Sebastian Vettel

惚れてます(笑)
セブくんホームページ/

Kamui Kobayashi

必ずやってくれるぞっ
可夢偉ホームページ

Kimi Raikkonen★Nico Rosberg

かむばっくぷり~ずKIMI~ 王子Nicoも頑張れっ★
おやぢはこんなヤツです『プロフ2』

Round2 マレーシアGP 予選後の記者会見

Posted by おやぢ幸栄 on 11.2011 F1 GP 2011   0 comments   0 trackback
Tag :Photo Sebstian-Vettel ESPN-F1 2011F1GP Lewis-Hamilton Mark-Webber PressConference RedBull McLaren
セパン・インターナショナル・サーキット
マレーシア・クアラルンプール

  • 回路のタイプ Raceセパン・インターナショナル・サーキット
  • コース全長 5.543kms
  • コーナー数 15
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 133,000
  • 設立年 1999
  • サーキットデザイナー Hermann Tilke
  • Lap Record:1:34.223 - JP Montoya (2004)Williams

タイムテーブル 

金曜フリー走行
1回目10:00 - 11:30 (11:00 - 12:30 / 日本時間)
2回目14:00 - 15:30 (15:00 - 16:30/ 日本時間)

土曜フリー走行
13:00 - 14:00 (14:00 - 15:00 / 日本時間) 
予選
16:00 - 17:00 (17:00 - 18:00 / 日本時間) 

日曜決勝 
 16:00 - 18:00 (17:00 - 19:00 / 日本時間)  


173261.jpg 

Q セバスチャン(ベッテル)、昨年から数えると3戦連続でのポール獲得ですが、オーストラリアより今回は少しばかり接戦ですね。 173299.jpg

セバスチャン・ベッテル: そうだね、まったくその通りだと思うよ。予選までは本当にチャレンジングな週末だったからね。マシンには満足していたんだけど、リズムにまったく乗れなくて昨日は思うようにスムーズにはいかなかった。今朝もそう。でもマシンには自信を持っていた。大事なことはやれると信じ続けること。予選ではわりと、うまくいったから最初のセッションも2回目も3回目も本当に良かったと思うし、今言われたように最後はマクラーレン勢とかなり接戦だったね。だから、本当にハッピーだ。KERSの担当者は特にだけど、チームの皆を褒めたい。前回のレースの後、ずっとKERSを使わなかったことでかなり非難された。自慢にはならないことだけど、ここに来てからはほとんどの問題を解決できたし、今日もしKERSがなければ僕たちはここにいなかったんじゃないかな。僕たち2人ともね。だから、素晴らしい偉業だと思うし、皆を称賛したい。僕たち全員が協力してがんばってきたから、これがご褒美ならまたがんばれる。本当にうれしい。

Q レースと予選を前に、一瞬、自分が正しかったことを証明しようとされているのかと思ったのですが、マクラーレンがかなりレッドブルに追いついたとはいえ、今回は違いました。これまで抱えていた問題について教えてください。なぜあれほど苦しんでいらっしゃったのですか? 173312.jpg

ベッテル: マシンに何かトラブルが起きていたとか何かがおかしかったとかいうわけじゃない。何も壊れていなかった。ただ単にスムーズにいかなかったから、どのラップでも自分たちの思い通りにはいかなかったってこと。ちょっとしたトラフィックがあったり、自分がミスしたりね。あまりすべてがうまくまとまらなくて、僕はもちろん、たぶんチームも、リズムをまったく見いだせなかった。このコースはかなりチャレンジングになることがあるから。ラインの違うコーナーがたくさんあるから、毎年、理解するのに少し時間がかかる。結局は自分たちがやれるんだと立証できたから本当にうれしい。ギャップはオーストラリアの時よりだいぶ小さくなっている。つまり、物事は早急に変化するってことだね。次のレースはどうなるか分からないし。今は明日に集中する。今日はいい仕事ができたから、満足していいと思う。難しいレースになっているから、皆のためにもうれしいんだ。ガレージは本当に暑い。湿度が高いから皆汗だくだよ。彼らは今夜初めてゆっくり眠れるから、僕もうれしいよ。

Q ルイス(ハミルトン)、昨年のカナダGP以来のポールかと思われましたが、がっかりされていますか? それともご自身とマクラーレンがレッドブルに近づけたことに満足されているのでしょうか? 173304.jpg

ルイス・ハミルトン: ガッカリなんてできないんじゃないかな。前回のレース前にも言ったけど、あそこでレッドブルと張り合うなんて最高の仕事ができたと思っているから、皆のがんばりは本当に誇りだ。今週末に向けてはいくつか新パーツを準備してくれたし、とにかく一貫して前進を続けている。それについては満足できると思うよ。(マシンを)P1(ポールポジション)に持って行きたかったけれど、この2人はまだわずかに優位に立っている。明らかに僕たちがギャップを少し縮めたからここにいられるんだと思う。ラップは完ぺきじゃなかったから、改善しないといけない。

Q つまり、まだ力を出せたということですか? どの段階で自分たちがポールを取れるかもしれないと思ったのですか? それとも、レッドブルが少し抑えていると疑っていらっしゃったのでしょか?

ハミルトン: 彼らが最後の走行に向かうまでは、いつも少し押さえ気味なんじゃないかと考えている。分かることじゃないからね。基本的に彼らは最後にもうひと押ししてくる傾向があるし

ハミ:(続き)今回もそう。明らかにQ3までにペースを少しづつ改善して、Q3の最後にラストスパートだ。自分のアタックについては1コーナーでほんの少しタイムロスした。でも、完璧にいくことなんてほとんどないわけだから、そこにガッカリしてはいられない。

Q:マーク、ラストアタックで4人のドライバーがポールを争っていました。誰かは逃すわけですが、今回はあなたがフロントローを逃してしまいました。ラップ全体を通してどれだけ接戦かはご存知でしたか?173301.jpg

マーク:ああ、もちろんさ。オプションで初めて走った時から、皆が似たようなペースだと分かっていた。僕たちにとってはとても分かりやすいことだったし、自分たちにできる限り速く走ろうとしただけ。タイトさはコントロールできないからね。誰が0.3秒で0.2秒とか言う話じゃなくて、とにかく自分のベストを尽くすだけ。メルボルンに比べれば今日の僕は良いパフォーマンスだったと思うから、明日を楽しみにしている。

Q:スタート位置として3番手はそれほど悪くないと思います。確か昨年はセバスチャンが3番手から優勝しているはずです。

マーク:そうだね、明日のグランプリは昨年と違うレースになるだろうし、面白いと思うよ。

Q:セバスチャン、その点では明日のレースはどれほど違ってくると思いますか? おそらくタイヤは希望されるほどもたないと思いますが、第1スティントでどれだけギャップを築けるでしょうか?173311.jpg

セブ:そうだね、オーストラリアでかなり学んだと思う。ここではタイヤがほとんどもたないし、オーストラリアで走れた距離に近くもない。ここは違う。コースは違うし、コンディションも別。かなり暑いから、タイヤにとってはもっとキツイ。昨日、アイディアは見つかったと思っている。僕たちはとても満足していたから、何ができるか見てみるよ。もちろん、マークも言ったように、だいぶ違うレースになるだろう。オーストラリアよりもピットストップが増えると予想強いている。どれくらいかは見てみないと分からないけどね。レースを見ている皆がカウントを間違えないように願うよ。僕たちは最後まで頑張るから、見ている皆も頑張ってほしい。

Q セバスチャン、タイトだったのはタイムだけではありませんでした。ラインを越えるタイミングもギリギリでしたね。残り4秒でしたよ。 

セバスチャン・ベッテル: うん、そうだね。ギリギリなのは分かっていたよ。出て行った瞬間に分かった。ピットアウトしたのは僕が最後だったし、前にルノーかロータスと、ジェンソン(バトン)がいた。マージンさえあればもう少し早くラインを越えたかったけど、そうしたらジェンソンに追い付いてしまって走る意味がなくなってしまう。だから間隔を取らなければいけなかったんだ。あれ以上は近づけないギリギリの予選ラップだったと思う。4秒しか残っていなかったとは知らなかった。タイトなのは分かっていたけど、10秒くらいはあるかなと思っていたんだ。でも肝心なのは間に合ったことと、その後のラップの出来だ。

Q あなたにとってここでのベストグリッドですね。通算17回目のポールです。 s2_8530.jpg

ベッテル: うん、去年はマークがポールで僕が3番グリッドだった。ターン1で去年の仕返しをされないことを願うよ。すごく長いレースになるだろうし、去年は状況が違っていた。でも全体的にはすごく満足だよ。先に言った通り、週末の間クルマには満足だったんだけど、それを自分で生かし切れていなかったんだ。どうしてもリズムがつかめなかったっていうのかな。でもクルマはいいって信じていたし、どこかに力が隠れているのは分かっていた。大きな問題はなかったんだけど、本当にトラブルフリーで走れたのは予選が初めてだったと言っていい。だからこの結果はすごくうれしいし、チームとファクトリーのみんなには感謝しなきゃね。たった2週間、というか実質的には10日間という短い時間で、しかもシルバーストーンじゃなく、オーストラリアやマレーシアといった遠く離れた場所で、KERSを使えるようにしてこの違いを生み出せたことにすごく満足しているよ。それなしではマクラーレンの2台に抜かれていたかもしれないんだから、ハッピーさ。

Q あなたとルイスの差は0.1秒です。これは正確ですか? s2_8522.jpg

ベッテル: 予選っていうのはすべてをさらけ出して手の内を見せる場だと思う。やり遂げたことに満足している。グリッドが入れ替わったから、きれいな側に着くことがすごく重要なんだ。まだ分からないけどね。一方で未知数もまだまだある。明日は長いレースだ。明日の朝目覚めたら今日はもう過去だし、新しい1日、新しいチャンスが待っている。ポールからスタートすると、それより上には行けないけど、まずは仕事をやり遂げないとね。ここまで雨が降っていないのは驚きだけど、まだ可能性は大いにある。だからどんなこともあり得るし、保証はどこにもない。

Q: ルイス、あなたは2番グリッドです。この週末新しいパーツがあるとおっしゃいましたが、それは昨夜到着したのですか? 今朝1階に7つの箱とスーツケースがおいてあるのを見ましたが、中身はあなたの新しいオーバーオールではありませんよね。 173313.jpg

ハミルトン: オーバーオールだったかもしれないよ。ここにタイガーが入っているの、分かる? 新しいコンポーネントについてはもっと早く届いていたから、金曜日から使っている。だから今朝は何も新しいものはない。大きなものじゃなく、ちょっとしたクルマの改良さ。でもどうやら今週末はこの2人にかなり近づけそうだ。ここでのアップデートパッケージは思ったほどの効果がなかったから、いい兆候だよ。まだまだ伸びる余地があるってことだからね。文句は言えないさ。フロントローだもの。オイルがきれいになったか確認しておかないとね。今日はP2(グリッド)で少しオイル漏れがあったって聞いているから、取り除いてもらわないと。

Q 昨日のフリー走行1回目ではバランスの問題があったとおっしゃいましたね。それはその後改善されたのですか? s2_8489.jpg

ハミルトン: うん、チームはすごくいい仕事をしてくれた。今のバランスにはすごく満足している。セッションごとに徐々にバランスを変えていって、すごく快適な状態になったんだ。昨日述べたのはもう少しタイムを伸ばせるという意味で、(セバスチャンとの差が)コンマ1だったところを見ると、いいラップだったと思う。これ以上は不可能に近いけど、あと少しだけ伸ばすことができたなら・・・このクルマでできるほぼパーフェクトなラップになっていただろうね・・・でもハッピーだよ。

Q あなたにとってのベストグリッド(ポジション)ですが、あなた方とレッドブル、そしてフェラーリの戦いになるのでしょうか?

ハミルトン: 面白くなりそうだね。セバスチャンが言ったみたいに、戦略には多少違いが出るだろう。ピットストップが増えるかもしれない。タイヤはこの気象条件でよく持っていると思うけど

ハミ:(続き)明日の天気はどうなるか分からない。まあ、おそらく僕らとレッドブルとの戦いだろう。昨日のロングランのペースでは彼らに少し分があるみたいだから、明日を見てみないとね。僕らの後ろはどこなのか知らないんだけど、フェラーリなの? もちろん、彼らもライバルの1人だし、どんなことが起きるかは分からない。

Q:マーク、2週間前と比べれば良いご気分でしょうね。173302.jpg

マーク:ああ、なかなか刺激的な予選だったと思わないかい? クルマに乗っている僕らからすると、あなた方の興奮は分からないんだけどね。僕ら全員、最後のラップはすごくタイトだった。でも確かに今日は、素直にうれしいよ。これ以上は難しかっただろう。誰もが本当にわずかな差だった。常にコンマ12秒は上下するものだし、誰がまとめ上げるかは分からない。でも、明日のグランプリはすごく楽しみにしているし、その先も期待している。

Q:プラクティス中にKERSの違いは感じましたか?

マーク:それは難しい。プラクティスではいろんな人たちが違う戦略を試しているからね。もちろん僕らのクルマは速いけど、ほとんどの場合はKERSなしでもパスできる。ほとんどのライバルとは多少の差があるから、それは道理にかなっているんだ。でも相手がフェラーリやマクラーレンといったレベルになると、よりイーブンになる。KERSはさっき少し触れたように、できる限り使いたいシステムだ。チームはそのために途方もない仕事をしてくれたよ。シーズンは長いから、できるだけ早く導入する必要があった。今は毎ラップ学んでいて、これで正しいと信じている。だからこそクルマに搭載したんだし、明日のレースで使うことによってさらに理解を深めたい。この週末、チームの大きな前進だよ。作業の条件はとてつもなく厳しい。夜間の作業禁止がどの程度効力を発揮しているかは分からないけど、中には寝不足の顔をしているクルーもいる。とにかく彼らは素晴らしい仕事をしている。

Q:セバスチャンはここまですべて順風満帆ではなかったと言っています。あなたはいかがでしたか?s4_1CAUE0I9S.jpg

マーク:予選までの組み立てはなかなか良かったよ。Q1以外はすべてコンペティティブな走りができたけど、そこだけはまるでインターを履いているような感じで、いまひとつだった。でもそれ以外の回は走るたびに安定した結果を出せた。ここまでいい週末だから、明日も期待している。

Q:ルイス、あなたのおっしゃる通り、マシンはおおむねメルボルンと仕様は同じようですね。メルボルンで持っていなかったKERSをレッドブルが使っているにもかかわらず、彼らにここまで近づけた理由をどう説明しますか?s4_1_20110411225943.jpg

ハミ:良い質問だけど、僕は答えを持っていないんだ。たぶん、前のサーキットでは中速と低速コーナーが多かったからじゃないかな。ストレートも短かったから、ここよりKERSの効果が少なかったんだろう。彼らのクルマはすごく仕上がりがいいみたいだし、低速、中速・・・高速で僕らより少し上かもしれない。確信はないけど、もしかしたら僕らのセットアップを最適化できたのかもしれない・・・前のレスではパッケージが届いたばかりで3回のフリー走行の間に何とか使えるようにした状態で時間もなかった。今回はもう少し最適化して力を引き出せたのかもね。でも言ったように多少の改良はされていて、効果も出ている。とにかく僕らにとってはすべてポジティブなことだよ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://yukiejuly21.blog14.fc2.com/tb.php/809-76b39228

このブログの成分は…

Blogramマークを『ポチッ』すれば成分がわかります☆ 結構おもしろいかも?

blogram投票ボタン

良かったら『ポチッ』してください(笑)

Twitter-フォロー大歓迎(*^_^*)


Sebastian Vettelサポートしてます★

F1 Countdown

リンク

予約しました☆

全記事表示リンク

検索フォーム

ユーザータグ

AUTOSPORTweb Sebastien-Buemi 脇坂寿一 ESP Lucas-di-Grassi RedBull Alain-Prost Giancarlo-Fisichella Mika-Hakkinen Juan-Pablo-Montoya Flavio-Briatore セブパパ Hispania-Racing N-F1 Fairuz-Fauzy :F1-Gate.com Bruno-Senna 2010F1GP ESPN-F1 GPUpdate.net F1-Gate.com 2011F1GP F1通信 Ayrton-Senna Jérôme Sauber 中島一貴 Felipe-Massa F1通信 Nicole-Scherzinger Motorsport.com Jérôme-d'Ambrosio Sebastian-Bourdais 動画 Race-of-Champions superGT Q&A Jean-Todt ToroRosso HONDA イベント Nico-Hulkenberg Force-India Hispania Adrian-Sutil oto Jaime-Alguersuari Sauber PlanetF1 Michael-Schumacher Bild 佐藤琢磨 Robert-Kubica Vitantonio-Liuzzi autosport.com 片山右京 Virgin-Racing オモシロPhoto OfficialFormula1 Fernando-Alonso Sergio-Perez RALLY-PLUS.NET 鈴木亜久里 Luca-Badoer Gerhard-Berger McLaren Ross-Brawn Felope-Massa Sebstian-Vettel Photo PressConference 可夢偉Blog BBC-SPORT F1-Life Kimi-Raikkonen TOYOTA Timo-Glock Rubens-Barrichello :2010F1GP 日本GP Lotus MERCEDES-GP 鈴鹿 Romain-Grosjean Mark-Webber Peter-Sauber Heikki-Kovalainen Ferrari Pedro-de-la-Rosa Renault Jenson-Button Christian-Horner WRC Keke-Rosberg USF1 Jarno-Trulli Vitaly-Petrov Adrian-Newey d'Ambrosio ステファン Ralf-Schumacher 山本左近 Seb'sdiary 日本GP F1トップニュース Nelson-Piquet-Jr Lewis-Hamilton 小林可夢偉 BMW 雑誌 David-Coulthard MercedesGP Narain-Karthikeyan Williams Vitaly-petrov カンポス Paul-Di-Resta Nico-Rosberg Nick-Heidfeld 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

おやぢ幸栄

Author:おやぢ幸栄
趣味であるF1ネタや、日常のことetc★ あくまでも個人的見解ですので悪しからず…


おやぢの好きな~
~ドライバー~
 ★Sebastian Vettel (キャラ含め、才能あるから注目してたら、いつの間にかLovely SEB君。。。ハマりました(笑)完全にハマってます。。。)
 ★小林 可夢偉 (今や日本のモタスポを背負って立つ男と言っても過言ではない!2010年の鈴鹿ではまぢ泣きました!可夢偉の表彰台を夢見る今日この頃)
 ★Nico Rosberug (“自分のこと男前って絶対自負してる!”と思い、初めはキライな方だったのに、2009年鈴鹿のパレードでノックダウンされた(笑))
★Kimi Raikkonen (ラリー転向で寂しい(T_T)ちなみにマクラーレン時代の走りの方が好き)
~ミュージシャン~
  ★最近プッシーキャットドールズにハマってます♪ワタクシ下手にダイエットDVD見るよか動きます(笑)
  Nicole綺麗よね~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1643位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カート・レーシング
9位
アクセスランキングを見る>>

★ありがとうございました★

          あなたは

                            人目の訪問者様です
コメントを残して頂けると嬉しいです★

ブロともになりませんか?申請フォーム