Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round12 ハンガリーGP 予選後の記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 01.2010 F1 GP 2010   0 comments   0 trackback
ハンガロリンク
ハンガリー・モジョロード

  • 回路のタイプ Raceハンガロリンク
  • コース全長 4.381kms
  • コーナー数 14
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 120,000
  • 設立年 1986
  • 周回数 70
タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目10:00 - 11:30 (17:00 - 18:30/ 日本時間)

晴れ
ドライ



2回目14:00 - 15:30 (21:00 - 22:30/ 日本時間) 

曇り
ドライ




土曜フリー走行
11:00 - 12:00 (18:0019:00/ 日本時間)

晴れ
ドライ


予選
14:00 - 15:00 (21:00- 22:00 / 日本時間) 

に散在の雲
ドライ


日曜決勝

14:00  (21:00 / 日本時間)  
 


今日はおやぢご機嫌良いッス♪
なんてったってセブ君のポールどころか、レコード更新まで成し遂げたんですからぁ~
f1-2010-hun-xp-0670.jpg

Q: セバスチャン(ベッテル)、レッドブル・レーシングの100戦目ですね。フロントロー独占に、堂々とした予選パフォーマンスでした。f1-2010-hun-xp-0671.jpg

セバスチャン・ベッテル: そうだね、僕たちにとっては本当にいい1日だよ。週末を通してかなり快適だった。最初のフリー走行のセッションからずっとね。それに、夜通しの作業でまた少し改善できたと思う。無線で皆に"これは君たちのものだよ"と伝えた。マーク(ウェバー)と僕は1番手と2番手でフィニッシュするために必死にプッシュしていたけど、僕は"これは皆のものだからね。楽しんで。皆がこの素晴らしいマシンを作ったんだよ"って言ったんだ。昨日もそうだったけど、今日はドライブするのがさらに楽しかったから、明日を楽しみにしている。かなり難しいセッションだったんだけどね。Q2ではオプション(タイヤ)でまったくスムースな走りができなかった。100%の感触はなかったけれど、あまりできることはない。ちょっとしたトリムさ。それがとてもうまく機能した。Q3にはかなり自信を持って挑んで、だいぶ速く走れたから全体的には本当に素晴らしいステップになったし、またポールをとれてうれしいよ。すべての土曜日と日曜日が特別だと思うから、ポール獲得っていうのも僕たちにとって、チームにも僕にとっても意味のあることだし、明日はいいスタートができるといいな。そして、最高のレースにしないといけないね。

Q: このレッドブルマシンはあなたにどんなパフォーマンスのアドバンテージを与えてくれていますか? 秘密はどこにあるのでしょう? このコースのどこでタイムを見いだしているのですか?

ベッテル: そうだね、先週のホッケンハイムでフェラーリがどこでタイムを見いだしたのか、僕たち皆が自問自答しているように、たぶんきっちり秘密にしておかないとね。僕はこのサーキットが自分たちに合っていると思っている。伝統的にここはマシンにとても厳しいサーキットで、マシンがかなりナーバスになる。路面は本当にバンピーだし、うまくまとめるのは楽じゃない。コースを知っておく必要があるけど、それだけじゃなくてマシンもなきゃいけないから、今週末、今のところは僕たちにとって本当にいい感じなんだと思う。コースが僕たちに、僕たちのマシンに合っているから、他の皆よりも少しだけ速く走れるんだ。明日は難しい1日になるだろうし、明日が本番。いつものように土曜日はポイントがあるわけじゃない。でも、今は土曜日にやれるベストを尽くしたわけだから、この結果は誇りに思っていいと思うし、今夜はよく眠れるはずだ。

Q: マーク、Q3まではあなたとセバスチャンの大接戦でした。何があったのですか?f1-2010-hun-xp-0673.jpg

マーク・ウェバー: 僕はベストを尽くした。たぶん、最初のアタックは一番クリアなラップじゃなかったとは思うけど、まあそういうものだから。セブ(ベッテルの愛称)は今日のポールにふさわしいよ。(1分)18秒7なんて、すごいラップだ。もちろん、もう少し僕たちの差は変えられただろうと思うけど、結局はきっちりラップをまとめた奴が(ポールに)なるわけだし、今日は僕の日じゃなかったってことさ。明日はフロントローだ。レースをスタートするにはそれでも十分いい場所だよ。皆が週末を通して本当に信じられないくらいの仕事をしてくれたから、明日のレースを楽しみにしている。

Q: チームがパフォーマンスのアドバンテージを有していると知りながらも、お隣のガレージの方があなたからポールを奪ってしまう可能性があるのはドライバーの見解からして、どれほど難しいのでしょうか?

ウェバー: そうだね、バルセロナの時とかなり似た感じだと思うよ。おそらく僕たち2人の戦いになるだろうとは分かっていたから。たぶん今日は他の皆が僕たちに挑戦するチャンスはなかっただろうと思うし、バルセロナの時みたいに僕たち2人の大接戦になるだろうと分かっていた。2人のうち、最速のラップを走った方がポールを取るだろうってね。

Q: レースのスタートに期待ですね?

ウェバー: うん、前進できるのはそこだけだから。

Q: フェルナンド(アロンソ)、今週末のフェラーリはレッドブルを追いかけ、その他のチームの中ではベストな位置につけました。f1-2010-hun-xp-0674.jpg

フェルナンド・アロンソ: 今週末はすでに昨日のフリー走行からレッドブルと僕たちとの間にかなりのギャップがあることは分かっていたと思う。今日は自分たちのポテンシャルをフルに生かしたと思っている。あなたがおっしゃったように、僕たちは残りの中で一番になるという自分たちの仕事をやった。レッドブルにおめでとうと言わないと。この週末は今のところ彼らが圧勝していて彼らの1列目はふさわしいと思うから、明日は自分たちが・・・

アロンソ:(続き)彼らに厳しいレースをお見舞いしてやれるといいな。ここまでの週末は彼らが楽勝だからね。

Q:明日のレースではどのようにしてご自身のポテンシャルを最大限に生かしていくのでしょうか? すべてはスタートでしょうか?

アロンソ:スタートが重要だってことは分かっている。ハンガリーも知っている。このコースはオーバーテイクがとても難しい。それに戦略が重要になるだろうってことも分かっている。スタート、第1コーナー、オープニングラップ、それが最終的な結果の60%か70%を占めると思うから、先週のホッケンハイムとおなじようにポジションを上げて、少しは戦えるように、良いスタートができることを願っている。

Q:セバスチャン、フェルナンドが真後ろにいます。フロントローの隣にはマークがいますが、スタートのプランはありますか? どちらに動かれるおつもりでしょう?
vettel2-lg.jpg
セブ:理想としては真っ直ぐさ。シナリオはいろいろと考えられるけど、結局、違ってくるかもしれない。僕たちは先週末から問題を見いだしたと思っている。最悪のスタートだったし、だからどっちに行くかを決めなきゃいけなくなった。普通のスタートができると自信をもっているし、僕たちにとって普通のスタートということは、良いスタートだってことだし、少なくともポジションは守れると思う。基本的にハンガリーではキレイな方のグリッドに着くのがとても重要なんだ。それによってレースが違ってきちゃう。それがハンガリー。ここは追い越しが本当に難しいから、当然スタートとターン1が重要になってくる。でも、その後も周回は続くし、この厳しいコースで70周を走るのはマシンにとっても厳しいし、ドライバーにとってもキツイから、明日はエキサイティングなレースになると思うよ。

Q:セバスチャン、チームメイトに対して、そして残りのドライバーたちに対して驚異的なマージンですね。秘密は何ですか?

セブ:秘密なんてないよ。昨日から僕たちはいい形ができていたと思う。どのくらいかは分からなかったけど、1列目は確実だと思っていた。1週間前と比べて、それほどクルマは変わっていないんだ。ただ、1週間前はフェラーリによく合ったコースでレースをしていたんだよ。つまり彼らが2週間ですごく進歩したということだね。みんなどうしてなのか不思議に思っていた。でも今週のコースは今の僕たちにピッタリ合っているみたいだ。きっと同じように、どうしてなのか不思議がられていることだろう。でも秘密なんてないよ。ホッケンハイム以降もハードワークをこなして課題を片付け、優位に立てるように週末へアプローチしてきた。実際そうなったと思うし、金曜、土曜とすっごくスムーズに事を進められたんだ。ポールになれてハッピーさ。僕とマークの差は常にわずかだったから、予選でポールはうれしい。今年は何度か経験しているんだけど、明日はきっと勝つチャンスがあるはずだ。

Q:しかし、ここは過去あなたにとってあまり縁起のいいサーキットではありませんね。

セブ:うん、かなりトリッキーなところだからね。あまりお行儀の良くない女性と一緒にいるようなものさ。簡単には手なずけられない。バンプは過酷だし、クルマはナーバス。すごく動き回るんだ。これまでのレースを振り返ると、ここでのレースには自信が大事だと思う。もちろんクルマの良さも必要だけど、自信を持ってなきゃダメなんだ。5m遅くブレーキングできたらエイペックスで時速5、6km速くなるから、かなり違う。去年は良いレースをしていたけどクルマは―――あれ? 逆だ。レースはイマイチだったけどクルマは良かったんだ。マークがファステストラップを出したし、今年も相性は良さそうだ。伝統的にダウンフォースを必要とする場所で、それは僕らの得意な分野でもある。

Q:午前中のセッションでは午後に向けて何を学びましたか? 朝はマークがとても速かったのを、午後になって逆転しましたね。

セブ:朝はトラフィックが多くてクリーンなラップが取れなかったんだ。ラップをまとめるのが難しかったんだよ。だからマークが速かった。それだけ。クルマには満足だったけど、微調整が必要だった。あと、予選の最初はさっき言ったみたいに動きが多すぎて、バンプや縁石を越えるときに自信が持てなかった。午前から午後にかけては正しいステップを踏めたと思う。秘密じゃないけど、フロントウィングを少しいじったり、タイヤプレッシャーを変えたりしてみるんだ。時にはそれがすごく大きな影響を与えることがある。タイヤプレッシャーを調整するだけで、コンマ2、3秒アップすることもあるんだ。コンマ3秒速くするのって、すごく難しいことなんだよ。タイヤがスパイス、あるいは最も重要なファクターの1つで、今日の午後はうまく使えたと思う。単純なことさ。

Q:マーク、あなたは1分18秒7というタイムを出せたと思いますか?

マーク:セブのラップは良かったよ。でも彼も触れたように、どれだけタイヤを温め、その1周ですべてをまとめられるかなんだ。今日の僕は速さが足りなかった。予選の2ラップを完全にまとめきれなかったんだ。セブの2回目のラップがどうだったかは知らないけど、1回目のラップはすごかったね。ああ、もちろんもっとうまくやることは可能だったさ。でも、実際にできなかった以上、今日は1番じゃなく、2番で当然。

Q:お二人とも2回目のアタックでタイムが伸びなかったので、セッション最後は少し拍子抜けでしたね。コースコンディションか何か、理由があったのでしょうか?

マーク:ラップを始めるときの準備が十分じゃなかったんだ。ルイスがいたし、クビサもラップの最初だか最後だかを走っていた。その中でタイヤなどの条件をすべてを3つのセクターで完璧に揃える必要がある。2回目のラップはそれが簡単に行く状況じゃなかったということだよ。

Q:あなたにとっては決して相性の悪くないサーキットです。事実、チームメイトよりも相性の良いくらいですね。8回のスタートで7回完走しています。どんな印象ですか?

マーク:うん、スタートは面白いだろうね。その後はまあ、このレギュレーションだから、起きてることが大変な展開になるかも知れない。まずはスタートに注目。その後は居眠りしないように頑張るよ。
sebmarkalonso.jpg
Q:フェルナンド、昨日のコメントから察するに、昨日から今日にかけてかなりやるべきことがあったようですね。ブロウンディフューザーについて、さまざまな作業を行ったのですか? 

アロンソ:まあそうだね。昨日はいつも通りフリー走行1と2を使ってデータ集めをした。このレースや今後のレース用に新しいコンポーネントをクルマで試して、機能するか調べたんだ。今日の朝はそれを予定通り適用した。最高のコンディションに仕上がったことは、このポジションから分かるはずだ。昨日、レッドブルとの間にあった差は、一晩でどうにかできるものじゃなかった。それは今朝も感じたし、今週末の彼らには手が付けられないよ。でも、レースは明日。セバスチャンが言ったように、土曜の結果を日曜に反映するのは難しいものだ。明日はできるだけ良いレースをして表彰台に上がりたい。今日の僕らの仕事はクルマをマックスの状態にすること、3番手というのがまさにそれで、望み得る最高のポジションだったと思う。自分のラップにも満足だよ。グリップもパフォーマンスも良かった。レッドブルのレベルにはかなわないけど、そのほかの中ではベストだからね。

Q:先週どなたかが、このコースのダーティー側のグリッドはシーズンで最悪だとおっしゃいました。明日は2番手に上がるチャンスがあると思いますか?

アロンソ:どうだろうね。基本的にはスタートの出来次第だと思う。ここのダーティー側がかなりひどいのは分かってるし、カレンダーでワーストと言えるかもね。でも、今年はダーティー側から良いスタートができたこともあるし、クリーン側で失敗したこともあった。それはスタート次第だよ。レッドライトが消えた瞬間の自分の反応にかかってる。スタートでオーバーテイクできるチャンスは十分あると思うけどね。

Q: フェルナンド(アロンソ)、1.2秒、これは予想されていた数字ですか、それともサプライズでしたか?

フェルナンド・アロンソ: サプライズさ、間違いなくね。4、5日前にはホッケンハイムで僕たちがレースに勝っているんだよ。フェラーリは(ホッケンハイムの)日曜日に最速のマシンだった。6日経ったら1.2秒遅れなんて、ビックリに決まっているでしょ。でも、さっきも言ったように、それでも自分はマシンパフォーマンスに満足しているし、何も間違ったことはなかった。自分たちのポテンシャルを目いっぱい発揮するつもり。僕たちは1.2秒だけど、5番手や6番手の人たちは2秒差だから、僕たち以上に心配している人がいるんじゃないかな。

Q: 今年のハンガリーにおけるラップタイムは驚異的な速さで、昨年よりもかなり速くなっています。この理由を説明できますか?

セバスチャン・ベッテル: まず、昨年のマシンやラップタイムと比較すると、昨年のマシンと今年のマシンを比べれば(今年のマシンは)ダブルディフューザーありきで製造されている。昨年はダブルディフューザーを持っているマシンもあれば持っていなくて後から足したところもあったから、それが違い。今年はレギュレーションがどうなるか、皆が分かっていたはずだからね。うん、そう、フェルナンドが言ったように、特にQ3のタイムは燃料を積んだ状態で走ったわけじゃないし。だから、当然ちょっとは速くなるはずなんだ。結局はコンディションや天候もちゃんとしていないといけない。それに僕はサーキットが金曜日から例外的にキレイだったと思う。ハンガリーじゃ基本、路面の改善が大きいから、それが主な理由だと考えている。

Q: フェルナンド、明日はどんなレース戦略を採用しますか? マクラーレンを引き離すような防御にでるか、少なくとも1台、あるいは2台のレッドブルを追い抜くために攻撃にでますか?

アロンソ: まあ考えてみるよ。さっきも言ったけど、スタートや第1コーナーがレースの重要なパートになるだろう。でも、予定を立てられるものなんかない。明日の午後はマシンのスタート、それにかかっている。本当に最高のスタートができることもあれば、それほど良くないこともあるから、いいスタートになるよう幸運を祈る。だけど、表彰台に上られれば満足だよ。そりゃそうさ。ここまでの週末がどんな感じかを考えれば、レースで優勝なんて夢だろうし。現実的にならないと。僕たちよりかなり速いマシンが2台いることは分かっているんだ。だから、今は予選で3番手がふさわしいと思うし、論理的に考えればレースも3位が妥当だろうから、自分たちに何ができるかを考えていく。現時点ではマクラーレンのドライバーが(ドライバーズ)選手権をリードしているし、マクラーレン・チームがコンストラクターズ(選手権)をリードしているから、僕たちはポイントをとって彼らとのギャップを縮める必要がある。もしレッドブルがチャンピオンシップをリードすれば、彼らがそうなってから何ができるか考えるけど・・・

アロンソ:(続き)今はマクラーレンからポイントを奪い続けないといけない。

Q:昨日は予選ペースを心配しているとおっしゃっていましたが、レースペースについてはそれほどでもないようでした。今でも第1コーナーを通過して2番手になれれば、それが唯一優勝するチャンスになると確信していらっしゃいますか?

アロンソ:明日また確認してみないといけないと思う。時々、ポールポジションを争う土曜日はレッドブルにあまり近づけないのに、日曜日になったらレースペースではかなり接戦だってことがある。僕たちがポールポジションから0.3秒か0.4秒くらい差をつけられていた時もそうだった。今日は1.2秒だから、明日はレースペースが良くても優勝を争うまではいかないだろうと思う。でも、まだ分からない。何が起こるか分からないからね。レースは70週。ドライバーにとっても、ギアボックスやエンジン、ブレーキにとっても本当に要求の厳しいサーキットなんだ。簡単なサーキットじゃない。ハンガリーではいろいろと面白いレースを見てきたから、チェッカーフラッグが振られるまで戦うつもりさ。

Q:マーク、あなたのマシンはベッテルのマシンとまったく同じですか?

マーク:うん。
160068.jpg


セブ君節が久々に出てましたね(笑)
女性に例えてサーキットを話してたけど、それだけ『達者』なんだろうか?と、ふと思ったりした(笑)
ハンナちゃんはほとんどレースには連れてこないところをみると、日本男児っぽいところがあるんだろうか・・・???

そしてアロンソがRBの弱点をついてます
予選では速いけど、決勝では~と。。。
お~っとっと!
大丈夫と言ってますが、おやぢもそこだけが心配な訳でございますよっ。

どうでもいいが、最後の質問、まだそんなイケズなことを聞くんですかぁ~って感じだけど、お約束って感じだわ(笑)

レースペースって部分ではマクラーレンがちょっと怖いけど、アロンソは今回マクラーレンを抑え、ポイントを奪うことが重要と言ってるので、スタートがうまく行って~オーバーテイクも難しいサーキットだし、そうすれば、必然的にRBも有利になるわけで~

ってコトで、今回はホントにスタートで全てが決まりそうです!

頼むぞセブ君!

神様っ!
セブ君に瞬時のの反応&マンディーちゃんにスタート時に極上の翼を授けて下さ~い★
げっちゅ

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiejuly21.blog14.fc2.com/tb.php/495-b3a9757d

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

Paul-Di-Resta TOYOTA USF1 Photo Lewis-Hamilton Sebastian-Bourdais Ralf-Schumacher Jérôme ESP F1-Gate.com PlanetF1 片山右京 Virgin-Racing Romain-Grosjean Jaime-Alguersuari 2010F1GP David-Coulthard Nico-Hulkenberg Jarno-Trulli F1通信 Bruno-Senna Sebastien-Buemi Flavio-Briatore PressConference Narain-Karthikeyan Michael-Schumacher カンポス Nicole-Scherzinger Ross-Brawn Vitaly-petrov Renault ToroRosso Hispania-Racing OfficialFormula1 Keke-Rosberg 動画 F1-Life 小林可夢偉 Ferrari イベント BBC-SPORT Alain-Prost ESPN-F1 Lotus Felipe-Massa Juan-Pablo-Montoya Jérôme-d'Ambrosio Jean-Todt Kimi-Raikkonen Sergio-Perez Jenson-Button MERCEDES-GP Robert-Kubica 日本GP Nico-Rosberg AUTOSPORTweb Vitantonio-Liuzzi Heikki-Kovalainen WRC d'Ambrosio Hispania GPUpdate.net F1通信 Peter-Sauber Gerhard-Berger :2010F1GP 雑誌 Seb'sdiary :F1-Gate.com 佐藤琢磨 Fernando-Alonso Williams autosport.com 鈴鹿 Felope-Massa 可夢偉Blog Fairuz-Fauzy Pedro-de-la-Rosa Ayrton-Senna Luca-Badoer Bild superGT 日本GP RALLY-PLUS.NET MercedesGP Sauber RedBull Sebstian-Vettel 鈴木亜久里 Vitaly-Petrov Motorsport.com Sauber Nelson-Piquet-Jr F1トップニュース Lucas-di-Grassi HONDA oto Rubens-Barrichello BMW Q&A ステファン 脇坂寿一 Adrian-Sutil N-F1 Giancarlo-Fisichella Mark-Webber セブパパ Nick-Heidfeld 2011F1GP Timo-Glock Race-of-Champions 山本左近 Christian-Horner McLaren Mika-Hakkinen オモシロPhoto 中島一貴 Force-India Adrian-Newey 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
873位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
5位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。