バリチェロ)と話すのに問題は何もないよ。ただ、僕がテキストを送った理由は2つある。ひとつは今回が彼の300戦目だから。僕たちは一緒にやってきた歴史があるから、彼を祝い、その件をはっきりさせるのに適切だと考えた。彼は僕が彼をウオールに押しやりたかったと考えていたようだけど、そうじゃない。接戦のレースをしたかったのは確かだけど、ウオールとの接触を望んでいたわけじゃないから、それをはっきりさせたかった。彼がそう感じていたのなら、謝らなきゃと思ったんだ。

Q: マイケル、今週末のレースからシーズンの第三幕が開けます。タイトルを獲得するチャンスがあるドライバーは数名いますが、現在ランキング3位につけているセバスチャン(ベッテル)が最終的にトップに立つチャンスはあると思われますか? もしそうなら、その理由は何ですか?160735.jpg

シューマッハ: 理由は簡単だと思うよ。彼のマシンはとてもコンペティティブでとても強そうだからね。今年は何度か不運もあったから、彼がこの先いかに一貫してパフォーマンスを改善し、ポイントを手にしていくかは彼次第だ。確かに彼はチャンピオンシップを戦う上でとてもいいポジションにいるけど、前にも言った通り、戦いは接近している。開発やちょっとした運とか、いろんなことが関係してくるけれど結局は自分次第なんだ。彼はすでに不運も経験しているから、残りのシーズンでは運が彼の味方をしてくれるよう願おう。

Q: セバスチャン(ベッテル)、ご自身のマシンパフォーマンスを考えると、実際はもう少しポイントを獲得していてしかるべきかと思います。残りのシーズンで重要なポイントを取りこぼさないよう、個人的に、またチームとして取り組み方を変えられる予定はありますか?f1-2010-bel-xp-0069.jpg

セバスチャン・ベッテル: そうだね、僕ももっとポイントを獲得しているべきだと思う。英語で言うと意味があるのかどうか分からないけど、僕の生まれたところ(ドイツ)では"くだらないことをしなければ獲物は捕まえられる"という意味のことわざがあるんだ。基本的には"タラレバ"の話さ。すべて問題ないけど、結局はスコアボードに何点刻めたか、それ次第だ。とても接戦だと思っている。確かにマーク(ウェバー)がチャンピオンシップをリードしているけど、僕は10点しか離されていない。コンストラクターズ(選手権)はトップだ。うん、僕たちはもっとポイントを取っているべきだと議論することはできるだろうけど、それでも他のチームも他のドライバーだって同じことで、彼らだって現実以上にポイントを取れていたはず。だから、要するに今の自分は自分でしかなくて、今のポジションが自分たちのポジションなのさ。ある意味、チャンピオンシップはここでゼロから始まるようなもので、すべてのレースに集中していかなきゃいけない。あと20戦とか15戦くらいあるのなら、もう少しチャンスはあるだろうし、ミスが許される余地もあるかもしれないけど、残り7戦しかないから1点1点がより重要になってくる。

Spa-circuit-Thursday-press-conference_2494749.jpg Q: 皆さんに質問です。今回はスパが舞台ですが、F1カレンダーの中で一番気に入っているコーナーはどこですか?f1-2010-bel-xp-0077.jpg

ペドロ・デ・ラ・ロサ: 正直、お気に入りというのはないな。全部いいから。一番難しくてチャレンジングという意味で僕にとって最高のコーナーは、このスパのプーオンかな。ものすごく最高の気分なんだ。とにかく超高速。ブレーキは踏まない。ただマシンを転がす。そんな感じかな。少なくとも今年はね。僕にとってはそれが本当にチャレンジングなコーナーで、とてもとても難しい。ファンタスティック。

セバスチャン・ブエミ: ペドロ(デ・ラ・ロサ)が言ったコーナーは僕もそう思う。プーオンはいいコーナーだ。でも、オー・ルージュやラディオンもスペシャルだよ。あれだけ速く丘を上っていく時にこんな風な気持ちになるところは(他に)ない。だから、ひとつを選ばなきゃいけないとすれば、そこかな。f1-2010-bel-xp-0062.jpg

ルイス・ハミルトン: かなり難しいな・・・ペドロが言ったように、特にこれといってお気に入りはないんだ。どれかを選ぶなんて難し過ぎるよ。すべてのコースマップを広げてみれば、いくつか好きなところを選べるかもしれないけど、彼と同じく、パッと思いつくとすればプーオンかな。f1-2010-bel-xp-0081.jpg

  シューマッハ: オー・ルージュが出てくるのは当然として、実際、何年か前――数年――はスリリングだったけど、現代のマシンはマシンがかなり改善されているから、だいぶ簡単になったのは間違いない。違うコースにはなったけど、それでもスパは素晴らしい興奮をもたらしてくれるし、どれかひとつのコーナーだけじゃなく、第1セクターはすべてまとめて最高だよ。僕が大好きなところはそこかな。f1-2010-bel-xp-0068.jpg

ベッテル: 僕はF1に存在する最悪のコーナーなら全部好きと言える。だってそうすれば最高のコーナーはポジティブな気持ちやいい感触が得られるからね。たったひとつのコーナーを名指しするのは難しい。このスパとか、高速コーナーがある他のサーキットを挙げる人が多いだろうけど。基本的にはマシンやドライバーがギリギリの状態になるコーナーが一番楽しめると思うよ。僕たち皆、速いのが好きだから、ここみたいに高速コーナーが多いところから選ばれるだろうし、きっと全員が好きだと思う。僕も特に好きだよ。

プレカン1 

Q: 皆さんにうかがいます。スパは特別なコースで、いつもここでは何かしら違ったことが起こります。いい悪いはどちらでも構いませんが、このコースに何か特別な思い出はありますか?160730.jpg

デ・ラ・ロサ: そうだね、僕はここで4回しかレースをしたことがないし、スパのスペシャリストってわけじゃないから、とりわけいい思い出も悪い思い出もないよ。走るのはとても素晴らしいコースだけど、予選10番手だった2001年は(レースで)アクシデントが起きた。自分は1ストップ戦略を採ったけど皆は2回(のストップ)で、セーフティカーが導入されて赤旗が振られたことで僕のレースは台無しになった。戦略的には赤旗に1ストップ戦略というのはダメだったと思うけど、本当ならうまくいくはずだったんだ。そうはならなかったけど、このコースはずっと好きだよ。僕はここのスペシャリストじゃないけど、今年は記憶に残るようなレースになることを願おう。

ブエミ: F1でここを走るのは今回が2回目だから、思い出っていうのは多くないけど、下位カテゴリーでは何度か優勝したことがある。それはいい思い出だよ。それに昨年はF1で初めて走ったから、ちょっと特別だったな。だって、GP2や他のカテゴリーじゃ味わえない特別なものがあるから、昨年もいい思い出のひとつさ。今年はポイントを獲得していいレースにしたいな。160741.jpg

ハミルトン: 僕はフォーミュラ・ルノー時代にここで何度かいいレースをしたことがあるし、F3でも2005年に当時チームメイトだったエイドリアン・スーティル(現フォース・インディア)といいレースを戦った。ウエットでオー・ルージュを駆け抜けるのはちょっとすごいよね。F1でも結果にかかわらず、2008年は最高の思い出と言える。最高のレースだったと思うし、とても楽しかったのは間違いない。f1-2010-bel-xp-0075.jpg

シューマッハ: うん、僕は1995年がいい思い出かな。たぶん今週末も同じようなポジションにいるだろうね。この状況で、あの年の思い出を持ってスパに来られたのはいいこと。楽しみだ。
(訳注:シューマッハは1995年ベルギーGPで予選16番手から優勝した)

ベッテル: 2006年にここで指を骨折したんだ。ワールド・シリーズ(バイ・ルノー)でクラッシュしちゃって、初めてここのメディカルセンターに行った。そうしたら救急車に乗せられて病院に搬送されたんだ。あんまりいい経験じゃないよ。もう二度とごめんだ。でも、それも経験。別に足をケガしたわけじゃないのに車椅子に乗せられて、おばあちゃんが着るような変な服を着せられて・・・。f1-2010-bel-xp-0074.jpg

シューマッハ: 写真は?

プレカン4 ベッテル: 写真はないよ。うん、そういう経験は忘れられないものでしょ。その時の救急車のドライバーはもしかしたら僕たち皆以上にクレイジーだったかもしれない。それから、2年前の2008年は確かレースの最後に小雨が降って混乱のフィニッシュになったんだよね。たった1周のうちに4番手から8番手、また4番手とポジションが変わった。かなりスペシャルだった。ここは1周がかなり長いし、いろんなことが起こり得る。こういうことがあるんだと思っていなきゃいけない。でも、いろいろ起こるのは素晴らしいサーキットさ。

Q: ルイス(ハミルトン)、ホッケンハイムとハンガロリンクの2戦ではレッドブルとフェラーリが同じレベルで、マクラーレンがまずまずのギャップで後ろにつけていましたが、ファクトリーが閉鎖されていたことを考えると、ここからチャンピオンシップが新たに始まると思われますか?160736.jpg

ハミルトン: すぐに何か変わるとは思わない。確かに、(ファクトリーは)閉鎖していたから、僕たちのマシンは前回のレースとほとんど同じ状態だと思う。金曜日と土曜日はタイムを縮めてダウンフォースを得るために理解を深められるよう情報を集める必要があるけど、それをしながらいろいろとテストしなきゃいけないし、それができるのはいいことだ。それができて初めて本当の前進を遂げられる。リスタートだとは思わない。継続されているものだから。ここにいるドライバーたちは本当に速い。特にレッドブル勢が速いから、彼らに引き離されないよう、やれることはすべてやらなきゃいけない。f1-2010-bel-xp-0057.jpg

Q: セバスチャン(ベッテル)、明日はチームメイトに何をプレゼントしますか? 彼の34歳の誕生日です。

ベッテル: 彼の誕生日だとは知らなかったから、何も持ってきてないんだ。どうだろうね。何か見つけなきゃ。ホテルには無料のシャンプーとかがついているでしょ、それが最終手段かな。もちろん、彼には秘密だよ。

ESPN-F1引用

 みんな良い顔しています♪
ブエミの単独写真が1枚も見つからんかったけど・・・

Michael-Schumacher_2494724.jpg
f1-2010-bel-xp-0079.jpg 
他の写真は追記に☆


Happy Birthday 第15弾♪

Posted by おやぢ幸栄 on 25.2010 Driver's HappyBirthday!!   0 comments   1 trackback
Tag :Rubens-Barrichello イベント Photo Williams
またまたスッカリ忘れてしまっていた
23日のお誕生日・・・

ルーベンス・バリチェロ  ブラジルの旗Rubens Barrichello driver portrait

氏名 ルーベンス・ゴンサルベス・バリチェロ
生年月日 1972年5月23日
出身地 ブラジル・サンパウロ
年齢 38歳
身長 1.72 m
体重 77 kg
現所属チーム ウィリアムズ
過去の在籍チーム Honda, Jordan, スチュワート, フェラーリ, ブラウンGP
 

髪の薄いドライバー№1の長老バリチェロ・・・(笑)
いや、去年は『長老』と呼べたけど、今年は最年長じゃないもんね失礼しました
雨に強いバリチェロは20歳のF1デビューから18年。ベテラン中のベテランです。
愛嬌たっぷりのバリチェロですが、フェラーリ時代には苦い経験をしているようで、去年のブラウンGPでも、そのトラウマのせいか、悲観的になってたところもありますが、今シューが復帰し、同じトラックにいることを、どう感じているのだろう・・・

は、良いとして・・・
誕生日をスッカリ忘れていたため、写真がアップされてるTwitterを「あぁ休暇を家族と楽しんでるのね」と、少々スルーしていたんだけど、お誕生日を祝ってもらってたのね
nao tem preço... on Twitpic雰囲気的にお父様のお誕生日のお祝いだとは思わなかった(笑) O tão sonhado brigadeiro.Comi só 1...ah taaaa on Twitpic
子供ちゃん達の演出なんでしょうかね(ホノボノ)

どうやら、名前をカップチョコ?を置いて書いてあるっぽい。
素敵な演出~

何気にちゃんとウイリアムズのTシャツ着て『宣伝』してます(笑)
普段着でチームウェア着てるドライバーいないよね?


Os aniversariantes...hora da pizza/pizza's time on Twitpic

ちなみにバリチェロパパ。
何かで読んだけど、パパともウリフタツだけど、血が濃い一族だから、妹さん?お姉さん?も、ウリフタツだそう・・・

髪の量も?????かしら???

ライコネンの残したもの・・・

Posted by おやぢ幸栄 on 30.2010 Kimi Raikkonen   0 comments   0 trackback
Tag :Kimi-Raikkonen OfficialFormula1 F1通信 オモシロPhoto 雑誌 佐藤琢磨 Michael-Schumacher Rubens-Barrichello Juan-Pablo-Montoya

昨日、やっと本屋さんへ行ける時間ができ・・・

F1雑誌とラリーの雑誌を購入。

ネットでこんだけチェックしてりゃぁ要らないかっと思いがちだけど、やっぱり見ると欲しくなる(笑)

ラリーの本は初心者用にDVDが毎回ついてくるの。ライコネンのコーナーもあり~のだから是非買い続けたい★

んで、F1速報さんのフロムザパドックのコーナーはドライバーの写真にコメント付けてあるのが面白い(笑)

マユゲも載ってるし(笑)

んで、ドライバーのフォトセッションの御様子を、お立ち台滞在時間でサービス度をだしてあったんだけど、そこに・・・

 


『FIAから“サービス徹底令”発端となったのはライコネン』と題し・・・

 

数年前、ライコネンがほんのわずかな時間で会場を立ち去ったことに、カメラマン達が大ブーイングして、数時間後にライコネンに『やり直し』のお達しが下ったそう・・・

そんなこんなで現在、フォトセッションも記者会見同様に「遺漏なきよう努めること」とFIAで義務付けているそうです。

 


ライコネンらしいと言うかなんと言うか・・・

 

 


キミ・ライコネン:栄誉の殿堂The Official Formula 1 Websiteに掲載されているものの翻訳されたもの(F1通信)
にでも、

それでも彼の私生活では、ポーカーフェイスをした謎のアイスマンが見事な溶けっぷりを見せることがあった。「酔っ払ったエース・ドライバーのキミ・ライコネン、ラップダンス・クラブで自らの変速レバーを披露」という見出しが英国のタブロイド紙を飾った。スペインのマスコミは、ウォッカ好きのフライング・フィンが空気で膨らませるイルカを抱いてバーの外で熟睡していたと嬉しそうに報じた。モナコでは、彼がヨットのアッパーデッキでふらついて、頭から下段に落ちる姿が撮影された。

自由奔放なスピード狂は「私生活で何をしようと、走りが遅くなることはない」と主張する。

なんて書かれてたりするくらいのマイペース人間だったんだけど・・・
ラリーの場ではフレンドリーだとか・・・
そうそう、雪かきシーンをココにもアップしましたが、付録のDVDにもキッチリ雪かきシーンや、観戦者に助けられる場面がありました★
久々にライコネンの珍話が出たので・・・
ライコネンとの情事をイタリア女優が告白
キミ・ライコネン、母国で酔ってカラオケを熱唱
キミ・ライコネンこんなのも撮られてます

キミはお酒が好きなのは有名な話だけど、前にYouTubeでキミの若い頃の呑んだくれ風景を見つけたことあったけど・・・

好きだけど弱いのかなぁ?

『ゲロゲロ』シーンまで載せられてたし・・・

まさに呑んだくれでした(・・;)キミ・ライコネン

コレは一見ミカ・ハッキネンに見えますが・・・

お兄ちゃんのラミさんです。

呑んだくれシーンでも、こんなご様子でした(笑)

 

 

 

 

 

F1通信さんの2007年の記事に

F1ドライバー面白写真集が掲載されてますが、おやぢが「オモロッ」と思ったのを・・・ファン・パブロ・モントーヤ

モントーヤ奥様におねだり???





ジェンソン・バトンと佐藤琢磨

琢磨の足元に注目

ルーベンス・バリチェロとミハエル・シューマッハ

こんなシューも珍しい・・・バリチェロと

ヘレス テスト4日間終了

Posted by おやぢ幸栄 on 14.2010 F1 Test 2010   0 comments   0 trackback
Tag :Lewis-Hamilton Jaime-Alguersuari 小林可夢偉 Felipe-Massa Fernando-Alonso Rubens-Barrichello 2010F1GP
ヘレステスト 1-4

天候に恵まれずの4日間だったようですが、マシントラブルもありながらも各チーム手ごたえのあるテストだったようです。
そしてシューミーも主要チームは4チームと語っていました。
ザウバー・ルノーも興味深いとも。

ただ、みんな現段階ではまだどこが速いだの語るのは時期尚早と同じコメントが多かった。
まぁそりゃまだ早いわね。。。

4日間での全体のトップタイムはハミルトンでした。
次にアルグエルスアリ、そして可夢偉でした!
が、平均約78周の中、沢山走ったのはマッサ君が232周、そしてアロンソが217周、次がバリチェロの210周
グロックはたった16周。。。
なので、やっぱりまだ時期尚早でしょう・・・

次のテストは1週間後の17日からの4日間です★
 HOME 

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

Luca-Badoer USF1 Sauber Felipe-Massa Sebstian-Vettel Renault F1通信 HONDA PlanetF1 Sebastien-Buemi Felope-Massa Nelson-Piquet-Jr Giancarlo-Fisichella ステファン Mark-Webber Hispania Nick-Heidfeld Jérôme-d'Ambrosio Bild oto Jarno-Trulli 佐藤琢磨 Michael-Schumacher 脇坂寿一 Narain-Karthikeyan Fernando-Alonso Keke-Rosberg Lewis-Hamilton autosport.com Juan-Pablo-Montoya BBC-SPORT OfficialFormula1 Sauber F1-Gate.com Romain-Grosjean F1通信 PressConference d'Ambrosio Jaime-Alguersuari Sebastian-Bourdais Adrian-Newey Ralf-Schumacher Lucas-di-Grassi Ross-Brawn MERCEDES-GP Nico-Rosberg 片山右京 オモシロPhoto David-Coulthard RALLY-PLUS.NET Heikki-Kovalainen TOYOTA ESP 鈴木亜久里 Williams Christian-Horner Jean-Todt Adrian-Sutil Sergio-Perez 雑誌 MercedesGP Robert-Kubica Kimi-Raikkonen カンポス 2011F1GP superGT Mika-Hakkinen Lotus Fairuz-Fauzy Ayrton-Senna Hispania-Racing 小林可夢偉 Vitaly-petrov Bruno-Senna Vitantonio-Liuzzi ToroRosso Motorsport.com イベント Race-of-Champions 日本GP GPUpdate.net 動画 Force-India 中島一貴 Paul-Di-Resta Seb'sdiary RedBull 山本左近 BMW WRC :F1-Gate.com Q&A Timo-Glock Gerhard-Berger :2010F1GP Nico-Hulkenberg 2010F1GP Jérôme ESPN-F1 Photo Alain-Prost F1トップニュース McLaren AUTOSPORTweb Pedro-de-la-Rosa Nicole-Scherzinger Jenson-Button Virgin-Racing 可夢偉Blog Ferrari Rubens-Barrichello Peter-Sauber セブパパ Flavio-Briatore 鈴鹿 日本GP N-F1 F1-Life Vitaly-Petrov 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1643位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
12位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。