Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

スポンサーサイト

Posted by おやぢ幸栄 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round19 アブダビGP 予選後の記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 19.2010 F1 GP 2010   0 comments   0 trackback
Tag :Photo Sebstian-Vettel 2010F1GP PressConference Fernando-Alonso ESPN-F1 Lewis-Hamilton
ヤス・マリーナ・サーキット 


アラブ首長国連邦・アブダビ

  • 回路のタイプ Raceヤス・マリーナ・サーキット
  • コース全長 5.554kms
  • コーナー数 21
  • 周回方向 反時計回り
  • 観客収容人数 50,000
  • 設立年 2009
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
  • 周回数 55

タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目13:00 - 14:30 (18:00 - 19:30 / 日本時間)
2回目17:00 - 18:30 (22:00 23:30 / 日本時間)

快晴
ドライ
 

土曜フリー走行
14:00 - 15:00 (19:00 - 20:00 / 日本時間)
予選
17:00 - 16:00 (22:00- 23:00 / 日本時間) 

快晴
ドライ

 

日曜決勝
 
 17:00 (22:00 / 日本時間)  
 


すっかり気分はレース終了ですが(笑)
順を追って振り返っていきましょう!!!

Q: セバスチャン(ベッテル)、重要なタイミングで貴重なポールポジションです。史上最年少チャンピオンに向けて最高のチャンスを得ましたね。Click to display the full-size image

セバスチャン・ベッテル: そうだね、ポールからスタートする以上にいいことはないしね。タフな予選セッションだったよ。コンディションがトリッキーになるだろうってことは分かっていた。夜は少し気温が下がるから。昨日の午後、というか夕方以降のフリー走行ではそれほど良くなくて、100%満足していたわけじゃないけど、今日はポールを争えるくらいになったから大きく前進できたんだと思っている。特にルイス(ハミルトン)とは超接戦だったね。結局のところ、2回のアタックをやった方がいい選択だったのかもしれない。終盤のサーキットの改善具合にはびっくりしたけど、最後に出ていってやり遂げた。今日はチーム全体が、皆が、本当にいい仕事をしたと思う。タイトなセッションだったから、今は明日が楽しみだ。

Q: 今シーズン10回目のポールポジションです。ものすごい一年でしたね。Click to display the full-size image

ベッテル: うん、間違いないね。この間、何人かのドライバーがシーズンにどれくらいのポールを獲得していたのか、数字を見たんだ。(アイルトン)セナとか(アラン)プロスト、マイケル(シューマッハ)の。彼らは皆10回以上の記録があって、自分はトップじゃなかったから、来年はもしかしたらいけるかな。でも、今回も本当にすごい予選だった。問題はなかったし、マシンはずっとコンペティティブだった。本当にうれしい。1年の予選で10回のポールは素晴らしい結果だし、僕たちのマシンがどれだけ優れているかを示している。

Q: ルイス、Q2ではフェリペ・マッサ(フェラーリ)との一瞬など、何度かヒヤッとする場面がありました。Q3では迫りましたが、十分ではなかったでしょうか?Click to display the full-size image

ルイス・ハミルトン: 今日は僕たちにとってはるかにいい週末さ。もしくは、いい週末のスタート。チームはマシンのパーツ改良で素晴らしい仕事をしてくれた。そのおかげで今週末はずっと競争力を発揮できているんだ。本当にいい気分だよ。僕たちは失うものがないし、すべてが前進になる。僕たちはとても落ち着いているし、とてもハッピーだ。ジェンソン(バトン)も素晴らしい活躍だったね。明日、フェラーリよりも多くのポイントを得られるという希望を抱くにはいいステップ。自分のポジションに不満はないさ。

Q: 今日のような状況で、プレッシャーがないのはどれだけ助けになりますか?

ハミルトン: かなり。2007年と2008年の最終戦は本当に信じられないくらいのプレッシャーがあったけど、今週末の僕はだいぶ違うからね。僕はとにかく楽しもうと思っているし、ドライブを楽しんでいる。明日も楽しみだ。

Q: フェルナンド(アロンソ)、最後の最後までトップ3圏外でしたので、プレッシャーがあったかと思います。あなたが抱えていたプレッシャーについて聞かせてくださいますか?

フェルナンド・アロンソ: そうだね、誰にとってもタフな予選だったのは明らか。Q2もQ3も順位は変わり続けた。Q3が終わるまで自分がどれだけコンペティティブかは分からない。最初のアタックは良くなかったと思う。最初のセクターでトラフィックに引っかかっちゃったから、タイヤの2セット目はもう少しポテンシャルがあると分かっていたんだ。だから、限界までプッシュして3番手、最高だ。昨日はセットアップでいい仕事ができたと思うし、レースペースや予選ペースもいい感じだった。今日の予選は僕たちにとっては良かったと思う。あともう1日を完ぺきに過ごすだけ。

Q: チャンピオンシップを考えると、今はご自身のポジションをどれだけ強力だと思っていらっしゃいますか?

アロンソ: 2日前、最初のフリー走行の前と状況はほとんど同じだと思うよ。自分たちは状況を分かっている。4人の候補者がいる。すべては明日のレース次第。レースでは何が起きるか分からない。この2、3レースでも変化を見てきたでしょ。韓国ではレッドブルが本当に強かったけど、メカニカルトラブルでレースを落とした。ブラジルではフェリペ(マッサ)もそうだったけど、メルセデスGPのピットストップで問題があったから、レースの状況になれば何が起きても不思議じゃない。トラブルなく55周を走り切らないといけないんだ。誰にとってもタフで長いレースになるはず。でも、現時点で引用

アロンソ:(続き)自分たちのいるポジションは本当に強力だと思っている。

Q:セバスチャン、明日は頂上決戦です。重要な1日を前に、どのようなお気持ですか?

セブ:そうだね。レースを楽しみにしているよ。このコースは好きだからね。去年はここで本当に素晴らしい経験をした。マシンはファンタスティックだったし、レースではそれ以上に強いと思うから、どうだろうね。フェルナンドとルイスが言ったように長いレースになるし、何が起きるか分からないから、一歩一歩進まなきゃ。今日は自分たちにできる最高の仕事ができた。明日もしっかりそこにいれば、自分たちのベストは尽くせるはずだし、あとはどうなるか見てみる

Q:セバスチャン、選手権の順位と、ポールポジションを獲得した状況を踏まえて、他に3人の方がポールを狙っていたわけですが、今のお気持はいかがですか?

セブ:いいよ。

Q:どういいですか?

セブ:とてもいい。今日はタフな予選セッションだったと思う。昨年も、僕たちは午前と呼ぶけど、実際は午後と夜のセッション間でコンディションの変化が激しかった。だから、トリッキーになるだろうって分かっていたし、実際に予想できた人はいないと思う。どってのタイヤが一番機能する、とかね。厄介だったよ。いつもはショートラン、1回のアタックを見ることが多いと思うけど、ここは違う。サーキットはかなり良くなっていた。Q3の最後は一度しか走らなかったんだ。3分半は待機して、それから出て行った。そして3周。接戦だったけど十分だった。後知恵なら、たぶん2回アタックした方がもうちょっと速かっただろうと言えるけど、でも1周目で状態が良くなくて、まだタイヤが機能していなかったからオプションを履くのはかなりリスキーだと思ったんだ。一発でいくと決めて、それがうまくいったから、結局はいい仕事ができたと思うし、ベストの結果を残せている。さっきも言ったけど、1年に10回のポールポジションは悪くないよ。だから、この後の結果は何だってボーナスさ。ここ数戦はずっとそう言ってきたでしょ。僕のシーズンはアップダウンがあったし、違う立場にいなきゃいけなかったのに、そうなっていない。それでも、強力なポジションにいる。ここでポールを獲れたことは明日のレースに向けて重要だ。長いレースだし、いろんなことが起こり得る。どうなるかはそのうち分かる。マシンは速そうだから楽しみ。今年のレースで勝てるマシンがあるか、と言われても分からない。昨年みたいになれば嬉しいサプライズだね。だから楽しみにしているよ。

Q:プレッシャーは少し軽減されましたか? あるいはプレッシャーはまったく感じていらっしゃいませんか? Click to display the full-size image

セブ:フロントロー、理想としてはポールにつけるマシンを持っていると分かっていても、いつだってタイトだ。ここでも、最後のルイスは特にそうだった。確か、0.3秒か0.04秒くらいだったかな?タイトだったし、僕がスローダウンしている時も2回アタックした彼らはまだアタックラップ中だったから、できるだけたくさんフィードバックを得ようとしていた。最後はとにかく待つしかない。もう変えられないしね。十分だったから良かったよ。プレッシャーについては、前にも言ったように自分たちのポジションは分かっている。今年のチャンピオンは自分たちがリードしているわけじゃないから、フェルナンドやマークの方がプレッシャーを感じているんじゃないかな。僕たちはベストを尽くす。ルイスと似たような立場さ。ここでのドライブを楽しんでいるし、明日は優勝を狙う。あとは待つしかない。

Q:今日はマシンから素晴らしい力を引き出しましたね。昨日からかなり変更されたのでしょうか?

セブ:うん、そう。最悪ってわけじゃなかったんだよ。ルイスとマクラーレンから0.2秒遅かっただけ。燃料とか、どれくらいあるか分からないことがあるけど、ペースは問題なかった。予選ペースにはちょっと満足できなかったけど、レースペースはもっといい感じだった。今日は前進できたと思う。別にものすごく何かを変えたってわけじゃない、そんなにたいしたことじゃないけど、それが少しの速さに繋がった。ここはトリッキーだからね。トリッキーなコースにトリッキーなコンディション。常に注意していないといけないし、昨日は夜遅くまで一生懸命働いて、それが報われたんだ。だから、明日がどうなるかは見てみよう。

Q:ルイス、昨日のマシンが本当にいい感触でリアウィングが特にうまく機能し、それが今日の結果に繋がったと述べておられましたね?

Click to display the full-size imageハミ:ああ、みんなが素晴らしい仕事をしてくれたんだ。リアウィングの修正は100%じゃないけど、使うポイントでは機能してくれるようになったから、今週末は少し利益を得ることができているね。全体的には僕らにはいい直線スピードがあるし、マシンに投入された他の小さな改善によって感触は本当にいいよ。すごく満足できているんだ。最近の予選では最高位の結果だったから、いい気分さ。

Q:最後のアタックではトラフィックがかなりありましたが、いかがでしたか? 同じことはフェルナンドにも言えますが、最後のアタックに影響してしまったのでしょうか?

ハミ:いや、僕に影響はないよ。僕はかなりいいポジションにいたからね。時には最後にアタックするドライバーになりたいものだけど、幸運にも僕らは2台のフェラーリとニコの前にいることができたんだ。ルーベンスが僕の前でアタックに入っていたこともあって、彼に引っ張ってもらうこともできた。スピードを緩めることもなかったし、彼との間にギャップを築いてクリアの走行ができたよ。本当にいいラップが刻めた。すごくうれしいよ。

Q:序盤には第1シケインでフェリペと接近する場面がありましたね? Click to display the full-size image

ハミ:ああ、ああいったことは起きるものさ。その周回を完了できたのはラッキーだった。

Q:それによってマシンにダメージはありましたか?

ハミ:うん。

Click to display the full-size imageQ:フロントウィングを当てた程度なのか、それ以上のダメージがあったのですか?

ハミ:単にフロントウィングだと思う。幸運にも、そこに設置されていたボラードはあまりマシンにダメージを与えないものだったんだ。

Q:フェルナンド、先ほども言いましたが、最後のアタックの序盤にトラフィックがありました。あなたには影響がありましたか?

アロンソ:いや、問題なかったよ。タイムアタックを完了するために、コントロールラインを横切るためのマージンがギリギリだったんだ。僕らはエンジニアたちから、マージンが10秒ぐらいだって教えられた。あまり最高とは言えないけど、十分だったよ。

Q:あなたのチームメイトにとっては最高ではありませんでしたね? 彼がコントロールラインを横切ったのは、残り時間が0.5秒くらいだったかと想像していますが。

アロンソ:そうだね。誰にとっても楽じゃなかったけど、少なくとも僕にとっては大丈夫だったんだ。 Click to display the full-size image

Q:2番手よりも3番手のほうが良かったと思っていませんか? このサーキットのグリッドには、きれいな側と汚れている側というのは存在するのでしょうか?

アロンソ:大きな差があるとは思わないけど、差がないのだとしたら、そのようには考えないよ。4番グリッドのドライバーよりも8m前方にいるんだから、4番手よりも3番手が良かったということさ。

Q:最も重要なのは、マークの前にいることでしょうか?

アロンソ:まあ、明日のレースを見てみようじゃないか。もちろん僕が3番手でマークが1番手よりいいよ。それは間違いないけど、昨日もプレスミーティングで言ったように、レースは明日なんだ。土曜は重要だってことは理解しているけど、最近のレースは興味深いものとなり、メカニカルトラブルや問題、ミスなっかが発生しているから、明日はそれらのすべてを避けたいね。この予選のポジションは悪くないけど、ポイントが与えられるレースは明日だ。今日のポジションには満足しているけど、まだ何も成し遂げていないってことさ。

Q: フェルナンド、最後のラップについて解説をお願いできますか? セクター1ではあまり速くなかったのに、最後で奇跡を起こしましたね。 Click to display the full-size image

フェルナンド・アロンソ: Q3の最初のトライでは最終セクターでトラフィックがあったから、2セット目のタイヤに替えてからは、最終セクターで前のラップタイムを上回れると確信していた。そのためにセクター1と2では少しタイヤをセーブしたんだ。もちろんスーパーソフトの方なんだけど、ラップの終盤はすごく温度が高くなるんだよ。だから落ち着いてラップをこなさなきゃならない。例えQ3の最後のチャンスでも、冷静さが必要なんだ。最終セクターは40秒もあるから、大幅なタイムアップができる場所だ。

Q: フェルナンド、あなたにとって大きなポイントは、セバスチャンとマークの間に人がいることですね。その2人の間には3人がいて、マークはあなたの2つ後ろのポジションです。これはタイトルに向けていい兆候だと思いますか?

アロンソ: 木曜にも言った通り、今週末の僕らのメインターゲットは最善の仕事をすること。クルマのポテンシャルを100%出し、チームがみんな同じ方向を向いて1つになることだ。ポールになることもあれば、レースに勝つこともあり、時には3位になったり4位になったりもする。レースに明白な目標はなく、ただベストを尽くすだけ。それが十分かどうかは明日、見てみよう。レッドブルとの問題は僕らの仕事じゃない。

Q: ルイス、あなたは無線でフェリペが邪魔をしたと言っていましたね。あれはアクシデントだったのですか? それともあなたのラップを妨げようとしたのでしょうか?

ルイス・ハミルトン: 僕はアタック中じゃなかった。ピットを出たところだったんだよ。後ろの彼も同じだったんだけど、誰かがラップ中だって連絡を受けて――ちょうどブラインドスポットになる場所で邪魔をしたくなかったから、僕はターン3でコースに合流した時にダーティなエリアを走ったんだ。後ろから来る誰かにスペースを空けるためにね。それで戻ろうとしたらコーナーの直前で、外側にフェリペがいたんだ。どういうことだったのか、よく分からない。後で調べてみるよ。

Q: フェルナンド、明日のスタートの計画は? ルイスにアタックするのか、落ち着いて状況をコントロールするのか、どちらですか?

アロンソ: まずは、スタートの出来を見てみないとね。普通は最初の10mか20mほどで、いいスタートか悪いスタートか分かる。良ければアタックも考えられるし、何か違うと感じれば、ポジションを守ることを考える。10mか20mすすんでからの状況に応じた反応だよ。でもたぶん、1コーナーでチャンピオンシップが決まることはないと思うよ。可能性があるとすれば、失うことだ。やってみるしかない。

Q: 明日、あなたは3度目のタイトルを手にするかもしれません。どんな胸中ですか?

アロンソ: 自信がある。チャンピオンシップに対して、この5カ月ずっと自信を持っていた。残りはあと1日。レッドブルはここ3、4戦圧倒的に速かったから、この週末は難しいと分かっていた。セットアップを進め、タイヤの走行で興味深いデータを得て金曜日が過ぎた。チャンピオンシップのためにいいポジションで予選を終えて土曜が過ぎた。明日は運命の1日、日曜日さ。

Q: フェルナンド、オプションタイヤについて不安はありますか? 問題になる可能性は?Click to display the full-size image

アロンソ: みんな状況は同じだと思うし、僕らはいい方だと思う。1ラップしかアタックしていないからね。レッドブルは3、4周してるはず。あまり心配してないんだけど、昨日ルイスがスーパーソフトでデグラデーションを経験したみたいだから、燃料を積んだ明日は注意が必要だろう。でも、ライバルもみんな同じだから、特に変わりはない。

Q: フェルナンド、あなたは以前にもこのような立場を経験しています。タイトルを獲得したほかの土曜日と比べて何か違いはありますか?

アロンソ: 違いは毎年あるよ、たぶん。もちろんクルマの競争力、過去3、4戦のグランプリの速さ、どれだけクルマの強さを感じられるか、どれだけ確信が持てるか――今年、ある意味違うと感じるのは、僕らが普通に戦って最速じゃないってことくらい。特に土曜日は1ラップのペースに苦しむことが多いけど、タイヤの劣化は少ないし、レースペースは通常いいから、明日は自信を持っている。それから今年はチームのサポートにすごく感謝している。スクーデリア・フェラーリ・マールボロの雰囲気は1年中良かった。明日がどうなっても、僕はクルマに満足。前に言ったように、2010年は僕にとって本当にすごくいい年だった。

Q:セバスチャン、なぜタイヤのウォームアップにそれほど懸念があったのですか? 個々のサーキット特性によるもの、それともセットアップによるものですか?

セブ:サーキットの方だろうね。去年はみんなQ1で1ラン、Q2で1ラン、Q3で1ランした。今年はタイヤが少し違っているから、その影響もあるのかな?夕方になって気温が下がり、周囲の温度も下がって路面温度も下がる。そんなに劇的にじゃないけど、日光がなくなるから、少し変わるんだ。昨日はあまりコンペティティブな1日じゃなかったけど、今日の夕方、夜、とにかく最後は他のクルマと同じくらいいい感触を得ていたよ。サーキットはずいぶん改善した。難しい判断だったけど、最終的に予選で必要なのは1ラップなんだ。だから1ランを選んでそれを実行した。今から振り返ればQ3でも2ランもできたかもしれない。その方が安全だし、毎回1セットのタイヤで1ラッププッシュすればいい。次のラップのことを考えずに済むし、最初にそれほどハードにプッシュしなくて済むかもしれない。1ラップ1ラップっていうように単純な方が楽だけど――ここはコンディションとかいろいろあるから、ほかの場所に比べてそれほど簡単じゃないんだ。

Q:セバスチャン、ここ数日数週間の議論はどうもあまり意味をなさなくなりましたね。もし、明日にレースに勝ってレッドブルがドライバーズタイトルを獲得したらどう思いますか?

セブ:さあ、どうだろ。自分が勝てばすごくうれしいし、勝てなければ、誰が勝つか見守るだけ。プラクティスセッションの間にはいろんなことがあるって言ったよね。昨日は今日ほどハッピーじゃなかったけど、今日の結果には満足さ。マークはQ3で苦戦したみたいだね。どうしたんだろう。Q1とQ2はもっと近かったんだけど。ほら、こうやって物事は簡単に移り変わる。でも、一番大事なことはここ数日言い続けているように、自分たちの仕事に集中すること。できることをすべてやって、あとは待つだけ。

Q:セバスチャン、あなたはチャンピオンシップに関して他者の結果次第という立場です。先頭ということで安心されているでしょうが、レースの状況はどう捉えていますか? Click to display the full-size image

セブ:まずはレースをフィニッシュすることが目標。スタートを決めること、そしてできるだけいい順位で終えること。自力で決まらないというのはその通りさ。だから僕にできるのは自分たちのパフォーマンスを最大にするだけ。自分のことに集中して、あとは周りの結果次第。ステップ・バイ・ステップでいくしかない。それが道理なんだ。ブラジルへ行く前、ここへ来る前から、レースのスタート前、イベントの前から分かっていたことだよ。いつも通り、いいスタートが出来るように集中する。最近スタートは良かったと思うから、まあ見ててよ。ここは他の場所よりタイトだって言ったよね。フェラーリが強いし、マクラーレンもすごく強い。長いレースが終わって、コースを囲むスクリーンを見た時に、他の人たちの順位を把握できるはず。お祝いができるかどうかはその後で分かるはずだ。

Q:サーキットのオフラインはかなり汚れているそうですが、競り合いやオーバーテイクは難しいのでしょうか?

ハミ:そんなに問題ないと思うけどな。実際、オフラインはそれほど汚れていないよ。すごくスムーズなサーキットだ。走行側は少しラバーが載っているけど、モントリオールのような場所とは違う。オフラインからのターン8のストレートエンドでインに飛び込んでブレーキングするのに、問題はないよ。

Q:フェルナンド、中心テーマに戻りますが、今日マックス・モズレーがこう言いました。7ポイント以下の差であなたがタイトルを獲った場合、その資格はあなたにはないと。明日、あなたが3位で、セバスチャン、が勝った場合、6ポイント差であなたがチャンピオンです。ご自分は王者にふさわしいと思いますか?

アロンソ:イエス。

Q:それはなぜ?

アロンソ:もうこの話は十分だろう。今この瞬間、土曜日の予選後に一番大事なことは、僕らがファイナルレースに集中することだよ。
Lewis Hamilton, Sebastian Vettel and Jenson Button

この子がウラヤマシイ・・・                       それにこのセブ君の優しさ溢れる表情が♡

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiejuly21.blog14.fc2.com/tb.php/673-199a2970

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

Fernando-Alonso F1通信 Flavio-Briatore Hispania-Racing Adrian-Sutil Mark-Webber Ralf-Schumacher Bruno-Senna Mika-Hakkinen Sauber 日本GP David-Coulthard 2011F1GP Virgin-Racing Nicole-Scherzinger F1-Gate.com Kimi-Raikkonen 小林可夢偉 ESPN-F1 N-F1 Jean-Todt Peter-Sauber Romain-Grosjean Gerhard-Berger AUTOSPORTweb Juan-Pablo-Montoya 雑誌 oto Fairuz-Fauzy 動画 MERCEDES-GP Jérôme-d'Ambrosio 2010F1GP Sebastien-Buemi ステファン Felope-Massa Jenson-Button Paul-Di-Resta OfficialFormula1 Vitaly-Petrov Motorsport.com Nico-Hulkenberg オモシロPhoto PlanetF1 d'Ambrosio Rubens-Barrichello Felipe-Massa Force-India Jérôme Sebastian-Bourdais Sebstian-Vettel Ayrton-Senna PressConference WRC Williams Christian-Horner Narain-Karthikeyan Lotus Nelson-Piquet-Jr Timo-Glock Pedro-de-la-Rosa ToroRosso Giancarlo-Fisichella GPUpdate.net Bild Race-of-Champions superGT Nick-Heidfeld :2010F1GP Keke-Rosberg Nico-Rosberg 山本左近 Hispania Alain-Prost USF1 脇坂寿一 中島一貴 鈴鹿 Ross-Brawn Renault HONDA Sergio-Perez 鈴木亜久里 イベント TOYOTA RedBull Vitantonio-Liuzzi セブパパ F1トップニュース カンポス Jaime-Alguersuari Adrian-Newey 可夢偉Blog Lewis-Hamilton ESP RALLY-PLUS.NET 片山右京 佐藤琢磨 BBC-SPORT Robert-Kubica Michael-Schumacher Seb'sdiary MercedesGP Luca-Badoer F1-Life BMW autosport.com F1通信 :F1-Gate.com Vitaly-petrov Lucas-di-Grassi Jarno-Trulli McLaren 日本GP Ferrari Q&A Photo Sauber Heikki-Kovalainen 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
6位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。