Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round10 イギリスGP 予選後記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 11.2010 F1 GP 2010   0 comments   1 trackback
いつものことですが、セブ君が出てるので(笑)
f1-2010-gb-xp-0599.jpg

Q: セバスチャン、おめでとうございます。あなたとこのコースの相性の良さは何なのでしょう?

セバスチャン・ベッテル: 何なんだろうね。金曜の朝、最初の数ラップを終えただけで素晴らしいと思ったよ。コーナーのコンビネーションがさ。何回も言うけど、本当に楽しいんだ、特に予選ではね。僕たちのクルマはこういうコーナーに信じられないくらいすごく合っているんだ。あのスピードときたら! ちょっとクレイジーなほどだけど、あまりにも楽しくてね、最高のコンビネーションだよ。新しいセクションもいい、特に11、12。大きなバンプから入っていくんだけどね。こういうコースは本当に大好きだし、僕らのクルマにぴったりなんだ。今日はまさにタイトなセッションだった。Q2は完ぺきじゃなかったんだ。少しプッシュしすぎたんだろう、攻めすぎだったからQ3ではもう少しコンサバティブにいったんだ。もちろんプッシュは必要だったよ。2回、いいラップを走って最後には明日の鍵となるポールを取った。

Q: 午前中、フリー走行中のフロントウイングのトラブルについて聞かせてください。予選の準備に影響はありましたか?

ベッテル: まあ、理想とはいえない状況だったけどね。突然の出来事だった。ターン10からストレートを下っていって、クラブからアビーへのアプローチだった。中からじゃ自分のフロントウイングは見えないから、最初は何が起きたのか分からなかったんだ。ただ何かがおかしいと感じ、コーナーをカットしなければいけなかった。ウイングは壊れちゃったけど、幸い同じタイプを使い続けることができた。それが午後のキーでもあったし、満足さ。チームのためにもね。また今年もいいストーリーを再現して結果を残したいね。僕のホームグランプリじゃないんだけど、チーム本部がここから20分のミルトン・キーンズにあるからすごくホッとするんだ。またこうして2台が上位につけたことで、僕らに速いクルマを作る力があるってことを証明できて良かった。

Q: マーク、午後はセバスチャンに対して主に中間セクターで失っていました。それでもバレンシアの後、ここまで戻ってこられたことは前向きにとらえていますか?

マーク・ウェバー: ああもちろん。あんな出来事があったのは残念だけど、今週はいい週末だ。チームはいい仕事をしてくれた。彼らはこの結果にハッピーだろうから、明日を楽しみにしている。

Q: フェルナンド、あなたとフェラーリにとっては中国以来最高の予選です。調子を取り戻してきているのを感じていますか? 明日のペースに自信は?

フェルナンド・アロンソ: クルマはバレンシアから確実に良くなっている。カナダも同様に良かった。開発によってクルマのパフォーマンスはどんどん伸びている。バルセロナやトルコではスランプもあったけど、改善していると思う。乗りやすくなったし、パフォーマンスも向上した。カナダとバレンシアではいいレースをしていた。レース中にいろいろあって思うようにポイントを取れなかったけど、ここでも強さはあるはずだ。僕らはコンペティティブだし、明日こそ仕事をやり遂げてチームにポイントを持ち帰りたい。明日は必ずポイントを取る必要がある。

Q: セバスチャン、明日のレースについて思いを聞かせてください。同様に、恐ろしく速いあなたのマシンについての思いも。

ベッテル: 楽しめたらいいな。こういうタイプのコースでこんなクルマにはなかなか乗れるものじゃないから、とにかく楽しみたい。クリーンな側のポールからスタートできるのはレースのポイントだよ。確かに予選では速いクルマだし、レースコンディションでもいいはずだけど、先のことは分からないからね。天気予報が晴れっていうのはシルバーストーンではかなり珍しい。イングランドってどんどんトロピカルになってきてるよね。いい国だ。まあ見てみよう。きっと何もかもうまくいく最高の1日になると信じたい。

Q: セバスチャン、2回の非常に速いラップでしたね。2度もあのように速いタイムが出せたことは驚きでしたか?

ベッテル: いや、驚きはしないよ、それが目標なんだから。簡単ではないけど。Q1は問題なかったけどQ2は遅すぎた。特定のコーナーというわけじゃなく、全体的にね。ちょっと攻めすぎだったんだろう。だからQ3ではクルマにほとんどタッチしていないんだ。セクター2で少しオーバーステアだと感じたから、オンボードで変えられる範囲で調節したらいい感じになった。あとは少しコンサバティブに走った。プッシュは必要なんだけど、スムーズな走りを心がけたのが良かったみたい。2回、とてもいいラップだった。素晴らしいことさ。ほかのコースと比べてもここのコーナーは――セクター1のコプス、マゴッツ、ベケッツ、ストウコーナーなんかの組合せが最高。本当に楽しいコーナーばかりなんだ。その上クルマが合ってるもんだから、さらに楽しい。何もかもファンタスティックな1日さ。いい予選セッションをいい結果で終われた。ポールが取れてハッピーだし、これが明日のレースで鍵になるだろう・・・

Q:本当にマシンがここに適しているようですね。何がそうさせているのでしょう?

セブ:どこでも速いよ。ただ速いだけじゃなく、どんな特性のサーキットでも速いということを今年は証明できてると思う。2週間前のバレンシアと比べたらここはまったく違う。それでも僕らは両方でコンペティティブだ。ウチのクルマはダウンフォースを必要とするコーナーが好きなんだ。ここではそれも助けになるだろう。でも去年と比較しても全般的に進歩している。厳しかった低速、中速コーナーも良くなったし、以前は苦労して高速コーナーでタイムを上げても、低速コーナーで簡単に失ってしまった。その点で進歩したと思うし、あらゆる点で良くなっている。特にこうした場所ではそれを実感できるんだ。

Q:週末、ここまで完全にトラブルフリーではありませんでしたが、不安はありませんか?

セブ:そんなことない。確かに順調とは言い難かったけど、F1マシンは限界で作られていて、常に改善を目指している。自分のクルマのことは分かっているから、昨日の午後はハッピーじゃなかった。ブレーキにちょっとトラブルがあったんだけど、直すことができて、今朝はリズムを取り戻せた。フロントウイングが外れるという問題はあったけど、心配ない。限界で作られている以上、いつも上を目指しているから仕方ないんだ。僕が判断するのは難しいけど、昨日はマクラーレンが新しいパーツを使っていた。何かの理由があったのか、元に戻したのか、今日は使っていなかった。改善するのは大変なんだよ。みんな努力するけど簡単にはいかない。どのクルマにもそこそこに伸びる余地がある。でも、正しい時は正しいステップを踏むのは簡単じゃない。
f1-2010-gb-xp-0584.jpg
Q:マーク、マシンには新しいパーツが搭載されていますよね?

マーク:うん、あるよ。いつだってプッシュしているさ。

Q:それはハッキリ分かるもの、それとも小さなものですか? 違いは大きいのでしょうか?

マーク:このレベルのクルマになると、わずかなパフォーマンスを追及していくことになる。僕らのポジションなら、パニックになることはないし、狂ったように次から次へとパーツを取りつける必要もない。Fダクトの開発は良くやったと思う。そのためにみんな信じられないほど一生懸命やってくれた。木に登るからには登り方を知らなきゃできない。

Q:もう1アタックはできませんでしたね。それがあったら結果は変わっていたと思いますか?

マーク:いや、もともと1回の予定だった。

Q:Q2ではコースオフも見られました。でも、ファステストでしたね

マーク:プライムでね。最初のこと?

Q:いえ、最後です。コースオフする姿がスクリーンに映っていましたが。

マーク:たぶん最初のプライムの時だろう。

Q:大きな問題にはならなかったのですか?

マーク:すべてはQ3で決まるんだ。

Q:これまでレースで2位を経験していますね。予選2番手も経験済みです。明日は2位で満足できますか? 今日、2番グリッドで満足していますか?

マーク:そんなわけないだろ。

Q:明日は2位で満足しないと?

マーク:ああ。

Q:では、お二人の対決を期待してよろしいですね?

マーク:どうかな。僕は3番グリッドの方が良いんだけどな。フェルナンドはクリーンな側だ。今年見て分かるようにたいていのコースの2番グリッドはクソなんだ。だからポールが大事・・・フェルナンドが代わって欲しければ考えるよ、ただし可能かどうかは知らない。長いレースだ。どうなるか見てみよう。

Q:フェルナンド、あなたならグリッドを交代しますか?

アロンソ:僕は3番より2番が良いな。

Q:では、3番より2番グリッドを希望すると。

アロンソ:8メートル違うよね。

マーク:まあ、結構な距離だよね。何とかなるだろう。1コーナーではセバスチャンに続いて行くよ。
f1-2010-gb-xp-0583.jpg
Q:フェルナンド、ラップ中にトラフィックがありましたね。影響は大きかったですか?

アロンソ:いや、レッドブルは0.7秒も前にいるんだ。0.05失ったところで何も変わらない。

Q:その0.7秒というのは予想した差ですか?

アロンソ:ああ。

Q:あなたは昨日、マクラーレン、ルノー、メルセデスGPと2番手チームを争うことになるとおっしゃいました。ですが、彼らよりずいぶん先にいるようですね。

アロンソ:うん、ここまでは良い週末だね。カナダやバレンシアと同じくらいコンペティティブだ。その2ヶ所は完全にレッドブル向きじゃなかったから、僕らにとってはチャンスだったんだ。こういう高速コーナーではレッドブルが最速、最有力だと分かっていたし、マクラーレンやメルセデスGPとタイトなバトルを予想していた。予選タイムを見ると、最終的にはかなりタイトだ。マクラーレンも近かったし、ルノーとロズベルグが僕とフェリペの間にいる。いつも通りの混戦だ。

Q:それでもここでの前進に勇気づけられたのでは?

アロンソ:確かにね。クルマの改善は必要だ。ここ2、3戦でモディフィケーションを行ってきた。スペインGPやトルコでは厳しいレースを経験したけど、その後はクルマが改善して、徐々に僕らが望むレベルに戻りつつある。最初の4戦のように、常に表彰台を狙えるポジションになってきた。カナダでは4番グリッド、レースで3位だった。バレンシアでは12周目、セーフティーカーが出た時点で3番手だった。状況は似ていると思う。明日は3番手からのスタートだから、過去の2、3戦とパフォーマンスはだいたい同じと考えて良い。明日はポテンシャルを生かして、過去2戦で獲れなかったポイントを取らなければいけない。 f1-2010-gb-xp-0582.jpg

Q: マーク(ウェバー)とセバスチャン(ベッテル)に質問です。トルコ後、チームはどちらか一方を優遇したことはないと言っていました。(土曜フリー走行で)セバスチャンのウイングが外れましたが、今日の午後、新しいフロントウイングのもうひとつを手に入れたのはセバスチャン、あなたですよね。これについてどう思われているのか、お二人の意見を聞かせていただけますか?

マーク・ウェバー: チームは今日の結果に満足しているはずさ。

セバスチャン・ベッテル: 外から見ると、何が起きているのか判断するのはかなり難しいことが多い。僕たちは自分たちがやっていることを分かっている、と思う。

Q: フェルナンド(アロンソ)、今日のパフォーマンスはとても良かったと思いますが、それでもレッドブル勢は頭ひとつ抜けています。明日の優勝の可能性はあるでしょうか?

フェルナンド・アロンソ: あなたもおっしゃったように、僕たちはこのポジションに満足している。大体は予想通り。マクラーレンやメルセデスGP、ルノーと戦うことになると思っていた。幸運にも、彼らの前に出られたから、今日は自分たちがいい仕事をしたということ。シルバーストーンに持ち込んだ改良はうまく機能しているようだから確かにハッピーだけど、その一方で改良し続ける必要がある。僕たちはレースに勝ちたい。今はそのポジションに立てていないし、ここみたいないタイプのサーキットは特にそうだけど、それでも僕はとても冷静だよ。チャンピオンシップにはまだ10レースある。11月には勝ちたい。彼らに合ったサーキットもあるだろうし、僕たちがチャンスを得られるかもしれないサーキットもあるはずだから、常に全力を尽くす。明日は表彰台のチャンスがあれば、もしくは優勝というさらにいい可能性があるかもしれないから、可能性を広げるためにはどんなことだってやるつもりだ。

Q: セバスチャン、明日のレースであなたの勝利を脅かす最大のライバルは誰でしょう。マークですか、それともフェルナンド?

ベッテル: ルイス(ハミルトン/マクラーレン)! というか、今年これまでのチャンピオンシップで学んだことを考えると、その日その日に誰が一番なのかを知るためにレースをしている感じだから、明日を見てみよう。さっきも言ったけど、僕たち3人だけじゃないことは確実だ。ルイスが後ろにいて、他のドライバーもいる。レースがどんな展開になるかなんて・・・

セブ:(続き)誰にもわからない。もちろん、ひとつはハッキリしていることがあると思う。それは僕達が優勝候補だってこと。僕たちはとても強力なマシンを持っているから、僕達が優勝すべきだとは思うけど、(チェッカーフラッグを受けるまでは)52周ある。今日はとにかく一番良いポジションにつけるかどうかだったけど、僕たちはそれをやり遂げた。これから明日に集中していく。長いレースになるだろう。当然ながら、土曜日にポイントを得られる訳じゃないしね。

Q:フェルナンドにサッカーの質問です。明日は決勝戦がありますが、スペイン代表についてご意見を聞かせて下さいますか?

アロンソ:僕たち、つまり僕たちの国にとっては最高のチャンスだと思う。スペインのサッカー史上、準決勝を突破したのは初めてのことで、決勝戦に進出したのも史上初だから、このチャンスを逃さないようにしないと。この先、また40年とか50年も待たなきゃいけなくなるかもしれないからさ。彼らは本当に好調だと思う。決勝に進むにふさわしい活躍さ。だから、これが最後のステップだ。彼らの幸運を願う。皆がハッピーになれますように。

Q:フェルナンド、トラフィックの問題がないとして、あなた方とレッドブルとの間にある本当の差は何だったのでしょう? それからもうひとつ、あなたの優勝とスペインの勝利、どちらの方が可能性があるでしょうか?

アロンソ:差は大体見た通りだと思うよ。Q1、Q2、Q3を平均したものさ。Q1で彼らは1-2、Q2でも1-2、そしてQ3も同じ。つまり、彼らが何の問題もなくグランプリを支配しているということ。でも、さっき言ったように、サーキットごとに違いはある。バレンシアでは(差が)あんまりハッキリとは見えなかった。カナダでもそれほど明確じゃなかった。トルコではマクラーレンが本当に強かったから、この先は最終戦まで週末ごとに変わっていくと思っている。それから、2つ目の質問はスペイン代表の方が勝利があり得るだろうね。

Q:フェルナンド、つい先ほどフェリペと話したのですが、予選中にタイヤを適切な温度まで温められなかったと言っていました。あなたは問題ありませんでしたか?

アロンソ:いや、別に。僕は問題なかった。 
f1-2010-gb-xp-0585.jpg 
Q:セブ、今日は何かひいきがありましたか?

セブ:最初の方で説明したように、僕たち(ドライバー)はみんな違うんだ。紅茶が好きな人もいればコーヒーが好きな人もいる。それに、予選セッションを振り返れば本当にタイトだったことは分かるはずだし、(自分たちの間に)それほど大きな差はないかったはず。Q1ではほとんど同じだったと思う。Q3で僕が勝った。ウイングに関しては白黒ハッキリした答えはないんじゃないかな。さっきも言ったけど、自分が同じタイプのウイングを使い続けられたことには本当に満足している。今朝、それが壊れてからはこうなると予想していなかったからね。僕たちは使い続けられた。

Q:つまり、あなたが2つとも使用されているのですよね。速くて優れたフロントウイングを両方とも使うのはあなたです。あなたがもう一つを使うのでマークは一つも使えません。

セブ:(フロントウイングが)速くて優れていることを知っているのなら、あなたはかなり賢いよ。こういうことはできる限り秘密にしておこうとするものさ。新しいパーツが機能するかしないか、そんなこと言ったらバラしてるみたいじゃん!

Q:フェルナンド、最後のアタックでバリチェロに不満があったようでしたが、何があったのですか?

アロンソ:いや、あれはマイケルだよ。マイケルだった。大したことじゃない。タイムは確実に失ったけどね。僕はタイムを縮めていたんだけど、彼は最後のチャンスを得るためにスローダウンしていて、最後の2コーナーは10mくらい前に(減速中の)マイケルがいたから、0.5秒とか、それくらいロスした。さっきも言ったように、ポジションは変わらなかっただろうから、特に不満もないし問題もない。すべてOK。
f1-2010-gb-xp-0581.jpg

な~んか今回のインタビュアー、バカげた質問の仕方してない?
セブ君もうまくさばいてるけど(さすがっ!の返答のしかた)
マークもそりゃぁ口数少なくなるわ・・・
素朴な疑問・・・
最近のプレカンでの映像を見てるとなんたらマイクつけてテーブル低い感じなんだけど、何で写真は前の通りなんだろう・・・・???
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiejuly21.blog14.fc2.com/tb.php/441-6ef4590d
 シルバーストーン・サーキット イギリス・シルバーストーン回路のタイプ Race コース全長 5.141kmsコーナー数 17周回方向 時計回り観客収容...

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

鈴木亜久里 カンポス Romain-Grosjean Kimi-Raikkonen Hispania-Racing Timo-Glock ESPN-F1 Gerhard-Berger 日本GP Sergio-Perez Nicole-Scherzinger Photo d'Ambrosio F1通信 Mark-Webber MercedesGP AUTOSPORTweb Vitantonio-Liuzzi F1-Life オモシロPhoto Seb'sdiary RALLY-PLUS.NET Jérôme-d'Ambrosio 2010F1GP Q&A autosport.com superGT :F1-Gate.com Vitaly-petrov :2010F1GP Jaime-Alguersuari Rubens-Barrichello Nico-Hulkenberg Renault Sebastian-Bourdais OfficialFormula1 Bruno-Senna Sauber PlanetF1 Force-India 中島一貴 Lotus BBC-SPORT HONDA Jenson-Button oto 可夢偉Blog Robert-Kubica Juan-Pablo-Montoya 雑誌 Narain-Karthikeyan Williams McLaren Ferrari F1通信 Felope-Massa ToroRosso GPUpdate.net F1トップニュース Jean-Todt Luca-Badoer Heikki-Kovalainen 小林可夢偉 TOYOTA ステファン 片山右京 Lucas-di-Grassi Ross-Brawn 佐藤琢磨 Jarno-Trulli Motorsport.com PressConference 動画 ESP Paul-Di-Resta Adrian-Sutil USF1 脇坂寿一 Nico-Rosberg Alain-Prost Nelson-Piquet-Jr Mika-Hakkinen Christian-Horner Felipe-Massa Lewis-Hamilton Ayrton-Senna N-F1 F1-Gate.com BMW Sebastien-Buemi David-Coulthard Michael-Schumacher Sauber Nick-Heidfeld Flavio-Briatore Bild Fairuz-Fauzy Virgin-Racing Adrian-Newey Pedro-de-la-Rosa Ralf-Schumacher Giancarlo-Fisichella Sebstian-Vettel Hispania セブパパ 日本GP Peter-Sauber イベント Race-of-Champions 2011F1GP Jérôme RedBull MERCEDES-GP Fernando-Alonso WRC Vitaly-Petrov 山本左近 鈴鹿 Keke-Rosberg 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
7位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。