ニコ・ロズベルグニコ・ロズベルグが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ニコ・ロズベルグ (メルセデスGP)
「マレーシアはF1カレンダーでもお気に入りのサーキットのひとつだ。レイアウトが素晴らしくて速くてチャレンジングだし、コーナーも本当にバリエーションもセパンを運転するのに刺激的なサーキットにさせているね。全体的に予選をうまくやってこれた。去年は4番グリッドから、2006年には3番グリッドからスタートした」

「僕たちはあまり予選で結果を残せていないけど、オーストラリアのレース結果は完全なポテンシャルを発揮できたし、週末を通してクルマのセットアップを進歩させることができた。セパンはアルバートパークとは異なるタイプのサーキットだけど、それらの開発は利益になるだろうし、現時点でそれぞれのチームがどれくらい速いかを正確に把握するには素晴らしいサーキットだ」

「ポイントフィニッシュを続けていきたいし、チャンピオンシップのリーダーに手の届く範囲にいたい。僕たちのタイトルパートナーであるペトロナスのホームグランプリだし、レース週末が始まる前の水曜日にペトロナス・ピット・プラスでデモ走行をするのを楽しみにしている」