Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッテル インタビュー

Posted by おやぢ幸栄 on 13.2010 英語のお勉強   0 comments   0 trackback

ベッテルって若いのにマネージャー雇ってないらしいのね。
おやぢ知らなかったセバスチャン・ベッテル、マネージャーを雇う予定はなし

セバスチャン・ベッテルしっかりしてるなぁ~


して、ベッテル君の公式サイトにロングインタビューが掲載されてたのを・・・

Sebastian Vettel exclusive: Luscious Liz must prove herself
セバスチャン・ベッテル独占記事:ルシャスリズは、彼女自身を証明しなければなりません  

He is being hotly tipped for the 2010 title and many men his age might cave under the pressure. Not so Red Bull’s Sebastian Vettel, who has arrived in Bahrain looking cool and relaxed. This season there are four champions on the grid. For next season the German wants to make sure he is the fifth. His hopes rest with Luscious Liz, aka the Red Bull RB6, as he explained to Formula1.com…
彼は、2010年のタイトルと多くの男性のために彼の年齢が圧力の下でへこむかもしれないと熱く知らせられています。そう、Redブルはセバスチャン Vettelでありません。そして、その人は涼しくてリラックスしたように見えているバーレーンに到着しました。今シーズン、4人のチャンピオンが、グリッドにいます。次の季節の間、ドイツ人は彼が第5であることを確認したいです。彼がFormula1.comに説明したように、彼の望みは Lusciousリズ(別名RedブルRB6)にかかります…

Q: Sebastian, you are heading into your third season and the saying goes ‘third time lucky’. Do you believe in proverbs?
Q:セバスチャン、あなたはシーズン3年目を向えています、そして、格言は『幸運な第3の時間を賭けます。あなたは、ことわざを信じますか?(日本で言う三度目の正直のことかしら?byおやぢ)

Sebastian Vettel:  If it turns out to be a positive season then I believe in it. If not, then it’s BS! It’s a long way to go, a lot of things have changed and so the racing will change. But we don’t know yet how much, so everything will look different to last year. Nineteen races seems an endless marathon, so we will see.
セバスチャンVettel:それがポジティブな季節であることがわかるならば、私はそれを信じます。それから否定の場合は、、BSです!(BSってなんだ?=嘘をつくと言う意味があるようなので、そうじゃない場合はそのことわざは嘘ですかな?byおやぢ)なので、それは行く長い道のりです、多くのものは変わりました、そして、レースは変わります。しかし、我々はまだいくらを知らないので、すべては昨年と異なるように見えます。19レース我々が見えるように、終りのないマラソンでようです。

(RへのL):ディレクターを誇っているノーバートハウク(GER)メルセデスと競争しているセバスチャンVettel(GER)赤雄牛。<br /><br /><br /><br />フォーミュラワン世界選手権、Rd 1、バーレーングランプリ、準備、バーレーンインターナショナル回路、Sakhir、バーレーン、2010年3月11日木曜日 - (L to R): Sebastian Vettel (GER) Red Bull Racing with Norbert Haug (GER) Mercedes Sporting Director.<br /><br /><br /><br />Formula One World Championship, Rd 1, Bahrain Grand Prix, Preparations, Bahrain International Circuit, Sakhir, Bahrain, Thursday, 11 March 2010Q: Compared to 2009 with Brawn as the only real challenger, this year’s race to the title looks set to be more crowded. The fact is you want to win, the team wants to win - but does the car know that?
Q:2009年にブラウンとの唯一の真のチャレンジャーとして比較すると、タイトルには、今年のレースはもっと混雑するように設定に見えます。実際、あなたとチームは勝利を望みますが、クルマはをしれを知っていますか
SV: 
Well, I’ve given it a name - Luscious Liz - so I will tell her. But yes, it’s true: it looks very close and we have to see who makes the most of the completely different conditions that we will be faced with at the first four races. Here we will have around 35 degrees air temperature and 50 degrees track temperature and we tested at conditions not even half as warm. The indication that we’ve got from testing is not bad, but there are three other teams out there that will heavily challenge us. It all looks very exciting, especially for the fans at the track and at home in front of the telly - and on Saturday we all will be a little wiser about the pecking order. I see four teams at the top - that makes eight eligible drivers for the title - but I don’t think that three races before Abu Dhabi we still will see all eight drivers interlocked in the fight for the crown. Instead over the course of the season we will see who is top and who is not.
Sv:さて、私はクルマにLuscious Liz と名前を与えたので、私は彼女に言うつもりです。はい、それは真実です:それは非常に間近に見えます、そして、我々は誰が我々が最初の4つのレースで直面する完全に異なる状況を最大限に活用するかについて見なければなりません。ここでは、35度の気温は50度、路面温度を回避しなければならない。それと我々は暖かい条件ようとの半分のテストも行いました。私たちがテストから持っている指示は、悪くはありませんが、大いに私たちに挑戦する3つの他のチームがむこうにあります。特にトラックの、そして、テレビの前の家のファンのために、それはすべて非常に刺激的に見えます - そして、土曜日に、みんなは序列に少しより通じています。私は、トップで4つのチームを見ます - それは、タイトルのために8人の資格のあるドライバーを作りだします - しかし、私達を静まらせるアブダビがすべての8人のドライバーに会う前に、3つのレースが王冠のための戦いで連動しなかったと思います。代わりに、シーズンのコース上では、私たちは、誰がトップで誰がそうでないかがわかるでしょう。
セバスチャンVettel(GER)RedブルRacingは、サーキットを歩きます。<br /><br /><br /><br />フォーミュラワン世界選手権、Rd 1、バーレーングランプリ、準備、バーレーンインターナショナル回路、Sakhir、バーレーン、2010年3月11日木曜日 - Sebastian Vettel (GER) Red Bull Racing walks the circuit.<br /><br /><br /><br />Formula One World Championship, Rd 1, Bahrain Grand Prix, Preparations, Bahrain International Circuit, Sakhir, Bahrain, Thursday, 11 March 2010

Q: You have a tradition of giving your cars female names. Do females tend to do what you want?
Q:あなたには、クルマに女性の名前を与えるしきたりがあります。彼女は、あなたが望むことをする傾向がありますか?
SV: 
Well, I don’t have a magic hand or magic stick or anything of that kind but the experience of the past has shown that it somehow worked out for me. And to be honest, I would find it rather strange to give the car a male name, or to see the car as something masculine.
Sv:さて、私にはマジックハンドもステッキも持っていません。しかし過去の経験上それがうまく行っていました。正直、私は車に男性の名前を与えるとか、車を男性的な何かとみなすのはむしろ違和感を感じるでしょう。

Q: When did the name ‘Luscious Liz’ for this year’s car pop into your mind?
Q:いつ、今年のクルマの名前『‘Luscious Liz’ 』は、あなたの心へひょいと浮かびました?
SV: 
At the first test I really started to go through a couple of names and I like the name Liz and Luscious Liz fits quite well, I think. It’s an attractive car, it’s quick and successful. But the main attribute naturally should be that she’s bl**dy quick.
Sv:初のテストで、私は本当に二、三の名前を使い始めた、そして、私はリズという名前が好きです。そして、LusciousLizはすごく良く合うと私は思います。それは魅力的な車で、速くてうまくやります。しかし、主要な特質は、自然に、彼女が速くbl**dyであるということでなければなりません。 (bl**dyってなんやね~ん!byおやぢ)

Q: So is Liz so much better than Kate (the RB5) was last year?
Q:それで、リズは昨年のケイト(RB5)よりはるかに良いですか?
SV: 
We will see. Kate and ‘Kate’s dirty little sister’ did a very good job so Liz has to prove herself.
Sv:我々は見えます。リズが彼女自身を証明しなければならないように、Kate『Kate’s dirty little sister’』は非常に良い仕事をしました。
セバスチャンVettel(GER)RedブルRacingのヘルメット。<br /><br /><br /><br />フォーミュラワン世界選手権、Rd 1、バーレーングランプリ、準備、バーレーンインターナショナル回路、Sakhir、バーレーン、2010年3月11日木曜日 - The helmet of Sebastian Vettel (GER) Red Bull Racing.<br /><br /><br /><br />Formula One World Championship, Rd 1, Bahrain Grand Prix, Preparations, Bahrain International Circuit, Sakhir, Bahrain, Thursday, 11 March 2010
Q: What kind of taste did finishing as 2009 runner-up leave in your mouth?
Q:2009年の次点者として終えたことについて、あなたはどんな後味が残りましたか?

SV:  A bitter taste. The worst moment was the race in Brazil. It was a good race - considering where we started and where we ended up - but what it meant was not very sweet. Anyway, we had to swallow it and did a great job in Abu Dhabi two weeks later. Second place is surely not what I want to achieve. Sure there is only one place better than second, but that is exactly where I want to be at the end of this year. Of course I cannot promise anything, but be sure that I will work my socks off to get there.
Sv:苦味。 最も悪い瞬間はブラジルのレースでした。 私たちがどこから出発したか、そして、どこで終わったか考える場合、それは良いレースでしたが、それが何を意味したかは、それほど甘くはありませんでした。 とにかく、私たちは、2週間後にそれを飲み込まなければならなくて、アブダビで素晴らしい仕事をしました。 2位は、確実に達成したいと思うことではありません。 勿論そこで、今年の2番目にもかかわらず、すなわち、終わりに、ちょうどどこにいたいと思うかより良い1つの場所だけがそうですか? もちろん、私がそこに到着するようやっつけるつもりであるのを確信している以外に、私は何も約束できません。

Q: Your team principal Christian Horner said that you are a complete driver and that you have all the makings of a champion. Does that sooth the soul, especially given the missed chances last year?
Q:あなたのチームオーナー・クリスチャンホーナーは、あなたが完全なドライバーであり、チャンピオンとなるすべての素質の持ち主であると言いました。 特に昨年与えられた可能性を逃しましたが、その真実に邁進し実現しますか?
 SV:
It’s good to hear - but on the other hand it doesn’t make me quicker. It is good to know that the team - Christian and the engineers - are behind me. That is key. But nevertheless you have to fight hard and try to improve yourself and be open for criticism.
Sv:聞くことはよいです - しかしそれは他のことで私をより速くしません。それは、それを知っているためによいですチーム - クリスチャンとエンジニア - 私の後にあります。それは、キーです。しかし、それでも、あなたは激しく戦わなければならなくて、上達しようとしなければならなくて、批評に対してオープンでなければなりません。
セバスチャンVettel(GER)赤ブルレース。<br /><br /><br /><br />フォーミュラワン世界選手権、Rd 1、バーレーングランプリ、準備、バーレーンインターナショナル回路、Sakhir、バーレーン、2010年3月11日木曜日 - Sebastian Vettel (GER) Red Bull Racing.<br /><br /><br /><br />Formula One World Championship, Rd 1, Bahrain Grand Prix, Preparations, Bahrain International Circuit, Sakhir, Bahrain, Thursday, 11 March 2010
Q: How much time and effort did you put into analyzing last season?
Q:あなたは、昨シーズンを分析することにどれくらいの時間と力をつぎ込みましたか?

SV:  Some things happened during the season, and we knew exactly what it was so you don’t need much time to analyze. But of course we sat down and went through race by race and tried to identify the things that had an impact. We have been studying a lot last year and we understood a couple of things. It’s no secret that if we hadn’t had five retirements then the final counting would have been completely different. I was missing 11 points, so the chance to score 12 points in five races wasn’t an impossible thing.
Sv:若干のことは季節の間に起こりました、そして、我々はあなたが分析する多くの時間を必要としないように、それが何であったかについて、正確にわかっていました。しかし、もちろん、我々は座って、人種によって人種の承認を受けて、影響があったものを特定しようとしました。我々は昨年たいへん勉強していました、そして、我々は二、三のものを理解しました。我々には5つの引退がなかったならば、重要になっている決勝が完全に異なっただろうことは、秘密でありません。私は11ポイントを逃していたので、5つのレースで12ポイントを記録する機会はしようのないものでありませんでした。

Q: Did all the analysis conclude you should have won the title last year?
Q:すべての分析が、あなたが昨年タイトルを勝ち取るべきであると結論づけましたか?
SV: 
Well, everything happens for a reason, and obviously we didn’t win for a reason. Brawn started the season with a dominating car - from seven races Jenson (Button) won six - so the championship was kind of decided already back then and when we had the chance to score more points than Jenson we sometimes didn’t grab it, for various reasons. Now you can start to say that if we had been better here or there we would have… but that is crying over spilled milk and that’s not our philosophy.
Sv:さて、すべては理由のために起こります、そして、明らかに、我々は理由のために勝ちませんでした。ブラウンは、シーズンを優勢な車で始めました - 7つのレースから、ジェンソン(バトン)は6に勝ちました - それで、チャンピオンシップは当時すでにちょっと決定されました、そして、我々にはジェンソンより多くの点を記録する機会があったとき、いろいろな理由のために、我々は時々それをつかみませんでした。我々がここで、または、そこでより健康だったならば、あなたがそれを言い始めることができて我々が、持ちます…しかし、それはこぼされたミルクを思って泣いています、そして、それは我々の哲学でありません。

Q: You went through a steep learning process last year. What was it in particular that you learned?
Q:Youは、昨年、急な学習過程を経験しました。あなたが学んだその事項は、何でしたか?
SV:
We never mucked-up a race - we always got the maximum out of it but in the end it wasn’t enough and it was up to us to understand. Surely we were lacking consistency - either from mistakes from my side or the team’s side - but it is not about blaming anybody, it’s about finding out and fixing it. For the first time we were in a situation to fight for the title and sometimes mistakes creep in. We had some issues with the engine - and this can happen - but if you want to win the title it should not happen to you. You can go next door and ask Michael (Schumacher) what happened to him in 2006. He was leading in Japan - two races to go - and he had an engine blow-up which potentially cost him the championship. So it’s not always the fastest who wins the championship but it is the package: cleverness, a good strong car, reliability and sometimes - when you have no chance to win - bringing the car home in fourth or fifth and collecting the points. You are not proud of being second - that’s nothing to be proud of. When I am around 50 or 60-years-old and not racing anymore probably I might look back thinking that it was a good season - you’ve collected quite an amount of points and won some races - but all matters in the end are championship wins. So far I have zero championships, and we are here to change that.
Sv:私たちはレースを決して台無しにしませんでした--最大はいつも私たちがわかっていなかったのですが、結局それは十分ではありませんでした、そして、分かるのは、私たち次第でした。。きっと、我々は一貫性が欠如していました - 私の側またはチームの側からの間違いからのどちらでも - しかし、それはだれでも非難することに関するものでなく、それはそれを見つけて、修理することに関するものです。初めて、我々はタイトルのために戦うための状況にありました、そして、時々、そして、時々、誤りはこっそり入ります。私達はエンジンの若干の問題を抱えていました - そして、これは起り得ることです - しかし、 あなたがタイトルを勝ち取りたいなら、起こるべきではありません。 あなたは、隣に行って、何が2006年に彼に起こったかをマイケル(シューマッハ)に尋ねることができます。 彼は、日本でリードしていました - 進行する2つのレース - そして、彼は潜在的に彼のチャンピオンシップを犠牲にするエンジン破裂がありました。 それで、だれが優勝するかが、いつも最も速いというわけではありませんが、それはパッケージです:賢さ、良い強い車、信頼性、そして、時々 - あなたには勝つ機会がないとき、 - 4番目にまたは5番目に帰りのクルマを持ち込んで、点を集めること。あなたは、二番目であることを誇りに思いません - それは、誇りに思う何でもありません。私がおよそ50または60才と多分もう競争しないだろうことであるとき、私は楽しい季節であったと思って振り返るかもしれません - あなたは点の相当な量を集めて、いくらかのレースに勝ちました - しかし、すべての問題は、結局はチャンピオンシップ勝利です。これまで、私にはチャンピオンシップはありません、そして、我々はそれを変えるためにここにいます。 

Q: You talk about being 50 or 60 - but what will you be doing when you are 41, like Michael?
Q:50か60であるのに関して話しますが、41歳であるときに、あなたは、マイケルのように何をするでしょうか?
SV: 
Ah, that’s why I said 50 or 60! I have no idea. You can ask any 21-year-old and he would not have an idea what will happen when he’s almost twice as old. It’s so far away. I only can say that I am extremely happy now: I enjoy what I am doing, I wouldn’t want to be anywhere else - not this year, not next year, not in the foreseeable future
Sv:ああ、ああ、そうだ、なぜ私は言った50 60!私は全くわからないです。あなたはどんな21才にでも尋ねることができます、そして、彼には、彼がほとんど2倍の年であるとき、何が起こるかという考えがないでしょう。 それは、それは、これまで私は、私が現在とても幸せであると言うことができるだけです:私は自分がしていることを楽しんで、私は他の何かになりたくないでしょう -将来の予見は今年はできません。来年は、近い将来ではないのは嫌だ

Q: How is it for you to race against somebody who is almost double your age?
Q:あなたがほとんどあなたの倍の年齢である誰かとどのように競争する?
SV: 
When I look in my mirror and see whatever kind of car or colour or helmet, I don’t see if the guy’s old or not - it does not make any difference. What he is bringing to the table is a huge amount of experience - and experience comes with age. He’s not 20 anymore but I don’t think that’s a problem. Life is not over when you are 40!
Sv:私が私の鏡をのぞいて、どんな種類の車で、どのような色のヘルメットを見ても、私はその人が年をとっているかどうか見えません - それによって、少しの差も生じもしません。彼がテーブルに持ってきているものは、大量の経験です - そして、経験は年齢と共に来ます。彼はもう20でありません、しかし、私はそれが問題であると思いません。あなたが40であるとき、生命は終わっていません!

Q: Does he have a chance against you?
Q:彼にはあなたに対してチャンスがあります?
SV: 
Hopefully not, but we definitely have him on the list. But not only him - also Nico(Rosberg). But let’s be real - right now we are at race one and it does not make too much sense to always talk about the championship. We have to go step by step and race by race and if after five races we realize that we are not in a position to fight for the championship anymore, then you set yourself new targets. The target for now is to win this race, so let’s see.
Sv:そうでないと良いが、私たちには、彼が確実にリストにいます。 しかし、彼だけでない彼だけでなく・・  
-また、ニコ(ロズベルグ)。しかし、本当にしましょう - たった今、我々はレース1にいます、そして、それは常にチャンピオンシップについて話しだけのあまりにたくさん意味をなしません。私たちはレースで競走をしに一歩一歩行かなければなりません、そして、私たちが、5つのレースの後にそれ以上チャンピオンシップを守るために争う立場にいないとわかるなら、あなたは自分で新しい目標を設定します。 このレースに勝つために目標が当分あるので、見てみましょう。


昨日途中で時間なくなっちゃったのでアップでけんかった
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiejuly21.blog14.fc2.com/tb.php/169-cc1960ab

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

鈴木亜久里 カンポス Romain-Grosjean Kimi-Raikkonen Hispania-Racing Timo-Glock ESPN-F1 Gerhard-Berger 日本GP Sergio-Perez Nicole-Scherzinger Photo d'Ambrosio F1通信 Mark-Webber MercedesGP AUTOSPORTweb Vitantonio-Liuzzi F1-Life オモシロPhoto Seb'sdiary RALLY-PLUS.NET Jérôme-d'Ambrosio 2010F1GP Q&A autosport.com superGT :F1-Gate.com Vitaly-petrov :2010F1GP Jaime-Alguersuari Rubens-Barrichello Nico-Hulkenberg Renault Sebastian-Bourdais OfficialFormula1 Bruno-Senna Sauber PlanetF1 Force-India 中島一貴 Lotus BBC-SPORT HONDA Jenson-Button oto 可夢偉Blog Robert-Kubica Juan-Pablo-Montoya 雑誌 Narain-Karthikeyan Williams McLaren Ferrari F1通信 Felope-Massa ToroRosso GPUpdate.net F1トップニュース Jean-Todt Luca-Badoer Heikki-Kovalainen 小林可夢偉 TOYOTA ステファン 片山右京 Lucas-di-Grassi Ross-Brawn 佐藤琢磨 Jarno-Trulli Motorsport.com PressConference 動画 ESP Paul-Di-Resta Adrian-Sutil USF1 脇坂寿一 Nico-Rosberg Alain-Prost Nelson-Piquet-Jr Mika-Hakkinen Christian-Horner Felipe-Massa Lewis-Hamilton Ayrton-Senna N-F1 F1-Gate.com BMW Sebastien-Buemi David-Coulthard Michael-Schumacher Sauber Nick-Heidfeld Flavio-Briatore Bild Fairuz-Fauzy Virgin-Racing Adrian-Newey Pedro-de-la-Rosa Ralf-Schumacher Giancarlo-Fisichella Sebstian-Vettel Hispania セブパパ 日本GP Peter-Sauber イベント Race-of-Champions 2011F1GP Jérôme RedBull MERCEDES-GP Fernando-Alonso WRC Vitaly-Petrov 山本左近 鈴鹿 Keke-Rosberg 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
7位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。